日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタピアリングのケーブル接続

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

クラスタピアリングに使用するコントローラモジュールのポートをケーブル接続して、パートナーサイトのクラスタに接続できるようにする必要があります。

このタスクは、 MetroCluster 構成の各コントローラモジュールで実行する必要があります。

クラスタピアリングには、各コントローラモジュールの少なくとも 2 つのポートを使用します。

ポートおよびネットワーク接続の推奨される最小帯域幅は 1GbE です。

ステップ
  1. クラスタピアリングに使用する少なくとも 2 つのポートを特定してケーブル接続し、そのポートがパートナークラスタとネットワーク接続されていることを確認します。

    クラスタピアリングには、専用のポートとデータポートのどちらも使用できます。専用のポートを使用すると、クラスタピアリングトラフィックのスループットが向上します。

各 MetroCluster サイトは、パートナーサイトのピアとして設定されます。ここでは、ピア関係を設定し、それらの関係に共有ポートと専用ポートのどちらを使用するかを決定する際に理解しておく必要がある前提条件とガイドラインを示します。