日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster 構成でのメタデータボリュームの移動

寄稿者 netapp-ivanad

MetroCluster 構成では、アグリゲート間でメタデータボリュームを移動できます。メタデータボリュームの移動が必要となるのは、ソースアグリゲートが運用停止になるかミラーリングを解除されたとき、または何らかの理由でアグリゲートが条件を満たさなくなったときです。

  • このタスクを実行するには、クラスタ管理者の権限が必要です。

  • ターゲットアグリゲートがミラーされており、かつデグレード状態でないことが必要です。

  • ターゲットアグリゲートに、移動するメタデータボリュームよりも大きな使用可能スペースがあることが必要です。

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。

    「 * set -privilege advanced * 」のように指定します

  2. 移動するメタデータボリュームを特定します。

    * volume show MDV_CRS **

    Cluster_A::*> volume show MDV_CRS*
    Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
    --------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
    Cluster_A
              MDV_CRS_14c00d4ac9f311e7922800a0984395f1_A
                           Node_A_1_aggr1
                                        online     RW         10GB     9.50GB    5%
    Cluster_A
              MDV_CRS_14c00d4ac9f311e7922800a0984395f1_B
                           Node_A_2_aggr1
                                        online     RW         10GB     9.50GB    5%
    Cluster_A
              MDV_CRS_15035e66c9f311e7902700a098439625_A
                           Node_B_1_aggr1
                                        -          RW            -          -     -
    Cluster_A
              MDV_CRS_15035e66c9f311e7902700a098439625_B
                           Node_B_2_aggr1
                                        -          RW            -          -     -
    4 entries were displayed.
    
    Cluster_A::>
  3. 対象となるターゲットアグリゲートを特定します。

    '*MetroCluster check config-replication show-aggregate-eligibility *

    次のコマンドは、メタデータボリュームをホストできる cluster_A 内のアグリゲートを特定します。

    Cluster_A::*> metrocluster check config-replication show-aggregate-eligibility
    
    Aggregate Hosted Config Replication Vols Host Addl Vols Comments
    ------------ ------------------------------------------ -------------- --------
    Node_A_1_aggr0 - false Root Aggregate
    Node_A_2_aggr0 - false Root Aggregate
    Node_A_1_aggr1 MDV_CRS_1bc7134a5ddf11e3b63f123478563412_A true -
    Node_A_2_aggr1 MDV_CRS_1bc7134a5ddf11e3b63f123478563412_B true -
    Node_A_1_aggr2 - true
    Node_A_2_aggr2 - true
    Node_A_1_Aggr3 - false Unable to determine available space of aggregate
    Node_A_1_aggr5 - false Unable to determine mirror configuration
    Node_A_2_aggr6 - false Mirror configuration does not match requirement
    Node_B_1_aggr4 - false NonLocal Aggregate
    注記 この例では、 Node_A_1_aggr2 と Node_A_2_aggr2 が該当します。
  4. ボリューム移動処理を開始します。

    ` * volume move start -vserver_svm_name_-volume_volume_name_-destination-aggregate-destination_aggregate_name_*`

    次のコマンドは、メタデータボリューム「 M DV_CRS_14c00d4ac9f311e7922800a0984395f1 」を「 aggregate Node_A_1_aggr1 」から「 aggregate Node_A_1_aggr2 」に移動します。

    Cluster_A::*> volume move start -vserver svm_cluster_A -volume MDV_CRS_14c00d4ac9f311e7922800a0984395f1
    -destination-aggregate aggr_cluster_A_02_01
    
    Warning: You are about to modify the system volume
             "MDV_CRS_9da04864ca6011e7b82e0050568be9fe_A".  This may cause severe
             performance or stability problems.  Do not proceed unless directed to
             do so by support.  Do you want to proceed? {y|n}: y
    [Job 109] Job is queued: Move "MDV_CRS_9da04864ca6011e7b82e0050568be9fe_A" in Vserver
    "svm_cluster_A" to aggregate "aggr_cluster_A_02_01".
    Use the "volume move show -vserver svm_cluster_A -volume
    MDV_CRS_9da04864ca6011e7b82e0050568be9fe_A" command to view the status of this operation.
  5. ボリューム移動処理の状態を確認します。

    'volume move show -volume vol_constituent_name

  6. admin 権限レベルに戻ります。

    'set -privilege admin