日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

検証フェーズのワークフロー

移行プロセスの検証フェーズでは、移行後のクリーンアップと移行計画どおりに実行できたかどうかの確認を行います。ソースストレージのイニシエータレコードと、ソースとデスティネーションの間のゾーンが削除されます。

次の図に、検証フェーズのワークフローを示します。

フェーズ 1 を確認します

検証フェーズのタスクを次の表に示します。

コンポーネント タスク

ホスト

お客様がアプリケーションのテストを実施

ファブリック

  1. ホストからソースストレージへのゾーンをゾーンセットから削除します。

  2. ソースストレージからデスティネーションへのゾーンを削除します。

  3. 新しいゾーンセットをバックアップします。

デスティネーションストレージ

  1. LUN のアライメントを確認します。

  2. イベントログから FLI インポートログを収集します。

  3. 手動で作成し、移行プロセス中に使用した Snapshot コピーを削除します。

  4. ソースアレイを削除します。

  5. 最終構成を文書化します。

ソースストレージ

  1. ホストストレージのイニシエータグループを削除します。

  2. デスティネーションストレージのイニシエータグループを削除します。