日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster ® アップグレードおよび拡張ガイド

寄稿者 netapp-pcarriga netapp-thomi netapp-martyh netapp-ivanad

アップグレードまたは更新方法を選択します

使用するアップグレードまたは更新手順は、プラットフォームモデル、アップグレードの範囲、および MetroCluster 構成の種類によって異なります。

アップグレードと更新には、さまざまな種類の手順があります。

  • アップグレード手順はコントローラモジュールにのみ適用されます。コントローラが新しいコントローラモデルに置き換えられます。

    ストレージシェルフモデルはアップグレードされません。

    • スイッチオーバーとスイッチバックの手順では、パートナークラスタのコントローラモジュールをアップグレードしている間、 MetroCluster スイッチオーバー処理を使用してクライアントに無停止のサービスが提供されます。

    • ARL ベースコントローラのアップグレード手順では、アグリゲートの再配置処理を使用して、古い構成からアップグレード後の新しい構成へ、データを無停止で移動します。

  • 更新手順は、コントローラとストレージシェルフに適用されます。

    更新手順では、新しいコントローラとシェルフを MetroCluster 構成に追加して 2 つ目の DR グループを作成すると、データが新しいノードに無停止で移行されます。

    その後、元のコントローラが撤去されます。

アグリゲートの再配置を使用しない手順を選択しています

アップグレードまたは更新のタイプ

MetroCluster タイプ

最初の ONTAP バージョンのサポート

手順

  • 範囲:プラットフォーム(コントローラモジュール)のみ

  • 方法:自動スイッチオーバー / スイッチバック

FC

9.10.1

  • 範囲:プラットフォーム(コントローラモジュール)のみ

  • 方法:スイッチオーバー / スイッチバック

FC

9.8

  • 範囲:プラットフォーム(コントローラモジュール)のみ

  • 方法:スイッチオーバー / スイッチバック

IP

9.8

  • 範囲:プラットフォーム(コントローラモジュール)とストレージシェルフ

  • 方法: MetroCluster 設定を展開して古いノードを削除します

FC

9.6 以降

  • 範囲:プラットフォーム(コントローラモジュール)とストレージシェルフ

  • 方法: MetroCluster 設定を展開して古いノードを削除します

IP

9.8