日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

( PowerVM を使用しない AIX MPIO ) AIX で LUN を検出して設定する

PowerVM なしで AIX を使用している場合は、 cfgmgr コマンドを使用して、ホストで LUN を検出できます。LUN を検出するためにホストをリブートする必要はありません。ホストで LUN が検出されたことを確認するには、 sanlun ユーティリティを使用できます。

注記 以降の手順は、 PowerVM 環境を実行しているホストには適用されません。
手順
  1. ホストに root としてログインします。

  2. AIX ホストで、次のコマンドを入力して、新しく作成した LUN を検出します。

    "cfgmgr"

    cfgmgr コマンドを使用すると、次のような利点があります。

    • ファブリックにログインするイニシエータ。

    • 新しいデバイスを確認するシステム。

    • 新しいデバイスエントリを作成するシステム。

  3. NetApp LUN を含むすべての AIX ディスクを表示するには、次のコマンドを入力します。

    「 lsdev - Cc disk 」を参照してください

    ホストでは、 LUN がディスクとして表示されます。ホストのローカルディスクと同じ方法でこれらのディスクを使用できます。Host Utilities の一部としてインストールされたホスト設定の ODM ファイルでは、 LUN が NetApp FCP ディスクとして表示されます。

    hdisk インスタンス番号を書き留めます。これらのパラメータは、パス設定の実行時に使用します。

    次に、 lsdev -Cc disk コマンドで生成される、 FC を使用する環境の出力のタイプを示します。

    # lsdev -Cc disk
    hdisk0 Available 08-08-00-5,0 16 Bit LVD SCSI Disk Drive
    hdisk1 Available 08-08-00-8,0 16 Bit LVD SCSI Disk Drive
    hdisk2 Available 04-08-02  MPIO NetApp FCP Default PCM Disk
    hdisk3 Available 04-08-02  MPIO NetApp FCP Default PCM Disk
    hdisk4 Available 04-08-02  MPIO NetApp FCP Default PCM Disk
    hdisk5 Available 04-08-02  MPIO NetApp FCP Default PCM Disk
  4. 次のコマンドを入力して、セットアップに関する情報を取得します。

    lsattr - El hdisk_name

    このコマンドの出力は次のとおりです。

    # lsattr -El hdisk65
    PCM   PCM/friend/NetApp   PCM Path Control Module          False
    PR_key_value    none                             Persistant Reserve Key Value            True
    algorithm       round_robin                      Algorithm                               True
    clr_q           no                               Device CLEARS its Queue on error        True
    dist_err_pcnt   0                                Distributed Error Sample Time           True
    dist_tw_width   50                               Distributed Error Sample Time           True
    hcheck_cmd      inquiry                          Health Check Command                    True
    hcheck_interval 30                               Health Check Interval                   True
    hcheck_mode     nonactive                        Health Check Mode                       True
    location                                         Location Label                          True
    lun_id          0x2000000000000                  Logical Unit Number ID                  False
    lun_reset_spt   yes                              LUN Level Reset                         True
    max_transfer    0x100000                         Maximum TRANSFER Size                   True
    node_name       0x500a0980894ae0e0               FC Node Name                            False
    pvid            00067fbad453a1da0000000000000000 Physical volume identifier              False
    q_err           yes                              Use QERR bit                            True
    q_type          simple                           Queuing TYPE                            True
    qfull_dly       2                                Delay in seconds for SCSI TASK SET FULL True
    queue_depth     64                               Queue DEPTH                             True
    reassign_to     120                              REASSIGN time out value                 True
    reserve_policy  no_reserve                       Reserve Policy                          True
    rw_timeout      30                               READ/WRITE time out value               True
    scsi_id         0xd10001                         SCSI ID                                 False
    start_timeout   60                               START unit time out value               True
    ww_name         0x500a0984994ae0e0               FC World Wide Name                      False
  5. ALUA をサポートする構成の場合は、 ALUA を使用してパス優先度を設定できます。ALUA が有効になっていることを確認します。

    「 lun igroup show -instance igroup_name 」を参照してください

    1. ALUA が有効になっていない場合は有効にします。

      「 igroup set igroup_name alua yes

  6. ALUA をサポートしない構成の場合は、 dotpaths ユーティリティを実行してパス優先度を設定する必要があります。dotpaths ユーティリティは、 Host Utilities のインストール時にインストールします。ALUA が有効になっている場合は、 dotpaths ユーティリティを使用しないでください。

    1. すべての Data ONTAP LUN に優先度を設定するには、次のように入力します。

      「パス」

    2. 特定のディスク・セットにプライオリティを設定するには、次のように入力します。

      「 dotpaths [-HQv] [hdiskN…​] 」

    詳細モードを有効にし、すべての優先順位を表示するには、「 -v 」オプションを使用します。すべてまたは個々のディスクの優先順位を照会するには '-q オプションを使用します

  7. ホストで LUN が検出されたことを確認するには、次のコマンドを入力します。

    「 #sanlun lun show 」というエラーが表示されます

    この例は、 MPIO マルチパス環境での「 lun lun show 」コマンドの典型的な出力を示しています。

    sanlun lun show -p
    
                        ONTAP Path: fas3170-aix03:/vol/ibmbc_aix01b14_fcp_vol8/ibmbc-aix01b14_fcp_lun0
                               LUN: 8
                          LUN Size: 3g
               Controller CF State: Cluster Enabled
                Controller Partner: fas3170-aix04
                       Host Device: hdisk9
                              Mode: 7
                Multipath Provider: AIX Native
            Multipathing Algorithm: round_robin
    --------- ----------- ------ ------- ---------------------------------------------- ----------
    host      controller  AIX            controller                                     AIX MPIO
    path      path        MPIO   host    target                                         path
    state     type        path   adapter port                                           priority
    --------- ----------- ------ ------- ---------------------------------------------- ----------
    up        secondary   path0  fcs0    3b                                             1
    up        primary     path1  fcs0    3a                                             1
    up        secondary   path2  fcs0    3a                                             1
    up        primary     path3  fcs0    3b                                             1
    up        secondary   path4  fcs0    4b                                             1
    up        secondary   path5  fcs0    4a                                             1
    up        primary     path6  fcs0    4b                                             1
    up        primary     path7  fcs0    4a                                             1
    up        secondary   path8  fcs1    3b                                             1
    up        primary     path9  fcs1    3a                                             1
    up        secondary   path10 fcs1    3a                                             1
    up        primary     path11 fcs1    3b                                             1
    up        secondary   path12 fcs1    4b                                             1
    up        secondary   path13 fcs1    4a                                             1
    up        primary     path14 fcs1    4b                                             1
    up        primary     path15 fcs1    4a                                             1