日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ラックにハードウェアコンポーネントを配置

寄稿者 netapp-martyh netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

納入された機器がキャビネットに設置されていない場合は、コンポーネントをラックに配置する必要があります。

このタスクは両方の MetroCluster サイトで実行する必要があります。

手順
  1. MetroCluster コンポーネントの配置を計画します。

    ラックスペースは、コントローラモジュールのプラットフォームモデル、スイッチのタイプ、構成内のディスクシェルフスタック数によって異なります。

  2. 自身の適切な接地対策を行います

  3. コントローラモジュールをラックまたはキャビネットに設置します。

  4. IP スイッチをラックまたはキャビネットに設置します。

  5. ディスクシェルフを設置し、電源を投入して、シェルフ ID を設定します。

    • 各ディスクシェルフの電源を再投入する必要があります。

    • 各 MetroCluster DR グループ(両サイトを含む)で、各 SAS ディスクシェルフのシェルフ ID が一意である必要があります。

      重要 ミラーされていないアグリゲートが含まれるディスクシェルフは、この時点ではケーブル接続しないでください。MetroCluster 構成が完了するまで、ミラーされていないアグリゲート用のシェルフを配置し、「 MetroCluster modify -enable -munSHELVed-aggr-deployment true 」コマンドを使用した後にのみ配置する必要があります。