日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RCF ファイルの適用およびスイッチの再接続

寄稿者 netapp-thomi netapp-martyh netapp-ivanad

RCF ファイルを適用して、新しいノードに対応するようにゾーニングを再設定する必要があります。

手順
  1. 使用している構成用の RCF ファイルを探します。

    使用しているスイッチモデルに対応した 8 ノード構成用の RCF ファイルを使用する必要があります。

  2. ダウンロードページの指示に従って RCF ファイルを適用し、必要に応じて ISL 設定を調整します。

  3. スイッチの設定が保存されていることを確認します。

  4. FC スイッチをリブートします。

  5. 作成したケーブルレイアウトを使用して、既存の FC-to-SAS ブリッジと新しい FC-to-SAS ブリッジの両方を FC スイッチにケーブル接続します。

    リファレンス構成ファイル( RCF )を使用できるようにするためには、 FC スイッチポートの用途が、 _ ファブリック接続 MetroCluster インストールおよび設定ガイド _ に記載されている MetroCluster 8 ノードの用途と同じである必要があります。

    注記 RCF ファイルを使用できるようにケーブル接続できない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。RCF ファイルを使用できないケーブル接続の場合は、この手順を使用しないでください。
  6. スイッチに対応したコマンドを使用して、ポートがオンラインであることを確認します。

    スイッチベンダー

    コマンドを実行します

    Brocade

    SwitchShow

    シスコ

    インターフェイスの概要を表示します

  7. 作成したケーブルレイアウトを使用して、既存のコントローラの FC-VI ポートを新しいコントローラにケーブル接続します。

    リファレンス構成ファイル( RCF )を使用できるようにするためには、 FC スイッチポートの用途が、 _ ファブリック接続 MetroCluster インストールおよび設定ガイド _ に記載されている MetroCluster 8 ノードの用途と同じである必要があります。

    注記 RCF ファイルを使用できるようにケーブル接続できない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。RCF ファイルを使用できないケーブル接続の場合は、この手順を使用しないでください。
  8. 既存のノードから、 FC-VI ポートがオンラインであることを確認します。

    MetroCluster インターコネクト・アダプタ・ショー

    MetroCluster interconnect mirror show

  9. 現在のコントローラの HBA ポートを新しいコントローラにケーブル接続します。

  10. 既存のコントローラモジュールで、メンテナンス中のスイッチファブリックに接続されているポートを有効にします。

    「 storage port enable -NODE-NODE-NAME_-PORT_PORT_ID_` 」

  11. 新しいコントローラを起動し、メンテナンスモードでブートします。

    「 boot_ontap maint 」を使用してください

  12. 新しい DR グループが使用するストレージのみが新しいコントローラモジュールに認識されることを確認します。

    他の DR グループが使用するストレージが認識されないようにしてください。

  13. このプロセスの最初に戻り、 2 つ目のスイッチファブリックを再ケーブル接続します。