日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

2 ノード SAS 接続ストレッチ MetroCluster 構成のコンポーネント

寄稿者 ntap-bmegan netapp-ivanad netapp-jtures このページの PDF をダウンロード

2 ノード MetroCluster SAS 接続構成には、ストレージコントローラを SAS ケーブルでストレージに直接接続した 2 つのシングルノードクラスタなど、さまざまなコンポーネントが必要です。

MetroCluster の設定には、中核をなす次のハードウェアが含まれます。

  • ストレージコントローラ

    ストレージコントローラは、 SAS ケーブルを使用してストレージに直接接続します。

    各ストレージコントローラは、パートナーサイトのストレージコントローラに対する DR パートナーとして構成されます。

    • 短い距離には SAS 銅線ケーブルを使用できます。

    • 長い距離には SAS 光ケーブルを使用できます。

      E シリーズアレイ LUN を使用するシステムでは、ストレージコントローラを E シリーズストレージアレイに直接接続できます。その他のアレイ LUN を使用する場合は、 FC スイッチを介して接続する必要があります。

    IMT では、 Storage 解決策フィールドを使用して MetroCluster 解決策を選択できます。検索を絞り込むには、 * 構成部品エクスプローラ * を使用して構成部品と ONTAP バージョンを選択します。[ 結果の表示( Show Results ) ] をクリックすると、条件に一致するサポートされている構成のリストを表示できます。

  • クラスタピアリングネットワーク

    クラスタピアリングネットワークを経由して、 Storage Virtual Machine ( SVM )の設定がミラーされます。一方のクラスタのすべての SVM の設定が、パートナークラスタにミラーされます。