日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行ジョブの設定

FLI オフラインワークフローでは、ソース LUN とデスティネーション LUN を設定する必要があります。

手順
  1. FLI 移行では、ソース LUN を外部としてマークする必要があります。シリアル番号を使用して、ソース LUN を外部としてマークします。

    DataMig-cmode::*> storage disk set-foreign-lun { -serial-number 83017542001E }
                       -is-foreign true
    DataMig-cmode::*> storage disk set-foreign-lun { -serial-number 83017542000E }
                       -is-foreign true
    DataMig-cmode::*> storage disk set-foreign-lun { -serial-number 83017542000F }
                       -is-foreign true
  2. ソース LUN が外部としてマークされていることを確認します。

    DataMig-cmode::*> storage disk show -array-name HITACHI_DF600F_1 -fields disk, serial-number, container-type, owner,import-in-progress, is-foreign
    disk     owner is-foreign container-type import-in-progress serial-number
    -------- ----- ---------- -------------- ------------------ -------------
    HIT-1.2  -     true       foreign        false              83017542001E
    HIT-1.3  -     true       foreign        false              83017542000E
    HIT-1.4  -     true       foreign        false              83017542000F
    3 entries were displayed.
  3. デスティネーションボリュームを作成

    DataMig-cmode::*> vol create -vserver datamig winvol aggr1 -size 100g
    [Job 5606] Job succeeded: Successful
  4. 各ボリュームでデフォルトの Snapshot ポリシーを無効にします。FLI 移行の実行前にデフォルトの Snapshot コピーが存在していると、変更されたデータを格納するための追加スペースがボリュームに必要になります。

    DataMig-cmode::> volume modify -vserver datamig -volume winvol -snapshot-policy none
    
    Warning: You are changing the Snapshot policy on volume winvol to none.  Any Snapshot copies on this volume from the previous policy will not be deleted by
             this new Snapshot policy.
    Do you want to continue? {y|n}: y
    Volume modify successful on volume winvol of Vserver datamig.
  5. 各ボリュームの fraction_reserveoption を 0 に設定し ' スナップショット・ポリシーを none に設定します

    DataMig-cmode::> vol modify -vserver datamig -volume * -fractional-reserve 0 –snapshot-policy none
    Volume modify successful on volume winvol of Vserver datamig.
  6. ボリュームの設定を確認します。

    DataMig-cmode::> vol show -vserver datamig -volume * -fields fractional-reserve,snapshot-policy
    vservervolumesnapshot-policyfractional-reserve
    -----------------------------------------------
    datamig datamig_rootnone0%
    datamigwinvolnone0%
    Volume modify successful on volume winvol of Vserver datamig.
  7. 既存の Snapshot コピーを削除します。

    DataMig-cmode::> set advanced; snap delete –vserver datamig –vol winvol –snapshot * -force true
    1 entry was acted on.
    注記

    FLI 移行では、ターゲット LUN のすべてのブロックが変更されます。FLI 移行前に、ボリュームにデフォルトまたはその他の Snapshot コピーが存在すると、ボリュームがいっぱいになります。FLI 移行前に、ポリシーを変更して既存の Snapshot コピーを削除する必要があります。Snapshot ポリシーは移行後に再度設定できます。

    注記

    lun create コマンドは、パーティションオフセットに基づいてサイズとアライメントを検出し、 foreign-disk オプションに従って LUN を作成します。詳細については、ネットアップの技術情報アーティクル「 What is an unaligned I/O ? * also note that some I/O will always appear be partial writes and will look misaligne.この例としては、データベースログがあります。

  8. 外部 LUN を使用してデスティネーション LUN を作成します。

    DataMig-cmode::*> lun create -vserver datamig -path /vol/winvol/bootlun -ostype windows_2008 -foreign-disk 83017542001E
    
    Created a LUN of size 40g (42949672960)
    
    Created a LUN of size 20g (21474836480)
    DataMig-cmode::*> lun create -vserver datamig -path /vol/linuxvol/lvmlun1 -ostype linux -foreign-disk 830175420011
    
    Created a LUN of size 2g (2147483648)
    DataMig-cmode::*> lun create -vserver datamig -path /vol/esxvol/bootlun -ostype vmware -foreign-disk 830175420014
    
    Created a LUN of size 20g (21474836480)
  9. デスティネーション LUN を一覧表示し、ソース LUN と比較して LUN のサイズを確認します。

    DataMig-cmode::*> lun show -vserver datamig
    Vserver   Path                            State   Mapped   Type        Size
    --------- ------------------------------- ------- -------- -------- --------
    datamig   /vol/esxvol/bootlun             online  unmapped vmware       20GB
    datamig   /vol/esxvol/linuxrdmvlun        online  unmapped linux         2GB
    datamig   /vol/esxvol/solrdmplun          online  unmapped solaris       2GB
    datamig   /vol/winvol/gdrive              online  unmapped windows_2008  3GB
    4 entries were displayed.
    
    DataMig-cmode::*>
    注記

    FLI オフライン移行の場合、 LUN インポート関係を作成する前に、 LUN を igroup にマッピングしてからオフラインにする必要があります。

  10. プロトコル FCP のホスト igroup を作成し、イニシエータを追加します。イニシエータの WWPN は、 Site Survey and Planning ワークシートのストレージグループのセクションで確認します。

    DataMig-cmode::*> lun igroup create -ostype windows -protocol fcp -vserver datamig -igroup dm-rx200s6-21 -initiator 21:00:00:24:ff:30:14:c4,21:00:00:24:ff:30:14:c5
    
    DataMig-cmode::*> lun igroup create -ostype linux -protocol fcp -vserver datamig  -igroup dm-rx200s6-22 -initiator 21:00:00:24:ff:30:04:85,21:00:00:24:ff:30:04:84
    
    DataMig-cmode::*> lun igroup create -ostype vmware -protocol fcp -vserver datamig -igroup dm-rx200s6-20 -initiator 21:00:00:24:ff:30:03:ea,21:00:00:24:ff:30:03:eb
    注記

    ソースと同じ LUN ID を使用します。Site Survey and Planning ワークシートのソース LUN のセクションを参照してください。

  11. デスティネーション LUN を igroup にマッピングします。

    DataMig-cmode::*> lun map -vserver datamig -path /vol/winvol/bootlun -igroup dm-rx200s6-21 -lun-id 0
    DataMig-cmode::*> lun map -vserver datamig -path /vol/linuxvol/bootlun -igroup dm-rx200s6-22 -lun-id 0
    DataMig-cmode::*> lun map -vserver datamig -path /vol/esxvol/bootlun -igroup dm-rx200s6-20 -lun-id 0
  12. デスティネーション LUN をオフラインにします。

    DataMig-cmode::*> lun offline -vserver datamig -path /vol/esxvol/bootlun
    DataMig-cmode::*> lun offline -vserver datamig -path /vol/esxvol/linuxrdmvlun
    DataMig-cmode::*> lun offline -vserver datamig -path /vol/esxvol/solrdmplun
  13. デスティネーション LUN とソース LUN のインポート関係を作成します。

    DataMig-cmode::*> lun import create -vserver datamig -path /vol/winvol/bootlun -foreign-disk 83017542001E
    DataMig-cmode::*> lun import create -vserver datamig -path /vol/linuxvol/ext3lun -foreign-disk 830175420013
    DataMig-cmode::*> lun import create -vserver datamig -path /vol/esxvol/linuxrdmvlun -foreign-disk 830175420018
    DataMig-cmode::*> lun import create -vserver datamig -path /vol/esxvol/solrdmplun -foreign-disk 830175420019
  14. インポートジョブの作成を確認します。

    DataMig-cmode::*> lun import show -vserver datamig
    vserver foreign-disk   path                operation admin operational percent
                                             in progress state state       complete
    -------------------------------------------------------------------------------
    datamig 83017542000E   /vol/winvol/fdrive  import    stopped
                                                               stopped            0
    datamig 83017542000F   /vol/winvol/gdrive  import    stopped
                                                               stopped            0
    datamig 830175420010   /vol/linuxvol/bootlun
                                               import    stopped
                                                               stopped            0
    3 entries were displayed.