日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲートの修復とミラーのリストア( MetroCluster FC 構成)

寄稿者 netapp-thomi netapp-pcarriga このページの PDF をダウンロード

ハードウェアを交換してディスクを割り当てたら、 MetroCluster 修復処理を実行できます。その後、アグリゲートがミラーされたことを確認し、必要に応じてミラーリングを再開します。

手順
  1. ディザスタサイトで 2 つの修復フェーズ(アグリゲートの修復とルートの修復)を実行します。

    cluster_B::> metrocluster heal -phase aggregates
    
    cluster_B::> metrocluster heal -phase root aggregates
  2. 修復を監視し、アグリゲートが resyncing または mirrored のいずれかの状態であることを確認します。

    「 storage aggregate show -node local 」と入力します

    アグリゲートの状態

    作業

    再同期中です

    対処は不要です。アグリゲートの再同期が完了するのを待ちます。

    ミラーデグレード

    に進みます 手順 3

    ミラー、正常

    対処は不要です。

    不明、オフラインです

    ディザスタサイトのすべてのディスクを交換した場合は、ルートアグリゲートがこの状態になります。

    cluster_B::> storage aggregate show -node local
    
     Aggregate     Size Available Used% State   #Vols  Nodes      RAID Status
     --------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------- ------------
     node_B_1_aggr1
                227.1GB   11.00GB   95% online       1 node_B_1   raid_dp,
                                                                  resyncing
     NodeA_1_aggr2
                430.3GB   28.02GB   93% online       2 node_B_1   raid_dp,
                                                                  mirror
                                                                  degraded
     node_B_1_aggr3
                812.8GB   85.37GB   89% online       5 node_B_1   raid_dp,
                                                                  mirrored,
                                                                  normal
     3 entries were displayed.
    
    cluster_B::>

    次の例では、 3 つのアグリゲートがそれぞれ異なる状態にあります。

    ノード

    状態

    node_B_1 アグリゲート

    再同期中です

    node_B_1 の aggr2

    ミラーデグレード

    node_B_1 の aggr3 になります

    ミラー、正常

  3. 1 つ以上のプレックスがオフラインのままの場合は、ミラーを再構築するための追加の手順が必要です。

    上の表の node_B_1_aggr2 は、ミラーを再構築する必要があります。

    1. アグリゲートの詳細を表示して障害プレックスを特定します。

      「 storage aggregate show -r -aggregate node_B_1_aggr2 」という名前のアグリゲートがあります

      次の例では、プレックス /node_B_1_aggr2/plex0 で障害が発生しています。

    cluster_B::> storage aggregate show -r -aggregate node_B_1_aggr2
    
     Owner Node: node_B_1
      Aggregate: node_B_1_aggr2 (online, raid_dp, mirror degraded) (block checksums)
       Plex: /node_B_1_aggr2/plex0 (offline, failed, inactive, pool0)
        RAID Group /node_B_1_aggr2/plex0/rg0 (partial)
                                                                   Usable Physical
          Position Disk                     Pool Type     RPM     Size     Size Status
          -------- ------------------------ ---- ----- ------ -------- -------- ----------
    
       Plex: /node_B_1_aggr2/plex1 (online, normal, active, pool1)
        RAID Group /node_B_1_aggr2/plex1/rg0 (normal, block checksums)
                                                                   Usable Physical
          Position Disk                     Pool Type     RPM     Size     Size Status
          -------- ------------------------ ---- ----- ------ -------- -------- ----------
          dparity  1.44.8                    1   SAS    15000  265.6GB  273.5GB (normal)
          parity   1.41.11                   1   SAS    15000  265.6GB  273.5GB (normal)
          data     1.42.8                    1   SAS    15000  265.6GB  273.5GB (normal)
          data     1.43.11                   1   SAS    15000  265.6GB  273.5GB (normal)
          data     1.44.9                    1   SAS    15000  265.6GB  273.5GB (normal)
          data     1.43.18                   1   SAS    15000  265.6GB  273.5GB (normal)
     6 entries were displayed.
    
     cluster_B::>
    1. 障害が発生したプレックスを削除します。

      「 storage aggregate plex delete -aggregate aggregate-name -plex plex 」と入力します

    2. ミラーを再確立します。

      「 storage aggregate mirror -aggregate aggregate-name 」のように指定します

    3. すべてのミラーが再確立され、すべてのアグリゲートが mirrored 、 normal ステータスになるまで、プレックスの再同期とミラーリングのステータスを監視します。

      「 storage aggregate show