日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スイッチゾーンを設定しています

ソースストレージをデスティネーションストレージに接続するために、 SAN スイッチに必要なゾーンを作成する必要があります。

手順
  1. 本番ファブリックと移行ファブリックの各スイッチ上にある既存のゾーンセットをバックアップします。

  2. ソースストレージとデスティネーションストレージを次のようにゾーニングします。

    ソースストレージとデスティネーションストレージのゾーニング
  3. ゾーンを作成し、本番ファブリック A のゾーンセットに追加します

    次の例は、本番環境の本番ファブリック A のゾーン ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabA を示したものです。

    WWPN ゾーンメンバー
    50:06:0e:80:10:46:b9:60
    AMS2100 Ctrl 0 Port 0a
    50:06:0e:80:10:46:b9:68
    AMS2100 Ctrl 1 Port 1a
    50:0a:09:80:00:d3:51:59
    ONTAP Node 1 Port 0a
    50:0a:09:80:00:e7:81:04
    ONTAP Node 2 Port 0a
  4. ファブリック A でゾーンセットをアクティブにします

  5. ゾーンを作成し、本番ファブリック B のゾーンセットに追加します

    次の例は、本番環境の本番ファブリック A のゾーン ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabB を示したものです。

    WWPN ゾーンメンバー
    50:06:0e:80:10:46:b9:64
    AMS2100 Ctrl 0 Port 0e
    50:06:0e:80:10:46:b9:6c
    AMS2100 Ctrl 1 Port 1e
    50:0a:09:80:00:d3:51:59
    ONTAP Node 1 Port 0b
    50:0a:09:80:00:e7:81:04
    ONTAP Node 2 Port 0b
  6. 本番ファブリック B でゾーンセットをアクティブにします