日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP システムで使用するストレージアレイの準備

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

アレイ LUN を使用する MetroCluster 構成で ONTAP システムのセットアップを開始するには、 ONTAP で使用するストレージをストレージアレイ管理者が準備する必要があります。

構成で使用するストレージアレイ、ファームウェア、およびスイッチが ONTAP の特定のバージョンでサポートされている必要があります。

  • "ネットアップの相互運用性( IMT )"

    IMT では、 Storage 解決策フィールドを使用して MetroCluster 解決策を選択できます。検索を絞り込むには、 * 構成部品エクスプローラ * を使用して構成部品と ONTAP バージョンを選択します。[ 結果の表示( Show Results ) ] をクリックすると、条件に一致するサポートされている構成のリストを表示できます。

  • "NetApp Hardware Universe の略"

このタスクは、ストレージアレイ管理者と協力してストレージアレイで実行する必要があります。

手順
  1. MetroCluster 構成のノード数に応じて、ストレージアレイに LUN を作成します。

    MetroCluster 構成の各ノードに、ルートアグリゲート用、データアグリゲート用、およびスペア用のアレイ LUN がそれぞれ必要です。

  2. ONTAP と連携するために必要なストレージアレイのパラメータを設定します。