日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディザスタサイトの機器の電源投入

寄稿者 netapp-thomi netapp-pcarriga このページの PDF をダウンロード

スイッチバックの準備が整ったら、ディザスタサイトで MetroCluster コンポーネントの電源をオンにする必要があります。また、直接接続型の MetroCluster 構成で SAS ストレージ接続のケーブル接続をやり直し、ファブリック接続型の MetroCluster 構成でスイッチ間以外のリンクポートを有効にする必要があります。

MetroCluster コンポーネントを交換し、交換前とまったく同じ状態にケーブル接続しておく必要があります。

この手順の例では、次のことを想定しています。

  • サイト A はディザスタサイト

    • FC_switch_A_1 は交換済み

    • FC_switch_A_2 は交換済み

  • サイト B はサバイバーサイトです。

    • FC_switch_B_1 は正常

    • FC_switch_B_2 は正常

FC スイッチは、ファブリック接続 MetroCluster 構成にのみ存在します。

手順
  1. SAS ケーブルを使用する( FC スイッチファブリックや FC-to-SAS ブリッジは使用しない)ストレッチ MetroCluster 構成で、両方のサイトのすべてのストレージ(リモートストレージを含む)を接続します。

    ディザスタサイトのコントローラで、電源をオフのままにするか、 LOADER プロンプトを表示する必要があります。

  2. サバイバーサイトで、ディスクの自動割り当てを無効にします。

    「 storage disk option modify -autoassign off * 」を参照してください

    cluster_B::> storage disk option modify -autoassign off *
    2 entries were modified.
  3. サバイバーサイトで、ディスクの自動割り当てが無効になっていることを確認します。

    「 storage disk option show 」をクリックします

    cluster_B::> storage disk option show
    Node     BKg. FW. Upd.  Auto Copy   Auto Assign  Auto Assign Policy
    --------  -------------  -----------  -----------  ------------------
    node_B_1       on            on          off             default
    node_B_2       on            on          off             default
    2 entries were displayed.
    
     cluster_B::>
  4. ディザスタサイトのディスクシェルフの電源をオンにし、すべてのディスクが実行されていることを確認します。

  5. ブリッジ接続型またはファブリック接続型の MetroCluster 構成で、ディザスタサイトのすべての FC-to-SAS ブリッジの電源をオンにします。

  6. 交換したディスクがある場合は、コントローラの電源をオフのままにするか、 LOADER プロンプトを表示します。

  7. ファブリック接続 MetroCluster 構成で、 FC スイッチの非 ISL ポートを有効にします。

    スイッチベンダー

    ポートを有効化する手順

    Brocade

    1. FC-to-SAS ブリッジに接続されているポートを永続的に有効にします :portpersistentenable port-number

      次の例では、ポート 6 とポート 7 を有効にします。

      FC_switch_A_1:admin> portpersistentenable 6
      FC_switch_A_1:admin> portpersistentenable 7
      
      FC_switch_A_1:admin>
    2. HBA および FC-VI アダプタに接続されているポート portpersistentenable port-number を永続的に有効にします

      次の例では、ポート 6 とポート 7 を有効にします。

      FC_switch_A_1:admin> portpersistentenable 1
      FC_switch_A_1:admin> portpersistentenable 2
      FC_switch_A_1:admin> portpersistentenable 4
      FC_switch_A_1:admin> portpersistentenable 5
      FC_switch_A_1:admin>
      注記 AFF A700 システムと FAS9000 システムでは、 switchcfgpersistentenable コマンドを使用して、 4 つの FC-VI ポートをすべて永続的に有効にする必要があります。
    3. サバイバーサイトの 2 つ目の FC スイッチに対して手順 a と b を繰り返します。

    シスコ

    1. インターフェイスの構成モードを開始し、 no shut コマンドを使用してポートを有効化します。

      次の例では、ポート fc1/36 が無効化されます。

      FC_switch_A_1# conf t
      FC_switch_A_1(config)# interface fc1/36
      FC_switch_A_1(config)# no shut
      FC_switch_A_1(config-if)# end
      FC_switch_A_1# copy running-config startup-config
    2. スイッチポートが有効になっていることを確認します。「 show interface brief 」

    3. FC-to-SAS ブリッジ、 HBA 、および FC-VI アダプタに接続されている他のポートに対して手順 a と b を繰り返します。

    4. サバイバーサイトの 2 つ目の FC スイッチに対して手順 a 、 b 、 c を繰り返します。