日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

災害後の強制スイッチオーバーの実行

寄稿者 netapp-martyh netapp-thomi NetAppZacharyWambold ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

災害が発生した場合にデータサービスを安全に継続できるようにするには、スイッチオーバー後にディザスタクラスタとサバイバークラスタの両方でいくつかの手順を実行する必要があります。

災害が発生したかどうかを次の方法で確認します。

  • 管理者

  • MetroCluster Tiebreaker ソフトウェア(設定されている場合)

  • ONTAP メディエーターソフトウェアが設定されている場合は

ディザスタサイトのフェンシング

災害後にディザスタサイトノードの交換が必要となった場合は、サイトがサービスを再開しないようにノードを停止する必要があります。そうしないと、交換用手順が完了する前にクライアントがノードへのアクセスを開始した場合に、データが破損するおそれがあります。

ステップ
  1. ディザスタサイトでノードを停止して電源をオフのままにするか、 ONTAP をブートするように指示されるまで LOADER プロンプトで待機します。

    「 system node halt -node disaster -site -node-name 」のように入力します

    ディザスタサイトノードが破損したか停止できない場合は、ノードへの電源をオフにし、リカバリ用手順で指示が出るまで交換用ノードをブートしないでください。

強制スイッチオーバーの実行

スイッチオーバープロセスによって、テスト時とメンテナンス時のノンストップオペレーションが実現するだけでなく、コマンド 1 つでサイト障害からリカバリできます。

作業を開始する前に
  • スイッチオーバーを実行する前に、サバイバーサイトの少なくとも 1 つのノードが稼働している必要があります。

  • スイッチバック処理を実行する前に、設定の変更がすべて完了している必要があります。

    これにより、ネゴシエートスイッチオーバーまたはスイッチバックの処理との競合が回避されます。

SnapMirror と SnapVault の設定は自動的に削除されます。

「 MetroCluster switchover 」コマンドは、 MetroCluster 構成のすべての DR グループのノードを切り替えます。たとえば、 8 ノードの MetroCluster 構成では、両方の DR グループでノードがスイッチオーバーされます。

手順
  1. スイッチオーバーを実装します。

    MetroCluster switchover -forced-on-disaster true

    処理が完了するまでに数分かかることがあります。

  2. スイッチオーバーを続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、回答は y を押します。

  3. MetroCluster operation show コマンドを実行して、スイッチオーバーが正常に完了したことを確認します。

    mcc1A::> metrocluster operation show
      Operation: switchover
     Start time: 10/4/2012 19:04:13
          State: in-progress
       End time: -
         Errors:
    
    mcc1A::> metrocluster operation show
      Operation: switchover
     Start time: 10/4/2012 19:04:13
          State: successful
       End time: 10/4/2012 19:04:22
         Errors: -

    スイッチオーバーが拒否された場合は '--override-override-vetoes オプションを指定して MetroCluster switchover -forced-on-disaster true コマンドを再実行できますこのオプションパラメータを使用すると、スイッチオーバーを妨げるソフトな拒否はすべて無視されます。

スイッチオーバー後に、 SnapMirror 関係を再確立する必要があります。

MetroCluster スイッチオーバー後に storage aggregate plex show コマンドの出力が確定しない

MetroCluster のスイッチオーバー後に「 storage aggregate plex show 」コマンドを実行すると、スイッチオーバーされたルートアグリゲートの plex0 のステータスが確定していないため、失敗と表示されます。この間、スイッチオーバーされたルートは更新されません。このプレックスの実際のステータスは、 MetroCluster 修復フェーズ後に確定します。

スイッチオーバー後に NVFAIL 状態のボリュームにアクセスする場合

スイッチオーバー後に 'volume modify コマンドの -in-nvfailed-state パラメータをリセットし ' クライアントがデータにアクセスする制限を解除することにより 'NVFAIL 状態をクリアする必要があります

データベースまたはファイルシステムが実行されていない、または影響を受けたボリュームにアクセスしようとしていないことが必要です。

in-nvfailed-state パラメータを設定するには、 advanced 権限が必要です。

ステップ
  1. -in-nvfailed-state パラメータを false に設定して volume modify コマンドを実行し ' ボリュームをリカバリします

データベースファイルの有効性を調べる方法については、ご使用のデータベースソフトウェアのマニュアルを参照してください。

データベースで LUN が使用されている場合は、 NVRAM 障害後にホストから LUN にアクセスできるようにする手順を確認してください。