日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster FC 構成での構成の修復

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

スイッチオーバーに続いて、特定の順序で修復処理を実行して MetroCluster 機能をリストアする必要があります。

  • スイッチオーバーを実行済みで、サバイバーサイトがデータを提供している必要があります。

  • ディザスタサイトのノードが停止しているか、電源がオフのままになっている必要があります。

    修復プロセスでは、これらのノードを完全にブートしないでください。

  • ディザスタサイトのストレージにアクセスできる(シェルフは電源がオンで稼働しており、アクセス可能である)必要があります。

  • ファブリック接続 MetroCluster 構成では、スイッチ間リンク( ISL )が稼働している必要があります。

  • 4 ノード MetroCluster 構成では、サバイバーサイトのノードが HA フェイルオーバー状態でない(各 HA ペアのすべてのノードが稼働中である)必要があります。

修復処理は、最初にデータアグリゲートで実行し、次にルートアグリゲートで実行する必要があります。