日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Brocade DCX 8510-8 スイッチを使用するための要件

寄稿者 netapp-thomi netapp-ranuk このページの PDF をダウンロード

  • MetroCluster 構成で使用する DCX 8510-8 スイッチは、ネットアップから購入する必要があります。

  • 拡張性を確保するために、 4x48 ポートモジュールのうち 2 つの MetroCluster しかケーブル接続しない場合は、 MetroCluster 構成間にポートチャンクを 1 つ残しておくことを推奨します。これにより、ケーブルを再接続することなく MetroCluster 構成でポートの使用を拡張できます。

  • MetroCluster 構成の各 Brocade DCX 8510-8 スイッチを ISL ポートとストレージ接続用に正しく設定する必要があります。使用するポートについては、次のセクションを参照してください。 "ONTAP 9.1 以降を使用している場合の FC スイッチのポート割り当て"

  • ISL は共有できず、 MetroCluster ごとにファブリックごとに 2 つの ISL が必要です。

  • バックエンド MetroCluster 接続に使用する DCX 8510-8 スイッチは、他の接続には使用しないでください。

    MetroCluster 以外のデバイスはこれらのスイッチには接続せず、 MetroCluster 以外のトラフィックが DCX 8510-8 スイッチを経由しないようにしてください。

  • 1 枚のラインカードを、 ONTAP MetroClusters * または ONTAP 7-Mode MetroCluster のいずれかに接続できます。

注記
このスイッチには RCF ファイルはありません。

Brocade DCX 8510-8 スイッチを 2 つ使用する場合の要件は次のとおりです。

  • 各サイトに DCX 8510-8 スイッチが 1 つ必要です。

  • 16Gb SFP を搭載した 48 ポートブレードをスイッチごとに少なくとも 2 つ使用する必要があります。

MetroCluster 構成の各サイトで DCX 8510-8 スイッチを 4 つ使用する場合の要件は次のとおりです。

  • 各サイトに DCX 8510-8 スイッチが 2 つ必要です。

  • 48 ポートブレードを DCX 8510-8 スイッチごとに少なくとも 1 つ使用する必要があります。

  • 各ブレードは、仮想ファブリックを使用して仮想スイッチとして設定されます。

次のネットアップ製品は、 Brocade DCX 8510-8 スイッチではサポートされません。

  • Config Advisor

  • Fabric Health Monitor の略

  • MyAutoSupport (システムリスクが誤検出される可能性がある)

  • Active IQ Unified Manager (旧 OnCommand Unified Manager )

注記
この設定に必要なすべてのコンポーネントがにあることを確認します "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"。サポートされている構成については、 Interoperability Matrix Tool の注意事項のセクションを参照してください。