日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オフライン FLI のためのデスティネーションストレージのソース LUN の確認

オフライン Foreign LUN Import プロセスの一環として、デスティネーションストレージのソース LUN を確認する必要があります。

手順
  1. ソース LUN と、ソースストレージからデスティネーションストレージへのマッピングを確認します。

  2. admin ユーザを使用して SSH 経由で ONTAP ストレージにログインします。

  3. モードを advanced に変更します。「 set -privilege advanced 」

  4. 続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「 y 」と入力します。

  5. ONTAP でソースアレイを検出します。数分待ってから、ソースアレイの検出を再試行します。「 storage array show 」をクリックします

    DataMig-cmode::*> storage array show
    Prefix                         Name   Vendor            Model Options
    -------- ---------------------------- -------- ---------------- ----------
    HIT-1                HITACHI_DF600F_1  HITACHI           DF600F
    注記

    ストレージアレイが初めて検出されたとき、 ONTAP の自動検出でアレイが表示されないことがあります。次の手順に従って、 ONTAP イニシエータポートが接続されているスイッチポートをリセットします。

  6. ソースアレイがすべてのイニシエータポートで検出されていることを確認します。

    DataMig-cmode::*> storage array config show -array-name HITACHI_DF600F_1
                 LUN   LUN
    Node         Group Count     Array Name       Array Target Port Initiator
    ------------ ----- ----- ---------------------------- -----------------------
    DataMig-cmode-01 0     1    HITACHI_DF600F_1     50060e801046b960        0a
                                                     50060e801046b964        0b
                                                     50060e801046b968        0a
                                                     50060e801046b96c        0b
    DataMig-cmode-02 0     1    HITACHI_DF600F_1     50060e801046b960        0a
                                                     50060e801046b964        0b
                                                     50060e801046b968        0a
                                                     50060e801046b96c        0b
  7. Hitachi ストレージからマッピングされているソース LUN を表示します。ディスクのプロパティとパスを確認します。

    ケーブル配線に基づいて想定される数のパス(ソースコントローラごとに少なくとも 2 つのパス)が表示されることを確認する必要があります。また、アレイ LUN のマスキング後にイベントログを確認する必要があります。

    DataMig-cmode::*> storage disk show -array-name HITACHI_DF600F_1 -fields disk, serial-number, container-type, owner, path-lun-in-use-count, import-in-progress, is-foreign
    disk     owner is-foreign container-type import-in-progress path-lun-in-use-count serial-number
    -------- ----- ---------- -------------- ------------------ --------------------- -------------
    HIT-1.2  -     false      unassigned     false        0,0,0,0,0,0,0,0       83017542001E
    HIT-1.3  -     false      unassigned     false        0,0,0,0,0,0,0,0       83017542000E
    HIT-1.14 -     false      unassigned     false        0,0,0,0,0,0,0,0       830175420019
    3 entries were displayed.
    
    DataMig-cmode::*>