日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

障害が発生した電源装置モジュールのホットリプレース

寄稿者 netapp-ivanad

ブリッジの電源装置モジュールのステータスが変わった場合は、電源装置モジュールを取り外して取り付けることができます。

電源装置モジュールのステータスの変化は、ブリッジの LED で確認できます。また、 ExpressNAV GUI とブリッジ CLI 、シリアルポート、または Telnet を使用して、電源装置モジュールのステータスを確認することもできます。

  • この手順は NDO (システムの停止を伴わない)機能であり、完了までに約 15 分かかります。

  • 管理パスワードと FTP サーバまたは SCP サーバへのアクセスが必要です。

注記 管理インターフェイスの詳細については、使用しているモデルブリッジに対応した ATTO FibreBridge Installation and Operation Manual を参照してください。

ATTO Fiberbridge の概要ページにあるリンクを使用して、このページおよび ATTO の Web サイトのその他のコンテンツにアクセスできます。