日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

他のインターフェイスを使用して FibreBridge ブリッジを設定および管理するための要件

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

シリアルポート、 Telnet 、および FTP を組み合わせて使用すると、推奨される管理インターフェイスの代わりに FibreBridge ブリッジを管理できます。ブリッジをインストールする前に、システムが適切なインターフェイスの要件を満たしている必要があります。

シリアルポートまたは Telnet を使用して、ブリッジとイーサネット管理 1 ポートを設定し、ブリッジを管理できます。FTP を使用して、ブリッジファームウェアを更新できます。

注記 管理インターフェイスの詳細については、使用しているモデルブリッジに対応した ATTO FibreBridge Installation and Operation Manual を参照してください。

ATTO の Web サイトでこのドキュメントにアクセスするには、 ATTO Fibrebridge の概要ページにあるリンクを使用します。

シリアルポート

シリアルポートを使用してブリッジを設定および管理し、イーサネット管理 1 ポートを設定する場合は、システムが次の要件を満たしている必要があります。

  • シリアルケーブル(ブリッジのシリアルポートからセットアップに使用するコンピュータのシリアル( COM )ポートに接続)

    ブリッジのシリアルポートは RJ-45 で、ピン配列はコントローラと同じです。

  • Hyperterminal 、 TeraTerm 、 PuTTY などの端末エミュレーションプログラム。コンソールにアクセスします

    ターミナルプログラムは、画面出力をファイルに記録できる必要があります。

Telnet

Telnet を使用してブリッジを設定および管理する場合は、システムが次の要件を満たしている必要があります。

  • シリアルケーブル(ブリッジのシリアルポートからセットアップに使用するコンピュータのシリアル( COM )ポートに接続)

    ブリッジのシリアルポートは RJ-45 で、ピン配列はコントローラと同じです。

  • (推奨)デフォルト以外のユーザ名とパスワード(ブリッジへのアクセス用)

  • Hyperterminal 、 TeraTerm 、 PuTTY などの端末エミュレーションプログラム。コンソールにアクセスします

    ターミナルプログラムは、画面出力をファイルに記録できる必要があります。

  • 各ブリッジのイーサネット管理 1 ポートの IP アドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイ情報

FTP

FTP を使用してブリッジファームウェアを更新する場合は、システムが次の要件を満たしている必要があります。

  • 標準イーサネットケーブル(ブリッジのイーサネット管理 1 ポートからネットワークへの接続用)

  • (推奨)デフォルト以外のユーザ名とパスワード(ブリッジへのアクセス用)