日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.10.1 以降を実行する MetroCluster 構成での AFF A900 コントローラのシスコポートの使用

次の表に、 1 つの DR グループに 8 つの AFF A900 コントローラモジュールを配置した場合の、サポートされる最大構成を示します。

注記
  • 次の表は、 FC-VI ポートが 8 つあるシステムを示しています。AFF A900 には、 FC-VI ポートが 8 個( FC-VI 1 および FC-VI 2 には a 、 b 、 c 、 d )あります。

  • MetroCluster 2 または DR 2 は、 9132T スイッチではサポートされません。

両方の FC ポート( FC1 または FC2 )を使用する FibreBridge 7500N または 7600N を使用する構成

MetroCluster 1 または DR グループ 1

コンポーネント

ポート

Cisco スイッチのモデル

接続先 FC スイッチ

9132T ( LEM x 1 )

9132T ( LEM x 2 )

controller_x_1

FC-VI 1 ポート a

1.

LEM1-1.

LEM1-1.

FC-VI 1 ポート b

2.

LEM1-1.

LEM1-1.

FC-VI-1 ポート c

1.

LEM1-2

LEM1-2

FC-VI 1 ポート d

2.

LEM1-2

LEM1-2

FC-VI-2 ポート A

1.

LEM1-3

LEM1-3

FC-VI-2 ポート b

2.

LEM1-3

LEM1-3

FC-VI-2 ポート c

1.

LEM1-4.

LEM1-4.

FC-VI-2 ポート d

2.

LEM1-4.

LEM1-4.

HBA ポート A

1.

LEM1-5.

LEM1-5.

HBA ポート b

2.

LEM1-5.

LEM1-5.

HBA ポート c

1.

LEM1-6.

LEM1-6.

HBA ポート d

2.

LEM1-6.

LEM1-6.

controller_x_2

FC-VI 1 ポート a

1.

LEM1-7.

LEM1-7.

FC-VI 1 ポート b

2.

LEM1-7.

LEM1-7.

FC-VI-1 ポート c

1.

LEM1-8

LEM1-8

FC-VI 1 ポート d

2.

LEM1-8

LEM1-8

FC-VI-2 ポート A

1.

LEM1-9

LEM1-9

FC-VI-2 ポート b

2.

LEM1-9

LEM1-9

FC-VI-2 ポート c

1.

LEM1-10

LEM1-10

FC-VI-2 ポート d

2.

LEM1-10

LEM1-10

HBA ポート A

1.

LEM1-11

LEM1-11

HBA ポート b

2.

LEM1-11

LEM1-11

HBA ポート c

1.

LEM1-12

LEM1-12

HBA ポート d

2.

LEM1-12

LEM1-12

スタック 1

bridge_x_1a

fc1

1.

LEM1-13

LEM1-13

FC2

2.

LEM1-13

LEM1-13

bridge_x_1b

fc1

1.

LEM1-14

LEM1-14

FC2

2.

LEM1-14

LEM1-14

スタック 2

bridge_x_2a

fc1

1.

-

LEM1-15

FC2

2.

-

LEM1-15

bridge_x_2b

fc1

1.

-

LEM1-16

FC2

2.

-

LEM1-16

スタック 3

bridge_x_3a

fc1

1.

-

LEM2-1

FC2

2.

-

LEM2-1

bridge_x_3b

fc1

1.

-

LEM2-2

FC2

2.

-

LEM2-2

スタック y

bridge_x_ya

fc1

1.

-

LEM2-3

FC2

2.

-

LEM2-3

bridge_x_YB

fc1

1.

-

LEM2-4

FC2

2.

-

LEM2-4

注記
  • 追加のブリッジは、 2 個の LEM モジュールを搭載した 9132T スイッチのポート LEM2-5 ~ LEM2-8 にケーブル接続できます。

  • 1 つの LEM モジュールを持つ 9132T スイッチを使用した場合、 1 つのブリッジスタックのみがサポートされます。