日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP からソースアレイを削除しています

FLI 移行の完了後にデスティネーションアレイからソースアレイを削除する手順を次に示します。

手順
  1. 認識可能なすべてのソースアレイを表示します。

    DataMig-cmode::> storage array show
    Prefix Name Vendor Model  Options
    ---- ---- ---- ---- ----- -------
    HIT-1 HITACHI_DF600F_1 HITACHI DF600F
  2. ソースストレージアレイを削除します。

    DataMig-cmode::> storage array remove -name HITACHI_DF600F_1