日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TI ゾーニングを削除して IOD を設定します

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

スイッチファブリックで既存の TI ゾーニングを削除し、 in-order-delivery ( IOD ;インオーダー配信)を再設定する必要があります。

手順
  1. ファブリックに設定されている TI ゾーンを特定します。

    'zone — 表示

    次の例は、ゾーン FCVI_TI_FAB_2 を示しています。

    Brocade-6510:admin> zone --show
       Defined TI zone configuration:
       TI Zone Name:   FCVI_TI_FAB_2
       Port List:      1,0; 1,3; 2,0; 2,3
       configured Status: Activated / Failover-Disabled
       Enabled Status: Activated / Failover-Disabled
  2. TI ゾーンを削除します。

    'zone — delete_zone-name_`

    次の例は、ゾーン FCVI_TI_FAB_2 を削除します。

    Brocade-6510:admin> zone --delete FCVI_TI_FAB_2
  3. ゾーンが削除されたことを確認します。

    'zone — 表示

    次のような出力が表示されます。

    Brocade-6510:admin> zone -–show
    
        Defined TI zone configuration:
        no TI zone configuration defined
  4. 設定を保存します。

    cfgsave

  5. インオーダー配信を有効にします。

    「 iodset 」

  6. ポートベースのルーティングポリシー、 Advanced Performance Tuning ( APT )ポリシー 1 を選択します。

    「 aptpolicy 1 」

  7. 動的負荷共有( DLS )を無効にします。

    「 lsreset 」と表示されます

  8. 次のコマンドを使用して IOD 設定を確認します。

    「 iodshow 」

    「 aptpolicy 」と入力します

    「 llsshow 」

    次のような出力が表示されます。

    Brocade-6510:admin> iodshow
    
    IOD is set
    
    Brocade-6510:admin> aptpolicy
     Current Policy: 1
    
     3 : Default Policy
     1: Port Based Routing Policy
     2: Device Based Routing Policy (FICON support only)
     3: Exchange Based Routing Policy
    Brocade-6510:admin> dlsshow
    
    DLS is not set