日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ターゲットポートとイニシエータポートのゾーニング

FLI 移行の実行時は、ソースストレージ LUN にネットアップストレージからアクセスする必要があります。そのためには、ソースストレージのターゲットポートをデスティネーションストレージのイニシエータポートとゾーニングします。

ソースストレージからホストへの既存のゾーンは変更されず、移行後は非アクティブ化されます。移行された LUN にホストがデスティネーションストレージからアクセスできるように、ホストからデスティネーションストレージへのゾーンが作成されます。

FLI を使用した標準的な移行シナリオでは、次の 4 つのゾーンが必要です。

  • ゾーン 1 :ソースストレージとデスティネーションストレージ(本番ファブリック A )

  • ゾーン 2 :ソースストレージとデスティネーションストレージ(本番ファブリック B )

  • ゾーン 3 :ホストからデスティネーションストレージ(本番ファブリック A )

  • ゾーン 4 :ホストからデスティネーションストレージ(本番ファブリック B )

ゾーニングに際しては次のベストプラクティスに従ってください。

  • ソースストレージのターゲットポートとデスティネーションストレージのターゲットポートを同じゾーンに混在させないでください。

  • デスティネーションストレージのイニシエータポートとホストポートを同じゾーンに混在させないでください。

  • デスティネーションストレージのターゲットポートとイニシエータポートを同じゾーンに混在させないでください。

  • 冗長性を確保するために、各コントローラで少なくとも 2 つのポートでゾーニングします。

  • 1 つのイニシエータと 1 つのターゲットでゾーニングすることを推奨し

注記

ソースストレージのターゲットポートをデスティネーションストレージのイニシエータポートとゾーニングすると、 storage array show コマンドを使用して、ソースストレージがデスティネーションストレージで認識されるようになります。ストレージアレイが初めて検出されたとき、ネットアップコントローラがアレイを自動的に表示しないことがあります。これを修正するには、 ONTAP イニシエータポートが接続されているスイッチポートをリセットします。