日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster IP 構成での構成の修復( ONTAP 9.4 以前)

寄稿者 netapp-ranuk NetAppZacharyWambold ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

スイッチバック処理の準備として、アグリゲートを修復する必要があります。

修復手順を実行するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • スイッチオーバーを実行済みで、サバイバーサイトがデータを提供している必要があります。

  • ディザスタサイトのストレージシェルフの電源がオンで稼働しており、アクセス可能である必要があります。

  • ISL が稼働中である必要があります。

  • サバイバーサイトのノードが HA フェイルオーバー状態でない(両方のノードが稼働中である)必要があります。

このタスクでは、 ONTAP 9.5 より前のバージョンを実行している環境 MetroCluster IP 構成のみを行います。

この手順は、 MetroCluster FC 構成の修復手順とは異なります。

手順
  1. スイッチオーバーされたサイトの各コントローラモジュールの電源をオンにして、完全にブートします。

    システムに LOADER プロンプトが表示されたら、「 boot_ontap 」コマンドを実行します。

  2. ルートアグリゲートの修復フェーズ「 MetroCluster heal root-aggregates 」を実行します

    cluster_A::> metrocluster heal root-aggregates
    [Job 137] Job succeeded: Heal Root-Aggregates is successful

    修復が拒否された場合は、 MetroCluster heal-rootaggregates コマンドを --override-vetoes パラメータで再実行できます。このオプションパラメータを使用すると、修復処理を妨げるソフトな拒否はすべて無視されます。

  3. アグリゲートを再同期します。「 MetroCluster heal aggregates 」

    cluster_A::> metrocluster heal aggregates
    [Job 137] Job succeeded: Heal Aggregates is successful

    修復が拒否された場合は、 -override-vetoes パラメータを指定して MetroCluster heal コマンドを再実行できます。このオプションパラメータを使用すると、修復処理を妨げるソフトな拒否はすべて無視されます。

  4. 正常なクラスタで MetroCluster operation show コマンドを実行して、修復処理が完了したことを確認します。

    cluster_A::> metrocluster operation show
      Operation: heal-aggregates
          State: successful
     Start Time: 7/29/2017 20:54:41
       End Time: 7/29/2017 20:54:42
         Errors: -