日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

2 つのイニシエータポートを使用するシステムのポート割り当て

寄稿者 netapp-thomi netapp-martyh netapp-ranuk netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

FAS8020 、 AFF8020 、 FAS8200 、および AFF A300 システムは、ファブリックごとに 1 つのイニシエータポートとコントローラごとに 2 つのイニシエータポートを使用して設定できます。

FibreBridge 6500N ブリッジまたは一方の FC ポート( FC1 または FC2 )のみを使用する FibreBridge 7500N / 7600N ブリッジのケーブル接続方法を使用できます。4 つのイニシエータのうち 2 つだけを接続し、スイッチポートに接続されている他の 2 つのイニシエータは空にしておきます。

FibreBridge 6500N ブリッジの設定に対応する正しい RCF ファイルを適用する必要があります。

ゾーニングを手動で実行する場合は、 FibreBridge 6500N ブリッジまたは一方の FC ポート( FC1 または FC2 )のみを使用する FibreBridge 7500N / 7600N ブリッジのゾーニング方法に従います。このシナリオでは、各ファブリックのゾーンメンバーごとに 2 つではなく 1 つのイニシエータポートが追加されます。

ゾーニングの変更や FibreBridge 6500 から FibreBridge 7500 へのアップグレードの実行には、の手順ホットスワップ対応 FibreBridge 6500N ブリッジと FibreBridge 7500N / 7600N ブリッジ _ を使用します "MetroCluster メンテナンスガイド"

次の表に、 ONTAP 9.1 以降を使用している場合の FC スイッチのポート割り当てを示します。

FibreBridge 6500N ブリッジ、または 1 つの FC ポート( FC1 または FC2 )のみを使用する FibreBridge 7500N または 7600N を使用する構成

* MetroCluster 1 または DR グループ 1 *

* コンポーネント *

* ポート *

* Brocade スイッチモデル 6505 、 6510 、 6520 、 7840 、 G620 、 G610 、 DCX 8510-8 *

* FC スイッチに接続 *

* スイッチポートに接続 …​ *

controller_x_1

FC-VI ポート a

1.

0

FC-VI ポート b

2.

0

FC-VI ポート c

1.

1.

FC-VI ポート d

2.

1.

HBA ポート A

1.

2.

HBA ポート b

2.

2.

HBA ポート c

-

-

HBA ポート d

-

-

スタック 1

bridge_x_1a

1.

8.

bridge_x_1b

2.

8.

スタック y

bridge_x_ya

1.

11.

bridge_x_YB

次の表に、 ONTAP 9.0 を使用している場合の FC スイッチのポート割り当てを示します。

* MetroCluster 2 ノード構成 *

* コンポーネント *

* ポート *

* Brocade 6505 、 6510 、または DCX 8510-8 *

* FC_switch_x_1 *

* FC_switch_x_2 *

controller_x_1

FC-VI ポート a

0

-

FC-VI ポート b

-

0

HBA ポート A

1.

-

HBA ポート b

-

1.

HBA ポート c

2.

-