日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster 構成の健全性の確認

寄稿者 netapp-ranuk このページの PDF をダウンロード

移行を実行する前に、 MetroCluster 構成の健全性と接続を確認する必要があります

  1. ONTAP で MetroCluster 構成の動作を確認します。

    1. システムがマルチパスであるかどうかを確認します。「 node run -node node-name sysconfig -a ` 」

    2. 両方のクラスタにヘルスアラートがないかどうかを確認します。 'system health alert show'

    3. MetroCluster 構成と動作モードが正常であることを確認します。 MetroCluster show

    4. MetroCluster チェック「 MetroCluster check run 」を実行します

    5. MetroCluster チェックの結果を表示します。「 MetroCluster check show 」

    6. スイッチにヘルスアラートがないかどうかを確認します(ある場合):「 storage switch show 」

    7. Config Advisor を実行します。

    8. Config Advisor の実行後、ツールの出力を確認し、推奨される方法で検出された問題に対処します。

  2. クラスタが正常であることを確認します :cluster show

    cluster_A::> cluster show
    Node           Health  Eligibility   Epsilon
    -------------- ------  -----------   -------
    node_A_1_FC    true    true          false
    node_A_2_FC    true    true          false
    
    cluster_A::>
  3. すべてのクラスタポートが up であることを確認します。「 network port show -ipspace cluster 」

    cluster_A::> network port show -ipspace cluster
    
    Node: node_A_1_FC
    
                                                      Speed(Mbps) Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    
    Node: node_A_2_FC
    
                                                      Speed(Mbps) Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    
    4 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
  4. すべてのクラスタ LIF が up で動作していることを確認します。「 network interface show -vserver cluster 」

    各クラスタ LIF で、「 Is Home 」には「 true 」、「 Status Admin/Oper 」には「 up/up 」と表示される必要があります。

    cluster_A::> network interface show -vserver cluster
    
                Logical      Status     Network          Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- -----
    Cluster
                node_A-1_FC_clus1
                           up/up      169.254.209.69/16  node_A-1_FC   e0a     true
                node_A_1_FC_clus2
                           up/up      169.254.49.125/16  node_A_1_FC   e0b     true
                node_A_2_FC_clus1
                           up/up      169.254.47.194/16  node_A_2_FC   e0a     true
                node_A_2_FC_clus2
                           up/up      169.254.19.183/16  node_A_2_FC   e0b     true
    
    4 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
  5. すべてのクラスタ LIF で自動リバートが有効になっていることを確認します。「 network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert

    cluster_A::> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
              Logical
    Vserver   Interface     Auto-revert
    --------- ------------- ------------
    Cluster
               node_A_1_FC_clus1
                            true
               node_A_1_FC_clus2
                            true
               node_A_2_FC_clus1
                            true
               node_A_2_FC_clus2
                            true
    
        4 entries were displayed.
    
    cluster_A::>