日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいコントローラのブートおよびクラスタへの追加

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

新しいコントローラをクラスタに追加するには、新しい各コントローラモジュールをブートし、 ONTAP クラスタセットアップウィザードを使用して、参加するクラスタを特定する必要があります。

MetroCluster 構成のケーブル接続を完了しておく必要があります。

このタスクを実行する前に、サービスプロセッサの設定を済ませておく必要があります。

このタスクは、 MetroCluster 構成の両方のクラスタにある新しい各コントローラで実行する必要があります。

手順
  1. 各ノードに電源が入っていない場合は、電源を投入してブートします。

    システムが保守モードになっている場合は、問題 the 'halt コマンドを使用して保守モードを終了し、 LOADER プロンプトから次のコマンドを問題します。

    「 boot_ontap 」

    コントローラモジュールがノードセットアップウィザードを開始します。

    次のような出力が表示されます。

    Welcome to node setup
    
    You can enter the following commands at any time:
      "help" or "?" - if you want to have a question clarified,
      "back" - if you want to change previously answered questions, and
      "exit" or "quit" - if you want to quit the setup wizard.
    				Any changes you made before quitting will be saved.
    
    To accept a default or omit a question, do not enter a value.
    .
    .
    .
  2. システムの指示に従って AutoSupport ツールを有効にします。

  3. プロンプトに従ってノード管理インターフェイスを設定します。

    次のようなプロンプトが表示されます。

    Enter the node management interface port: [e0M]:
    Enter the node management interface IP address: 10.228.160.229
    Enter the node management interface netmask: 225.225.252.0
    Enter the node management interface default gateway: 10.228.160.1
  4. ノードがハイアベイラビリティモードで設定されていることを確認します。

    「 storage failover show -fields mode 」を選択します

    そうでない場合は、各ノードで次のコマンドを問題処理してからノードをリブートする必要があります。

    「 storage failover modify -mode ha -node localhost 」を参照してください

    このコマンドを実行するとハイアベイラビリティモードが設定されますが、ストレージフェイルオーバーは有効になりません。ストレージ・フェイルオーバーは ' 構成プロセスの後半で MetroCluster configure コマンドを問題すると ' 自動的に有効になります

  5. クラスタインターコネクトとして 4 つのポートが構成されていることを確認します。

    「 network port show 」のように表示されます

    次の例は、 cluster_A の 2 台のコントローラについての出力です2 ノード MetroCluster 構成の場合、出力に表示されるノードは 1 つだけです。

    cluster_A::> network port show
                                                                 Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace      Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- ------------ ---------------- ----- ------- ------------
    node_A_1
           **e0a       Cluster      Cluster          up       1500  auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up       1500  auto/1000**
           e0c       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0d       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0e       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0f       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0g       Default      Default          up       1500  auto/1000
    node_A_2
           **e0a       Cluster      Cluster          up       1500  auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up       1500  auto/1000**
           e0c       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0d       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0e       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0f       Default      Default          up       1500  auto/1000
           e0g       Default      Default          up       1500  auto/1000
    14 entries were displayed.
  6. CLI を使用してクラスタをセットアップするため、ノードのセットアップウィザードを終了します。

    「 exit

  7. admin ユーザ名を使用して admin アカウントにログインします

  8. クラスタセットアップウィザードを開始し、既存のクラスタに参加します。

    クラスタ・セットアップ

    ::> cluster setup
    
    Welcome to the cluster setup wizard.
    
    You can enter the following commands at any time:
      "help" or "?" - if you want to have a question clarified,
      "back" - if you want to change previously answered questions, and
      "exit" or "quit" - if you want to quit the cluster setup wizard.
         Any changes you made before quitting will be saved.
    
    You can return to cluster setup at any time by typing "cluster setup".
    To accept a default or omit a question, do not enter a value.
    
    
    Do you want to create a new cluster or join an existing cluster? {create, join}:`join`
  9. クラスタセットアップ * ウィザードが完了したら、次のコマンドを入力して、クラスタがアクティブで、ノードが正常であることを確認します。

    「 cluster show 」を参照してください

    次の例は、第 1 ノードが含まれるクラスタ( cluster1-01 )が正常に機能しており、クラスタへの参加条件を満たしていることを示しています。

    cluster_A::> cluster show
    Node               Health  Eligibility
    ------------------ ------- ------------
    node_A_1           true    true
    node_A_2           true    true
    node_A_3           true    true

    管理 SVM またはノード SVM に対して入力した設定のいずれかを変更する必要がある場合は、「 cluster setup command 」を使用して「 * Cluster Setup * 」ウィザードにアクセスできます。