日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FLI オンライン: LUN パスの準備をしています

FLI オンライン移行の準備として、ホストとソース LUN のパスおよびその他の詳細を確認します。

手順
  1. ONTAP で、権限レベルを「 advanced 」に変更します。

    cluster::> set adv
    
    Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when directed to do so by NetApp personnel.
    Do you want to continue? {y|n}: y
  2. ソースアレイがデスティネーションコントローラで認識されることを確認します。

            cluster::*> storage array show
    Prefix                         Name   Vendor            Model Options
    -------- ---------------------------- -------- ---------------- ----------
    DGC-1                      DGC_LUNZ_1      DGC             LUNZ
    1 entries were displayed.
  3. ソース LUN の詳細を表示します。

    cluster::*> storage array config show -array-name DGC_LUNZ_1 -instance
    
               Controller Name: ontaptme-fc-cluster-01
                     LUN Group: 0
            Array Target Ports: 500601643ea067da
                     Initiator: 0c
                    Array Name: DGC_LUNZ_1
       Target Side Switch Port: stme-5010-3:2-1
    Initiator Side Switch Port: stme-5010-3:2-3
          Number of array LUNs: 1
    
               Controller Name: ontaptme-fc-cluster-01
                     LUN Group: 0
            Array Target Ports: 500601653ea067da
                     Initiator: 0d
                    Array Name: DGC_LUNZ_1
       Target Side Switch Port: stme-5010-4:2-1
    Initiator Side Switch Port: stme-5010-4:2-3
          Number of array LUNs: 1
    ~~~~~~~~~~~ output truncated for readability ~~~~~~~~~~~~~~~~~
    8 entries were displayed.
  4. ソースアレイがすべてのイニシエータポートで検出されていることを確認します。

    cluster::*> storage array config show -array-name DGC_LUNZ_1
                 LUN   LUN
    Node         Group Count                   Array Name       Array Target Port Initiator
    ------------ ----- ----- ---------------------------- ----------------------- ---------
    ontaptme-fc-cluster-01
                     0     1                   DGC_LUNZ_1        500601643ea067da        0c
                                                                 500601653ea067da        0d
                                                                 5006016c3ea067da        0c
                                                                 5006016d3ea067da        0d
    ontaptme-fc-cluster-02
                     0     1                   DGC_LUNZ_1        500601643ea067da        0c
                                                                 500601653ea067da        0d
                                                                 5006016c3ea067da        0c
                                                                 5006016d3ea067da        0d
    8 entries were displayed.
    注記

    次の出力のワードラップには意味はありません。

  5. ソースストレージからマッピングされている LUN を表示します。ディスクのプロパティとパスを確認します。

    cluster::*> storage disk show -array-name DGC_LUNZ_1 -instance
                      Disk: DGC-1.9
            Container Type: unassigned
                Owner/Home: -  / -
                   DR Home: -
        Stack ID/Shelf/Bay: -  / -  / -
                       LUN: 0
                     Array: DGC_LUNZ_1
                    Vendor: DGC
                     Model: VRAID
             Serial Number: 600601603F103100662E70861000E511
                       UID: 60060160:3F103100:662E7086:1000E511:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000
                       BPS: 512
             Physical Size: -
                  Position: present
    Checksum Compatibility: block
                 Aggregate: -
                      Plex: -
    Paths:
                                   LUN  Initiator Side        Target Side                                                        Link
    Controller         Initiator     ID  Switch Port           Switch Port           Acc Use  Target Port                TPGN    Speed      I/O KB/s          IOPS
    ------------------ ---------  -----  --------------------  --------------------  --- ---  -----------------------  ------  -------  ------------  ------------
    ontaptme-fc-cluster-02
                       0c             0  stme-5010-3:2-4       stme-5010-3:2-2       AO  INU  5006016c3ea067da              2   4 Gb/S             0             0
    ontaptme-fc-cluster-02
                       0d             0  stme-5010-4:2-4       stme-5010-4:2-2       AO  INU  5006016d3ea067da              2   4 Gb/S             0             0
    ontaptme-fc-cluster-02
                       0d             0  stme-5010-4:2-4       stme-5010-4:2-1       ANO RDY  500601653ea067da              1   4 Gb/S             0             0
    
    Errors:
    -
  6. ソース LUN を表示します。

    cluster::*> storage disk show -array-name DGC_LUNZ_1
                         Usable           Disk    Container   Container
    Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    DGC-1.9                   -     -   - LUN     unassigned  -         -
  7. ソース LUN を外部としてマークします。

    cluster::*> storage disk set-foreign-lun -is-foreign true -disk DGC-1.9
  8. ソース LUN が外部としてマークされていることを確認します。

    cluster::*> storage disk show -array-name DGC_LUNZ_1
                         Usable           Disk    Container   Container
    Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    DGC-1.9
  9. FLI の lun import コマンドではシリアル番号を使用します。すべての外部 LUN とそのシリアル番号を表示します。

    cluster::*> storage disk show -container-type foreign -fields serial-number
    disk    serial-number
    ------- --------------------------------
    DGC-1.9 600601603F103100662E70861000E511
  10. デスティネーションボリュームを作成

    cluster::*> vol create -vserver fli -volume fli_vol -aggregate aggr1 -size 2t
    [Job 13888] Job succeeded: Successful
  11. ボリュームを確認します。

    cluster::*> vol show -vserver fli
    Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
    --------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
    fli       fli_root     aggr1        online     RW          1GB    972.6MB    5%
    fli       fli_vol      aggr1        online     RW          2TB     1.90TB    5%
    2 entries were displayed.
  12. 各ボリュームの fraction_reserveoption を 0 に設定し ' スナップショット・ポリシーを none に設定します

    DataMig-cmode::> vol modify -vserver datamig -volume * -fractional-reserve 0 –snapshot-policy none
    Volume modify successful on volume winvol of Vserver datamig.
  13. ボリュームの設定を確認します。

    DataMig-cmode::> vol show -vserver datamig -volume * -fields fractional-reserve,snapshot-policy
    vservervolumesnapshot-policyfractional-reserve
    -----------------------------------------------
    datamigdatamig_rootnone0%
    datamigwinvolnone0%
    Volume modify successful on volume winvol of Vserver datamig.
  14. 既存の Snapshot コピーを削除します。

    DataMig-cmode::> set advanced; snap delete –vserver datamig –vol winvol –snapshot * -force true
    1 entry was acted on.
    注記

    FLI 移行では、ターゲット LUN のすべてのブロックが変更されます。FLI 移行前に、ボリュームにデフォルトまたはその他の Snapshot コピーが存在すると、ボリュームがいっぱいになります。FLI 移行前に、ポリシーを変更して既存の Snapshot コピーを削除する必要があります。Snapshot ポリシーは移行後に再度設定できます。

    注記

    lun create コマンドは、パーティションオフセットに基づいてサイズとアライメントを検出し、 foreign-disk オプションに従って LUN を作成します。I/O のミスアライメントの詳細については、ネットアップの技術情報アーティクル「 What is an unaligned I/O * ?」を参照してください。また、一部の I/O は常に部分的な書き込みとなるため、ミスアライメントとしてレポートされることに注意してください。この例としては、データベースログがあります。

  15. ターゲット LUN を作成します。lun create コマンドは ' パーティション・オフセットに基づいてサイズとアライメントを検出し 'foreign-disk 引数を使用して対応する LUN を作成します

    cluster::*> lun create -vserver fli -path /vol/fli_vol/OnlineFLI_LUN -ostype windows_2008 -foreign-disk 600601603F103100662E70861000E511
    
    Created a LUN of size 1t (1099511627776)
  16. 新しい LUN を検証します。

    cluster::*> lun show -vserver fli
    Vserver   Path                            State   Mapped   Type        Size
    --------- ------------------------------- ------- -------- -------- --------
    fli       /vol/fli_vol/OnlineFLI_LUN      online  unmapped windows_2008  1TB
  17. プロトコル FCP の igroup を作成し、ホストイニシエータを追加します。

    cluster::*> igroup create -vserver fli -igroup FLI -protocol fcp -ostype windows -initiator 10:00:00:00:c9:e6:e2:79
  18. ホストが新しい igroup へのすべてのパスにログインしていることを確認します。

    cluster::*> igroup show –vserver fli –igroup FLI
       Vserver name: fli
        Igroup name: FLI
           Protocol: fcp
         OS Type: Windows
    Portset Binding Igroup: -
       Igroup UUID: 5c664f48-0017-11e5-877f-00a0981cc318
              ALUA: true
        Initiators: 10:00:00:00:c9:e6:e2:77 (logged in)
    10:00:00:00:c9:e6:e2:79 (logged in)
  19. デスティネーション LUN をオフラインにします。

    cluster::*> lun offline -vserver fli -path /vol/fli_vol/OnlineFLI_LUN
    
    Warning: This command will take LUN "/vol/fli_vol/OnlineFLI_LUN" in Vserver "fli" offline.
    Do you want to continue? {y|n}: y
  20. デスティネーション LUN を igroup にマッピングします。

    cluster::*> lun map -vserver fli -path /vol/fli_vol/OnlineFLI_LUN -igroup FLI
  21. 新しい LUN と外部 LUN のインポート関係を作成します。

    cluster::*> lun import create -vserver fli -path /vol/fli_vol/OnlineFLI_LUN -foreign-disk 600601603F103100662E70861000E511