日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行中に Brocade 6510 FC ファブリックを共有するためのハードウェアの構成

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode ファブリック MetroCluster 構成で Brocade 6510 スイッチを使用している場合は、既存のスイッチファブリックを新しい clustered MetroCluster 構成と共有できます。スイッチファブリックを共有すれば、新しい MetroCluster 構成用にスイッチファブリックを別途新しく用意する必要がありません。この一時的な構成は、移行を目的として Brocade 6510 スイッチでのみサポートされています。

作業を開始する前に
  • 7-Mode ファブリック MetroCluster で Brocade 6510 スイッチを使用している必要があります。

    MetroCluster 構成で現在 Brocade 6510 スイッチを使用していない場合は、この手順を使用する前に、スイッチを Brocade 6510 にアップグレードする必要があります。

  • 7-Mode ファブリックの MetroCluster 構成で SAS ストレージシェルフのみを使用している必要があります。

    既存の構成に FC ストレージシェルフ( DS14mk4 FC など)が含まれている場合は、 FC スイッチファブリックの共有はサポートされません。

  • 新しい clustered MetroCluster 構成で使用されるスイッチポート上の SFP が、 16Gbps の速度をサポートしている必要があります。

    既存の 7-Mode ファブリック MetroCluster は、 8Gbps または 16Gbps の SFP を使用するポートに接続したままでかまいません。

  • 4 つの Brocade 6510 スイッチそれぞれで、ポート 24~45 が、新しい MetroCluster コンポーネントのポートの接続に使用できる必要があります。

  • ポート 46 と 47 に既存のスイッチ間リンク( ISL )があることを確認する必要があります。

  • Brocade 6510 スイッチで、 7-Mode の MetroCluster 構成と clustered ONTAP MetroCluster 構成の両方でサポートされているバージョンの FOS ファームウェアが実行されている必要があります。

ファブリックを共有して MetroCluster の設定を完了したら、 7-Mode ファブリックの MetroCluster 構成からデータを移行できます。

データを移行後 MetroCluster は、 7-Mode ファブリックの MetroCluster ケーブル接続を取り外し、必要に応じて、 clustered ONTAP MetroCluster のケーブル接続を、これらのポートに移動できます。ポートについては、 4 ノード MetroCluster の FC スイッチのポート割り当てについてのセクションを参照してください。 ポートを変更した場合は、ゾーニングを調整する必要があります。