日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.0 を使用している場合の FC スイッチのポート割り当て

寄稿者 netapp-martyh netapp-thomi netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

FC スイッチをケーブル接続するときは、指定のポート割り当てを使用していることを確認する必要があります。ポート割り当ては、 ONTAP 9.0 とそれ以降のバージョンの ONTAP で異なります。

イニシエータポート、 FC-VI ポート、または ISL の接続に使用しないポートは、ストレージポートとして機能するように再設定できます。ただし、サポートされている RCF を使用している場合は、それに応じてゾーニングを変更する必要があります。

サポートされている RCF ファイルを使用している場合、 ISL ポートの接続先がここに示すポートとは異なることがあり、手動での再設定が必要になることがあります。

ケーブル接続の全体的なガイドライン

ケーブル接続の表を使用する際は、次の点に注意してください。

  • Brocade スイッチと Cisco スイッチでは、ポート番号の付け方が異なります。

    • Brocade スイッチでは、ポート番号は 0 から始まります。

    • Cisco スイッチでは、ポート番号は 1 から始まります。

  • ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

  • AFF A300 および FAS8200 ストレージシステムでは、発注時に FC-VI 接続のオプションとして次のいずれかを選択できます。

    • FC-VI モードで設定されたオンボードポート 0e および 0f 。

    • スロット 1 の FC-VI カードのポート 1a および 1b 。

ONTAP 9.0 を実行している 8 ノード MetroCluster 構成でコントローラ接続に使用する Brocade のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

次の表に、 Brocade スイッチでのコントローラポートの用途を示します。

MetroCluster 8 ノード構成

コンポーネント

ポート

Brocade 6505 、 6510 、または DCX 8510-8

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

controller_x_1

FC-VI ポート a

0

-

FC-VI ポート b

-

0

HBA ポート A

1.

-

HBA ポート b

-

1.

HBA ポート c

2.

-

HBA ポート d

-

2.

controller_x_2

FC-VI ポート a

3.

-

FC-VI ポート b

-

3.

HBA ポート A

4.

-

HBA ポート b

-

4.

HBA ポート c

5.

-

HBA ポート d

-

5.

controller_x_3

FC-VI ポート a

6.

FC-VI ポート b

-

6.

HBA ポート A

7.

-

HBA ポート b

-

7.

HBA ポート c

8.

-

HBA ポート d

-

8.

controller_x_4

FC-VI ポート a

9.

-

FC-VI ポート b

-

9.

HBA ポート A

10.

-

HBA ポート b

-

10.

HBA ポート c

11.

-

HBA ポート d

-

11.

ONTAP 9.0 を実行している 8 ノード MetroCluster 構成で FC-to-SAS ブリッジ接続に使用する Brocade のポート

次の表は、 FibreBridge 7500 ブリッジを使用する場合のブリッジポートの用途です。

MetroCluster 8 ノード構成

FibreBridge 7500 ブリッジ

ポート

Brocade 6505 、 6510 、または DCX 8510-8

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

12.

-

FC2

-

12.

bridge_x_1b

fc1

13

-

FC2

-

13

bridge_x_2a

fc1

14

-

FC2

-

14

bridge_x_2b

fc1

15

-

FC2

-

15

bridge_x_3a

fc1

16

-

FC2

-

16

bridge_x_3b

fc1

17

-

FC2

-

17

bridge_x_4a

fc1

18

-

FC2

-

18

bridge_x_4b

fc1

19

-

FC2

-

19

次の表に、 FibreBridge 6500 ブリッジを使用する場合のブリッジポートの用途を示します。

MetroCluster 8 ノード構成

FibreBridge 6500 ブリッジ

ポート

Brocade 6505 、 6510 、または DCX 8510-8

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

12.

-

bridge_x_1b

fc1

-

12.

bridge_x_2a

fc1

13

-

bridge_x_2b

fc1

-

13

bridge_x_3a

fc1

14

-

bridge_x_3b

fc1

-

14

bridge_x_4a

fc1

15

-

bridge_x_4b

fc1

-

15

bridge_x_5a

fc1

16

-

bridge_x_5b.

fc1

-

16

bridge_x_6a

fc1

17

-

bridge_x_6b

fc1

-

17

bridge_x_7a

fc1

18

-

bridge_x_7b

fc1

-

18

bridge_x_8a

fc1

19

-

bridge_x_8b

fc1

-

19

ONTAP 9.0 を実行している 8 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Brocade のポート

次の表に、使用する ISL ポートを示します。

MetroCluster 8 ノード構成

ISL ポート

Brocade 6505 、 6510 、または DCX 8510-8

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

ISL 、ポート 1

20

20

ISL 、ポート 2

21

21

ISL 、ポート 3

22

22

ISL 、ポート 4

23

23

ONTAP 9.0 を実行している 4 ノード MetroCluster 構成でコントローラに使用する Brocade のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

MetroCluster 4 ノード構成

コンポーネント

ポート

Brocade 6505 、 6510 、または DCX 8510-8

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

controller_x_1

FC-VI ポート a

0

-

FC-VI ポート b

-

0

HBA ポート A

1.

-

HBA ポート b

-

1.

HBA ポート c

2.

-

HBA ポート d

-

2.

controller_x_2

FC-VI ポート a

3.

-

FC-VI ポート b

-

3.

HBA ポート A

4.

-

HBA ポート b

-

4.

HBA ポート c

5.

-

HBA ポート d

ONTAP 9.0 を実行している 4 ノード MetroCluster 構成でブリッジに使用する Brocade のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

次の表は、 FibreBridge 7500 ブリッジを使用する場合のブリッジポート 17 までの用途です。追加のブリッジをポート 18~23 にケーブル接続できます。

MetroCluster 4 ノード構成

FibreBridge 7500 ブリッジ

ポート

Brocade 6510 または DCX 8510-8

Brocade 6505

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

6.

-

6.

-

FC2

-

6.

-

6.

bridge_x_1b

fc1

7.

-

7.

-

FC2

-

7.

-

7.

bridge_x_2a

fc1

8.

-

12.

-

FC2

-

8.

-

12.

bridge_x_2b

fc1

9.

-

13

-

FC2

-

9.

-

13

bridge_x_3a

fc1

10.

-

14

-

FC2

-

10.

-

14

bridge_x_3b

fc1

11.

-

15

-

FC2

-

11.

-

15

bridge_x_4a

fc1

12.

-

16

-

FC2

-

12.

-

16

bridge_x_4b

fc1

13

-

17

-

FC2

-

13

-

17

次の表に、 FibreBridge 6500 ブリッジを使用する場合のブリッジポートの用途を示します。

MetroCluster 4 ノード構成

FibreBridge 6500 ブリッジ

ポート

Brocade 6510 、 DCX 8510-8

Brocade 6505

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

6.

-

6.

-

bridge_x_1b

fc1

-

6.

-

6.

bridge_x_2a

fc1

7.

-

7.

-

bridge_x_2b

fc1

-

7.

-

7.

bridge_x_3a

fc1

8.

-

12.

-

bridge_x_3b

fc1

-

8.

-

12.

bridge_x_4a

fc1

9.

-

13

-

bridge_x_4b

fc1

-

9.

-

13

bridge_x_5a

fc1

10.

-

14

-

bridge_x_5b.

fc1

-

10.

-

14

bridge_x_6a

fc1

11.

-

15

-

bridge_x_6b

fc1

-

11.

-

15

bridge_x_7a

fc1

12.

-

16

-

bridge_x_7b

fc1

-

12.

-

16

bridge_x_8a

fc1

13

-

17

-

bridge_x_8b

fc1

-

13

-

17

ONTAP 9.0 を実行している 4 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Brocade のポート

次の表に、使用する ISL ポートを示します。

MetroCluster 4 ノード構成

ISL ポート

Brocade 6510 、 DCX 8510-8

Brocade 6505

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

ISL 、ポート 1

20

20

8.

8.

ISL 、ポート 2

21

21

9.

9.

ISL 、ポート 3

22

22

10.

10.

ISL 、ポート 4

23

23

11.

11.

ONTAP 9.0 を実行している 2 ノード MetroCluster 構成でコントローラに使用する Brocade のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

MetroCluster の 2 ノード構成

コンポーネント

ポート

Brocade 6505 、 6510 、または DCX 8510-8

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

controller_x_1

FC-VI ポート a

0

-

FC-VI ポート b

-

0

HBA ポート A

1.

-

HBA ポート b

-

1.

HBA ポート c

2.

-

ONTAP 9.0 を実行している 2 ノード MetroCluster 構成でブリッジに使用する Brocade のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

次の表は、 FibreBridge 7500 ブリッジを使用する場合のブリッジポート 17 までの用途です。追加のブリッジをポート 18~23 にケーブル接続できます。

MetroCluster の 2 ノード構成

FibreBridge 7500 ブリッジ

ポート

Brocade 6510 、 DCX 8510-8

Brocade 6505

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

6.

-

6.

-

FC2

-

6.

-

6.

bridge_x_1b

fc1

7.

-

7.

-

FC2

-

7.

-

7.

bridge_x_2a

fc1

8.

-

12.

-

FC2

-

8.

-

12.

bridge_x_2b

fc1

9.

-

13

-

FC2

-

9.

-

13

bridge_x_3a

fc1

10.

-

14

-

FC2

-

10.

-

14

bridge_x_3b

fc1

11.

-

15

-

FC2

-

11.

-

15

bridge_x_4a

fc1

12.

-

16

-

FC2

-

12.

-

16

bridge_x_4b

fc1

13

-

17

-

FC2

-

13

-

17

次の表に、 FibreBridge 6500 ブリッジを使用する場合のブリッジポートの用途を示します。

MetroCluster の 2 ノード構成

FibreBridge 6500 ブリッジ

ポート

Brocade 6510 、 DCX 8510-8

Brocade 6505

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

6.

-

6.

-

bridge_x_1b

fc1

-

6.

-

6.

bridge_x_2a

fc1

7.

-

7.

-

bridge_x_2b

fc1

-

7.

-

7.

bridge_x_3a

fc1

8.

-

12.

-

bridge_x_3b

fc1

-

8.

-

12.

bridge_x_4a

fc1

9.

-

13

-

bridge_x_4b

fc1

-

9.

-

13

bridge_x_5a

fc1

10.

-

14

-

bridge_x_5b.

fc1

-

10.

-

14

bridge_x_6a

fc1

11.

-

15

-

bridge_x_6b

fc1

-

11.

-

15

bridge_x_7a

fc1

12.

-

16

-

bridge_x_7b

fc1

-

12.

-

16

bridge_x_8a

fc1

13

-

17

-

bridge_x_8b

fc1

-

13

-

17

ONTAP 9.0 を実行している 2 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Brocade のポート

次の表に、使用する ISL ポートを示します。

MetroCluster の 2 ノード構成

ISL ポート

Brocade 6510 、 DCX 8510-8

Brocade 6505

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

ISL 、ポート 1

20

20

8.

8.

ISL 、ポート 2

21

21

9.

9.

ISL 、ポート 3

22

22

10.

10.

ISL 、ポート 4

23

23

11.

11.

ONTAP 9.0 を実行している 8 ノード MetroCluster 構成でコントローラに使用する Cisco のポート

次の表に、 Cisco スイッチで使用するコントローラポートを示します。

MetroCluster 8 ノード構成

コンポーネント

ポート

Cisco 9148 または 9148S

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

controller_x_1

FC-VI ポート a

1.

-

FC-VI ポート b

-

1.

HBA ポート A

2.

-

HBA ポート b

-

2.

HBA ポート c

3.

-

HBA ポート d

-

3.

controller_x_2

FC-VI ポート a

4.

-

FC-VI ポート b

-

4.

HBA ポート A

5.

-

HBA ポート b

-

5.

HBA ポート c

6.

-

HBA ポート d

-

6.

controller_x_3

FC-VI ポート a

7.

FC-VI ポート b

-

7.

HBA ポート A

8.

-

HBA ポート b

-

8.

HBA ポート c

9.

-

HBA ポート d

-

9.

controller_x_4

FC-VI ポート a

10.

-

FC-VI ポート b

-

10.

HBA ポート A

11.

-

HBA ポート b

-

11.

HBA ポート c

13

-

HBA ポート d

-

13

ONTAP 9.0 を実行している 8 ノード MetroCluster 構成で FC-to-SAS ブリッジに使用する Cisco のポート

次の表は、 FibreBridge 7500 ブリッジを使用する場合のポート 23 までのブリッジポートを示しています。ポート 25~48 を使用して、追加のブリッジを接続できます。

MetroCluster 8 ノード構成

FibreBridge 7500 ブリッジ

ポート

Cisco 9148 または 9148S

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

14

14

FC2

-

-

bridge_x_1b

fc1

15

15

FC2

-

-

bridge_x_2a

fc1

17

17

FC2

-

-

bridge_x_2b

fc1

18

18

FC2

-

-

bridge_x_3a

fc1

19

19

FC2

-

-

bridge_x_3b

fc1

21

21

FC2

-

-

bridge_x_4a

fc1

22

22

FC2

-

-

bridge_x_4b

fc1

23

23

FC2

-

-

次の表に、 FibreBridge 6500 ブリッジを使用する場合のポート 23 までのブリッジポートを示します。ポート 25~48 を使用して、追加のブリッジを接続できます。

MetroCluster 8 ノード

FibreBridge 6500 ブリッジ

ポート

Cisco 9148 または 9148S

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

14

-

bridge_x_1b

fc1

-

14

bridge_x_2a

fc1

15

-

bridge_x_2b

fc1

-

15

bridge_x_3a

fc1

17

-

bridge_x_3b

fc1

-

17

bridge_x_4a

fc1

18

-

bridge_x_4b

fc1

-

18

bridge_x_5a

fc1

19

-

bridge_x_5b.

fc1

-

19

bridge_x_6a

fc1

21

-

bridge_x_6b

fc1

-

21

bridge_x_7a

fc1

22

-

bridge_x_7b

fc1

-

22

bridge_x_8a

fc1

23

-

bridge_x_8b

fc1

-

23

ONTAP 9.0 を実行している 8 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Cisco のポート

次の表に、使用する ISL ポートを示します。

MetroCluster 8 ノード構成

ISL ポート

Cisco 9148 または 9148S

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

ISL 、ポート 1

12.

12.

ISL 、ポート 2

16

16

ISL 、ポート 3

20

20

ISL 、ポート 4

24

24

4 ノード MetroCluster 構成でコントローラに使用する Cisco のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

次の表に、 Cisco スイッチで使用するコントローラポートを示します。

MetroCluster 4 ノード構成

コンポーネント

ポート

Cisco 9148 、 9148S 、または 9250i

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

controller_x_1

FC-VI ポート a

1.

-

FC-VI ポート b

-

1.

HBA ポート A

2.

-

HBA ポート b

-

2.

HBA ポート c

3.

-

HBA ポート d

-

3.

controller_x_2

FC-VI ポート a

4.

-

FC-VI ポート b

-

4.

HBA ポート A

5.

-

HBA ポート b

-

5.

HBA ポート c

6.

-

HBA ポート d

ONTAP 9.0 を実行している 4 ノード MetroCluster 構成で FC-to-SAS ブリッジに使用する Cisco のポート

次の表は、 FibreBridge 7500 ブリッジを使用する場合のポート 14 までのブリッジポートを示しています。ポート 15~32 に同じパターンで追加のブリッジを接続できます。

MetroCluster 4 ノード構成

FibreBridge 7500 ブリッジ

ポート

Cisco 9148 、 9148S 、または 9250i

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

7.

-

FC2

-

7.

bridge_x_1b

fc1

8.

-

FC2

-

8.

bridge_x_2a

fc1

9.

-

FC2

-

9.

bridge_x_2b

fc1

10.

-

FC2

-

10.

bridge_x_3a

fc1

11.

-

FC2

-

11.

bridge_x_3b

fc1

12.

-

FC2

-

12.

bridge_x_4a

fc1

13

-

FC2

-

13

bridge_x_4b

fc1

14

-

FC2

-

14

次の表に、 FibreBridge 6500 ブリッジを使用する場合のポート 14 までのブリッジポートを示します。ポート 15~32 に同じパターンで追加のブリッジを接続できます。

MetroCluster 4 ノード構成

FibreBridge 6500 ブリッジ

ポート

Cisco 9148 、 9148S 、または 9250i

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

7.

-

bridge_x_1b

fc1

-

7.

bridge_x_2a

fc1

8.

-

bridge_x_2b

fc1

-

8.

bridge_x_3a

fc1

9.

-

bridge_x_3b

fc1

-

9.

bridge_x_4a

fc1

10.

-

bridge_x_4b

fc1

-

10.

bridge_x_5a

fc1

11.

-

bridge_x_5b.

fc1

-

11.

bridge_x_6a

fc1

12.

-

bridge_x_6b

fc1

-

12.

bridge_x_7a

fc1

13

-

bridge_x_7b

fc1

-

13

bridge_x_8a

fc1

14

-

bridge_x_8b

fc1

-

14

ONTAP 9.0 を実行している 4 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Cisco 9148 および 9148S のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

次の表に、使用する ISL ポートを示します。

MetroCluster 4 ノード構成

ISL ポート

Cisco 9148 または 9148S

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

ISL 、ポート 1

36

36

ISL 、ポート 2

40

40

ISL 、ポート 3

44

44

ISL 、ポート 4

48

48

ONTAP 9.0 を実行している 4 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Cisco 9250i のポート

Cisco 9250i スイッチでは、 ISL に FCIP ポートを使用します。

ポート 40~48 は 10GbE ポートであり、 MetroCluster 構成では使用されません。

2 ノード MetroCluster 構成でコントローラに使用する Cisco のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

次の表に、 Cisco スイッチで使用するコントローラポートを示します。

MetroCluster の 2 ノード構成

コンポーネント

ポート

Cisco 9148 、 9148S 、または 9250i

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

controller_x_1

FC-VI ポート a

1.

-

FC-VI ポート b

-

1.

HBA ポート A

2.

-

HBA ポート b

-

2.

HBA ポート c

3.

-

ONTAP 9.0 を実行している 2 ノード MetroCluster 構成で FC-to-SAS ブリッジに使用する Cisco のポート

次の表は、 FibreBridge 7500 ブリッジを使用する場合のポート 14 までのブリッジポートを示しています。ポート 15~32 に同じパターンで追加のブリッジを接続できます。

MetroCluster の 2 ノード構成

FibreBridge 7500 ブリッジ

ポート

Cisco 9148 、 9148S 、または 9250i

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

7.

-

FC2

-

7.

bridge_x_1b

fc1

8.

-

FC2

-

8.

bridge_x_2a

fc1

9.

-

FC2

-

9.

bridge_x_2b

fc1

10.

-

FC2

-

10.

bridge_x_3a

fc1

11.

-

FC2

-

11.

bridge_x_3b

fc1

12.

-

FC2

-

12.

bridge_x_4a

fc1

13

-

FC2

-

13

bridge_x_4b

fc1

14

-

FC2

-

14

次の表に、 FibreBridge 6500 ブリッジを使用する場合のポート 14 までのブリッジポートを示します。ポート 15~32 に同じパターンで追加のブリッジを接続できます。

MetroCluster の 2 ノード構成

FibreBridge 6500 ブリッジ

ポート

Cisco 9148 、 9148S 、または 9250i

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

bridge_x_1a

fc1

7.

-

bridge_x_1b

fc1

-

7.

bridge_x_2a

fc1

8.

-

bridge_x_2b

fc1

-

8.

bridge_x_3a

fc1

9.

-

bridge_x_3b

fc1

-

9.

bridge_x_4a

fc1

10.

-

bridge_x_4b

fc1

-

10.

bridge_x_5a

fc1

11.

-

bridge_x_5b.

fc1

-

11.

bridge_x_6a

fc1

12.

-

bridge_x_6b

fc1

-

12.

bridge_x_7a

fc1

13

-

bridge_x_7b

fc1

-

13

bridge_x_8a

fc1

14

-

bridge_x_8b

fc1

-

14

ONTAP 9.0 を実行している 2 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Cisco 9148 または 9148S のポート

ケーブル接続は、スイッチファブリックの各 FC スイッチで同じです。

次の表に、使用する ISL ポートを示します。

MetroCluster の 2 ノード構成

ISL ポート

Cisco 9148 または 9148S

FC_switch_x_1

FC_switch_x_2

ISL 、ポート 1

36

36

ISL 、ポート 2

40

40

ISL 、ポート 3

44

44

ISL 、ポート 4

48

48

ONTAP 9.0 を実行している 2 ノード MetroCluster 構成で ISL に使用する Cisco 9250i のポート

Cisco 9250i スイッチでは、 ISL に FCIP ポートを使用します。

ポート 40~48 は 10GbE ポートであり、 MetroCluster 構成では使用されません。