日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco FC スイッチの交換

寄稿者 netapp-ivanad

障害が発生した Cisco FC スイッチを交換するには、 Cisco 固有の手順を使用する必要があります。

管理パスワードと FTP サーバまたは SCP サーバへのアクセスが必要です。

これはシステムの停止を伴わない手順であり、完了までに約 2 時間かかります。

この手順の例では、 FC_switch_A_1 が正常に動作しているスイッチ、 FC_switch_B_1 が障害が発生したスイッチです。この例でのスイッチポートの用途を次の表に示します。

ロール ポート

FC-VI 接続

1/4

HBA 接続

2 、 3 、 5 、 6

FC-to-SAS ブリッジの接続

7 、 8

ISL 接続

36 、 40

例では、 FC-to-SAS ブリッジを 2 つ使用します。FC-to-SAS ブリッジが 3 つ以上ある場合は、追加のポートを無効にしてから有効にする必要があります。

推奨される用途に従ってスイッチポートを割り当ててください。

手順
  1. 正常に動作しているスイッチの ISL ポートを無効にして、障害が発生したスイッチをフェンシングします。

    次の手順は、正常に動作しているスイッチで実行します。

    1. 構成モードに入ります :+conf t

    2. 「 interface 」コマンドと「 hut 」コマンドを使用して、正常に動作しているスイッチの ISL ポートを無効にします。

      FC_switch_A_1# conf t
      FC_switch_A_1(config)# interface fc1/36
      FC_switch_A_1(config)# shut
      FC_switch_A_1(config)# interface fc1/40
      FC_switch_A_1(config)# shut
    3. 構成モードを終了し、構成をスタートアップ構成にコピーします。

      FC_switch_A_1(config)# end
      FC_switch_A_1# copy running-config startup-config
      FC_switch_A_1#
  2. 障害が発生したスイッチの FC-VI ポートと HBA ポートをフェンシングします(スイッチが稼働している場合)。

    次の手順は、障害が発生したスイッチで実行します。

    1. 構成モードに入ります :+conf t

    2. 障害が発生したスイッチが稼働している場合は、インターフェイスと shut コマンドを使用して、障害が発生したスイッチの FC-VI ポートと HBA ポートを無効にします。

      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/1
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/4
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/2-3
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/5-6
      FC_switch_B_1(config)# shut
    3. 構成モードを終了し、構成をスタートアップ構成にコピーします。

      FC_switch_B_1(config)# end
      FC_switch_B_1# copy running-config startup-config
      FC_switch_B_1#
  3. 障害が発生したスイッチが稼働している場合は、スイッチの WWN を確認します。

    *show wwn switch *

    FC_switch_B_1# show wwn switch
    Switch WWN is 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
    FC_switch_B_1#
  4. 交換用スイッチを物理的に設置する前に、スイッチをブートして事前設定します。

    この時点では、交換用スイッチは MetroCluster 構成にケーブル接続されていません。パートナースイッチの ISL ポートは無効(シャットモード)かつオフラインになっています。

    1. 交換用スイッチの電源をオンにして、ブートするのを待ちます。

    2. 交換用スイッチのファームウェアバージョンを調べて、他の FC スイッチのバージョンと一致していることを確認します。 +show version

    3. MetroCluster インストールおよび設定ガイドの説明に従って交換用スイッチを設定します(「 Cisco FC スイッチでのゾーニングの設定」セクションは省略します)。

    ゾーニングはこの手順の後半で設定します。

    1. 交換用スイッチの FC-VI 、 HBA 、およびストレージポートを無効にします。

      FC_switch_B_1# conf t
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/1
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/4
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/2-3
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/5-6
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1(config)# interface fc1/7-8
      FC_switch_B_1(config)# shut
      FC_switch_B_1# copy running-config startup-config
      FC_switch_B_1#
  5. 問題のあるスイッチを物理的に交換します。

    1. 障害が発生したスイッチの電源を切ります。

    2. 交換用スイッチの電源をオフにします。

    3. 障害が発生したスイッチのケーブルを外してスイッチを取り外し、どのケーブルがどのポートに接続されているかをメモします。

    4. 交換用スイッチをラックに取り付けます。

    5. 交換用スイッチを、障害が発生したスイッチとまったく同じ配線でケーブル接続します。

    6. 交換用スイッチの電源をオンにします。

  6. 交換用スイッチの ISL ポートを有効にします。

    FC_switch_B_1# conf t
    FC_switch_B_1(config)# interface fc1/36
    FC_switch_B_1(config)# no shut
    FC_switch_B_1(config)# end
    FC_switch_B_1# copy running-config startup-config
    FC_switch_B_1(config)# interface fc1/40
    FC_switch_B_1(config)# no shut
    FC_switch_B_1(config)# end
    FC_switch_B_1#
  7. 交換用スイッチの ISL ポートが動作していることを確認します。

    *show interface brief *

  8. 交換用スイッチのゾーニングを MetroCluster の設定に合わせて調整します。

    1. 正常に動作しているファブリックからゾーニング情報を配信します。

      この例では、 FC_switch_B_1 が交換され、ゾーニング情報が FC_switch_A_1 から取得されます。

      FC_switch_A_1(config-zone)# zoneset distribute full vsan 10
      FC_switch_A_1(config-zone)# zoneset distribute full vsan 20
      FC_switch_A_1(config-zone)# end
    2. 交換用スイッチで、正常に動作しているスイッチからゾーニング情報が正しく取得されたことを確認します。 +*show zone *

      FC_switch_B_1# show zone
      zone name FC-VI_Zone_1_10 vsan 10
        interface fc1/1 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/4 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/1 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
        interface fc1/4 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
      
      zone name STOR_Zone_1_20_25A vsan 20
        interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/3 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/6 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
        interface fc1/3 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
        interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
        interface fc1/6 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
      
      zone name STOR_Zone_1_20_25B vsan 20
        interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/3 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/6 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
        interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
        interface fc1/3 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
        interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
        interface fc1/6 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
      FC_switch_B_1#
    3. スイッチの WWN を検索します。

      この例では、 2 つのスイッチの WWN は次のとおりです。

      • FC_switch_A_1 : 20 : 00 : 54 : 7F : ee : B8 : 24 : c0

      • FC_switch_B_1 : 20 : 00 : 54 : 7F : ee : C6 : 80 : 78

      FC_switch_B_1# show wwn switch
      Switch WWN is 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
      FC_switch_B_1#
      
      FC_switch_A_1# show wwn switch
      Switch WWN is 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
      FC_switch_A_1#
    4. 2 つのスイッチのスイッチ WWN に属していないゾーンメンバーを削除します。

      この例では ' 出力の no member interface は ' ファブリック内のどちらのスイッチのスイッチ WWN にも関連付けられていない次のメンバーを削除する必要があることを示しています

      • ゾーン名 FC-VI_Zone_1_10 VSAN 10

        • インターフェイス fc1/1 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/2 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

      • ゾーン名 STOR_Zone_1_20_25A VSAN 20

        • インターフェイス fc1/5 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/8 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/9 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/10 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/11 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

      • ゾーン名 STOR_Zone_1_20_25B VSAN 20

        • インターフェイス fc1/8 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/9 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/10 sWWN 20:00:54:7F: e:e3:86:50 を参照してください

        • インターフェイス fc1/11 sWWN 20:00:54:7F:ee:E3-86:50 次の例は、これらのインターフェイスの削除を示しています。

       FC_switch_B_1# conf t
       FC_switch_B_1(config)# zone name FC-VI_Zone_1_10 vsan 10
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/1 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# zone name STOR_Zone_1_20_25A vsan 20
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# zone name STOR_Zone_1_20_25B vsan 20
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# no member interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:e3:86:50
       FC_switch_B_1(config-zone)# save running-config startup-config
       FC_switch_B_1(config-zone)# zoneset distribute full 10
       FC_switch_B_1(config-zone)# zoneset distribute full 20
       FC_switch_B_1(config-zone)# end
       FC_switch_B_1# copy running-config startup-config
    5. 交換用スイッチのポートをゾーンに追加します。

      交換用スイッチのケーブル接続は、障害が発生したスイッチとすべて同じにする必要があります。

       FC_switch_B_1# conf t
       FC_switch_B_1(config)# zone name FC-VI_Zone_1_10 vsan 10
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/1 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# zone name STOR_Zone_1_20_25A vsan 20
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# zone name STOR_Zone_1_20_25B vsan 20
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# member interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
       FC_switch_B_1(config-zone)# save running-config startup-config
       FC_switch_B_1(config-zone)# zoneset distribute full 10
       FC_switch_B_1(config-zone)# zoneset distribute full 20
       FC_switch_B_1(config-zone)# end
       FC_switch_B_1# copy running-config startup-config
    6. ゾーニングが正しく構成されていることを確認します +*show zone *

      次の出力例は、 3 つのゾーンを示しています。

       FC_switch_B_1# show zone
         zone name FC-VI_Zone_1_10 vsan 10
           interface fc1/1 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/1 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/2 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
      
         zone name STOR_Zone_1_20_25A vsan 20
           interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
      
         zone name STOR_Zone_1_20_25B vsan 20
           interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:c6:80:78
           interface fc1/5 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/8 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/9 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/10 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
           interface fc1/11 swwn 20:00:54:7f:ee:b8:24:c0
       FC_switch_B_1#
    7. ストレージとコントローラへの接続を有効にします。

      次の例は、ポートの用途を示しています。

    FC_switch_A_1# conf t
    FC_switch_A_1(config)# interface fc1/1
    FC_switch_A_1(config)# no shut
    FC_switch_A_1(config)# interface fc1/4
    FC_switch_A_1(config)# shut
    FC_switch_A_1(config)# interface fc1/2-3
    FC_switch_A_1(config)# shut
    FC_switch_A_1(config)# interface fc1/5-6
    FC_switch_A_1(config)# shut
    FC_switch_A_1(config)# interface fc1/7-8
    FC_switch_A_1(config)# shut
    FC_switch_A_1# copy running-config startup-config
    FC_switch_A_1#
  9. ONTAP で MetroCluster 構成の動作を確認します。

    1. システムがマルチパスかどうかを確認します。 +* node run -node -name_sysconfig -a *

    2. 両方のクラスタにヘルス・アラートがないかどうかを確認します +* system health alert show *

    3. MetroCluster 構成と運用モードが正常な状態であることを確認します。

      「 * MetroCluster show * 」と入力します

    4. MetroCluster チェックを実行します。

      「 * MetroCluster check run * 」のようになります

    5. MetroCluster チェックの結果を表示します :+* MetroCluster check show*

    6. スイッチにヘルス・アラートがあるかどうかを確認します(ある場合): +* storage switch show *

    7. Config Advisor を実行します。

    8. Config Advisor の実行後、ツールの出力を確認し、推奨される方法で検出された問題に対処します。