日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FibreBridge 6500N ブリッジと IOM6 / IOM3 モジュールを使用するディスクシェルフのケーブル接続

寄稿者 netapp-ivanad netapp-jtures netapp-martyh ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ブリッジを設定したら、新しいシステムのケーブル接続を開始できます。FibreBridge 6500N ブリッジは QSFP コネクタを使用します。

ポートに接続する前に、電源を投入して 10 秒以上待機します。SAS ケーブルのコネクタは、誤挿入を防ぐキーイングが施されているため、正しい向きで SAS ポートに取り付けるとカチッとはまり、ディスクシェルフの SAS ポートの LNK LED が緑色に点灯します。ディスクシェルフの場合は、 SAS ケーブルのコネクタをプルタブ(コネクタの下側)を下にして挿入します。

FibreBridge 6500N ブリッジでは、 IOM12 モジュールを使用するディスクシェルフはサポートされません。

手順
  1. 各スタックのディスクシェルフをデイジーチェーン接続します。

    ディスクシェルフのデイジーチェーン接続の詳細については、使用しているディスクシェルフモデルの Installation and Service Guide を参照してください。

  2. ディスクシェルフの各スタックで、最初のシェルフの IOM A の四角形のポートを、 FibreBridge A の SAS ポート A にケーブル接続します

  3. ディスクシェルフの各スタックで、最後のシェルフの IOM B の丸いポートを、 FibreBridge B の SAS ポート A にケーブル接続します

    各ブリッジには、ディスクシェルフのスタックへのパスが 1 つあります。ブリッジ A は最初のシェルフ経由でスタックの A 側に接続し、ブリッジ B は最後のシェルフ経由でスタックの B 側に接続します。

    ブリッジの SAS ポート B は無効になっています。

    次の図は、 1 組のブリッジが 4 台のディスクシェルフからなるスタックにケーブル接続されている状態を示しています。

    MCC ケーブルブリッジおよび SAS スタック