日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ルートアグリゲートをミラーリング

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

データ保護を提供するには、ルートアグリゲートをミラーする必要があります。

デフォルトでは、ルートアグリゲートは RAID-DP タイプのアグリゲートとして作成されます。ルートアグリゲートのタイプは RAID-DP から RAID4 に変更することができます。次のコマンドは、ルートアグリゲートを RAID4 タイプのアグリゲートに変更します。

storage aggregate modify –aggregate aggr_name -raidtype raid4
ADP 以外のシステムでは、ミラーリングの実行前後に、アグリゲートの RAID タイプをデフォルトの RAID-DP から RAID4 に変更できます。
手順
  1. ルートアグリゲートをミラーします。

    「 storage aggregate mirror _aggr_name _ 」のようになります

    次のコマンドでは、 controller_A_1 のルートアグリゲートがミラーされます。

    controller_A_1::> storage aggregate mirror aggr0_controller_A_1

    これによりアグリゲートがミラーされるため、ローカルのプレックスとリモートのプレックスがリモートの MetroCluster サイトに配置されたアグリゲートが作成されます。

  2. MetroCluster 構成の各ノードについて、同じ手順を繰り返します。