日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソースアレイとデスティネーションアレイのゾーニングを解除します

移行と検証がすべて完了したら、ソースアレイとデスティネーションアレイのゾーニングを解除できます。

ソースアレイとデスティネーションアレイのゾーニングを解除するには、ソースストレージからデスティネーションへのゾーンを両方のファブリックから削除します。

Brocade ファブリックの例

手順
  1. ファブリック A のゾーンセットからゾーンを削除します

    cfgDelete "PROD_LEFT", "ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabA"
    zoneDelete "ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabA"
  2. ファブリック A でゾーンセットをアクティブにします

    cfgEnable "PROD_LEFT"
    cfgSave
  3. ファブリック B のゾーンセットからゾーンを削除します

    cfgDelete "PROD_RIGHT", "ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabB"
    zoneDelete "ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabA"
  4. ファブリック B でゾーンセットをアクティブにします

    cfgEnable "PROD_RIGHT"
    cfgSave

Cisco ファブリックの例

手順
  1. ファブリック A のゾーンセットからゾーンを削除します

    conf t
    zoneset name PROD_LEFT vsan 10
    no member ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabA
    no zone name ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabA vsan 10
    exit
  2. ファブリック A でゾーンセットをアクティブにします

    zoneset activate name PROD_LEFT vsan 10
    end
    copy running-config startup-config
  3. ファブリック B のゾーンセットからゾーンを削除します

    conf t
    zoneset name PROD_RIGHT vsan 10
    no member ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabB
    no zone name ZONE_AMS2100_cDOT_Initiator_fabB vsan 10
    exit
  4. ファブリック B でゾーンセットをアクティブにします

    zoneset activate name PROD_RIGHT vsan 10
    end
    Copy running-config startup-config