日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファブリック接続 MetroCluster 構成で TDM / WDM 機器を使用する場合の考慮事項

寄稿者 netapp-thomi netapp-ranuk このページの PDF をダウンロード

Hardware Universe ツールには、ファブリック接続 MetroCluster 構成で Time Division Multiplexing ( TDM ;時分割多重化)または Wavelength Division Multiplexing ( WDM ;波長分割多重化)機器を使用する場合の要件について、いくつかの注意事項が記載されています。これにはさまざまな構成に関する情報も含まれており、フレームの配信にインオーダー配信( IOD )アウトオブオーダー配信( OOD )のどちらを使用するかを判断するのに役立ちます。

このような要件の例としては、ルーティングポリシーを使用するリンクアグリゲーション(トランキング)機能を TDM / WDM 機器でサポートする必要があります。フレームの配信順序( IOD または OOD )は有効になっているルーティングポリシーによって決まり、スイッチ内で維持されます。

次の表に、 Brocade スイッチと Cisco スイッチを含む構成のルーティングポリシーを示します。

スイッチ

MetroCluster 構成を IOD に設定する

OOD の MetroCluster 設定を行います

Brocade

  • AptPolicy を 1 に設定する必要があります

  • DLS を off に設定します

  • IOD を on に設定する必要があります

  • AptPolicy を 3 に設定する必要があります

  • DLS は ON に設定する必要があります

  • IOD を off に設定する必要があります

シスコ

FCVI 用 VSAN のポリシー:

  • ロードバランシングポリシー: srcid 、 dstid

  • IOD を on に設定する必要があります

ストレージ用 VSAN のポリシー:

  • ロードバランシングポリシー: srcid 、 dstid 、 oxid

  • VSAN で in-order-guarantee オプションを設定しないでください

該当なし

IOD を使用する状況

IOD がリンクでサポートされている場合は、 IOD を使用することを推奨します。IOD をサポートする構成は次のとおりです。

  • 単一の ISL

  • 単一の ISL と単一のリンク(および TDM / WDM などのリンク機器)

  • 単一のトランク、および複数の ISL とリンク(および TDM / WDM などのリンク機器)

OOD を使用する状況

  • IOD をサポートしないすべての構成

  • トランキング機能をサポートしないすべての構成

暗号化デバイスを使用する

MetroCluster 構成で ISL で専用の暗号化デバイスを使用する場合、または WDM デバイスで暗号化を使用する場合は、次の要件を満たす必要があります。

  • 該当する FC スイッチのベンダーの認定を受けた外部暗号化デバイスまたは WDM 機器を使用する必要があります。

    動作モード(トランキングや暗号化など)に対応した認定が必要です。

  • 暗号化によるレイテンシが 10 マイクロ秒以下である必要があります。