日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP を使用した Windows Server 2012 R2 の NVMe/FC ホスト構成

寄稿者 netapp-cplumer netapp-aherbin

サポート性

ONTAP 9.7 以降では、 Windows Server 2012 の NVMe/FC がサポートされます。

Broadcom イニシエータは、 NVMe/FC と FCP の両方のトラフィックを同じ 32G FC アダプタポートで処理できます。FCP および FC/NVMe の場合は、 Microsoft Multipath I/O ( MPIO ;マルチパス I/O )オプションとして MSDSM を使用してください。

を参照してください "Hardware Universe" サポートされる FC アダプタおよびコントローラの一覧を表示するには、を参照してください。サポートされている構成およびバージョンの最新のリストについては、を参照してください 。

既知の制限

ONTAP NVMe/FC では、 ONTAP は現在 NVMe/FC での永続的予約をサポートしていないため、 Windows Failover Cluster ( WFC ; Windows フェイルオーバークラスタ)はサポートされません。

注記 Broadcom for Windows NVMe/FC によって出荷された外部ドライバは、真の NVMe/FC ドライバではなく、トランスレーショナル SCSI の一時的な NVMe ドライバです。このトランスレーショナルのオーバーヘッドは必ずしもパフォーマンスに影響するわけではありませんが、 NVMe/FC のパフォーマンス上の利点には影響しません。したがって、 Windows サーバでは、 NVMe/FC と FCP のパフォーマンスは同じです。 Linux などの他のオペレーティングシステムでは、 FCP よりも NVMe/FC のパフォーマンスが大幅に向上します。

Windows イニシエータホストでの NVMe/FC の有効化

Windows イニシエータホストで FC / NVMe を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. Windows ホストに OneCommand Manager ユーティリティをインストールします。

  2. 各 HBA イニシエータポートで、次の HBA ドライバパラメータを設定します。

    • EnableNVMe = 1

    • NVMEMode = 0

    • 転送サイズ = 1

  3. ホストをリブートします。

Windows での NVMe / FC 用の Broadcom FC アダプタの設定

Windows 環境の FC/NVMe 用 Broadcom アダプタでは 'hostnqn' が各 HBA ポートに関連付けられます「 + hostnqn+' 」は次のようにフォーマットされます。

nqn.2017-01.com.broadcom:ecd:nvmf:fc:100000109b1b9765
nqn.2017-01.com.broadcom:ecd:nvmf:fc:100000109b1b9766

Windows ホストで NVMe デバイスの MPIO を有効にする

  1. Windows Host Utility Kit 7.1 をインストールして、 FC と NVMe の両方に共通のドライバパラメータを設定します。

  2. MPIO のプロパティを開きます。

  3. [* マルチパスの検出 * ] タブで、 NVMe 用にリストされたデバイス ID を追加します。

    MPIO は NVMe デバイスを認識し、 NVMe デバイスはディスク管理の下に表示されます。

  4. 「 * ディスクの管理」を開き、「 * ディスクのプロパティ * 」に移動します。

  5. [MPIO] タブで、 [Details] をクリックします。

  6. 次の MSDSM 設定を設定します。

    • PathVerififiedPeriod : * 10 *

    • PathVerifyEnabled : * Enable *

    • RetryCount : * 6 *

    • 再試行間隔: * 1 *

    • PDORemovedPeriod : * 130*

  7. MPIO ポリシー * サブセット付きラウンドロビン * を選択します。

  8. レジストリ値を変更します。

    HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\mpio\Parameters\PathRecoveryInterval DWORD -> 30
    
    HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\mpio \Parameters\ UseCustomPathRecoveryInterval  DWORD-> 1
  9. ホストをリブートします。

    これで、 Windows ホストで NVMe の設定が完了しました。

NVMe/FC を検証しています

  1. ポートタイプが FC + NVMe であることを確認します。

    NVMe が有効になったので ' 次のように '+ Port Type+' が FC+NVMe' として表示されます

    PS C:\Program Files\Emulex\Util\OCManager> .\hbacmd listhba
    
    Manageable HBA List
    
    Port WWN       : 10:00:00:10:9b:1b:97:65
    Node WWN       : 20:00:00:10:9b:1b:97:65
    Fabric Name    : 10:00:c4:f5:7c:a5:32:e0
    Flags          : 8000e300
    Host Name      : INTEROP-57-159
    Mfg            : Emulex Corporation
    Serial No.     : FC71367217
    Port Number    : 0
    Mode           : Initiator
    PCI Bus Number : 94
    PCI Function   : 0
    Port Type      : FC+NVMe
    Model          : LPe32002-M2
    
    Port WWN       : 10:00:00:10:9b:1b:97:66
    Node WWN       : 20:00:00:10:9b:1b:97:66
    Fabric Name    : 10:00:c4:f5:7c:a5:32:e0
    Flags          : 8000e300
    Host Name      : INTEROP-57-159
    Mfg            : Emulex Corporation
    Serial No.     : FC71367217
    Port Number    : 1
    Mode           : Initiator
    PCI Bus Number : 94
    PCI Function   : 1
    Port Type      : FC+NVMe
    Model          : LPe32002-M2
  2. NVMe/FC サブシステムが検出されたことを確認してください。

    「 nvme-list` 」コマンドは、 NVMe/FC によって検出されたサブシステムを一覧表示します。

    PS C:\Program Files\Emulex\Util\OCManager> .\hbacmd nvme-list 10:00:00:10:9b:1b:97:65
    
    Discovered NVMe Subsystems for 10:00:00:10:9b:1b:97:65
    
    NVMe Qualified Name     :  nqn.1992-08.com.netapp:sn.a3b74c32db2911eab229d039ea141105:subsystem.win_nvme_interop-57-159
    Port WWN                :  20:09:d0:39:ea:14:11:04
    Node WWN                :  20:05:d0:39:ea:14:11:04
    Controller ID           :  0x0180
    Model Number            :  NetApp ONTAP Controller
    Serial Number           :  81CGZBPU5T/uAAAAAAAB
    Firmware Version        :  FFFFFFFF
    Total Capacity          :  Not Available
    Unallocated Capacity    :  Not Available
    
    NVMe Qualified Name     :  nqn.1992-08.com.netapp:sn.a3b74c32db2911eab229d039ea141105:subsystem.win_nvme_interop-57-159
    Port WWN                :  20:06:d0:39:ea:14:11:04
    Node WWN                :  20:05:d0:39:ea:14:11:04
    Controller ID           :  0x0181
    Model Number            :  NetApp ONTAP Controller
    Serial Number           :  81CGZBPU5T/uAAAAAAAB
    Firmware Version        :  FFFFFFFF
    Total Capacity          :  Not Available
    Unallocated Capacity    :  Not Available
    Note: At present Namespace Management is not supported by NetApp Arrays.
    PS C:\Program Files\Emulex\Util\OCManager> .\hbacmd nvme-list 10:00:00:10:9b:1b:97:66
    
    Discovered NVMe Subsystems for 10:00:00:10:9b:1b:97:66
    
    NVMe Qualified Name     :  nqn.1992-08.com.netapp:sn.a3b74c32db2911eab229d039ea141105:subsystem.win_nvme_interop-57-159
    Port WWN                :  20:07:d0:39:ea:14:11:04
    Node WWN                :  20:05:d0:39:ea:14:11:04
    Controller ID           :  0x0140
    Model Number            :  NetApp ONTAP Controller
    Serial Number           :  81CGZBPU5T/uAAAAAAAB
    Firmware Version        :  FFFFFFFF
    Total Capacity          :  Not Available
    Unallocated Capacity    :  Not Available
    
    NVMe Qualified Name     :  nqn.1992-08.com.netapp:sn.a3b74c32db2911eab229d039ea141105:subsystem.win_nvme_interop-57-159
    Port WWN                :  20:08:d0:39:ea:14:11:04
    Node WWN                :  20:05:d0:39:ea:14:11:04
    Controller ID           :  0x0141
    Model Number            :  NetApp ONTAP Controller
    Serial Number           :  81CGZBPU5T/uAAAAAAAB
    Firmware Version        :  FFFFFFFF
    Total Capacity          :  Not Available
    Unallocated Capacity    :  Not Available
    
    Note: At present Namespace Management is not supported by NetApp Arrays.
  3. ネームスペースが作成されていることを確認します。

    「 nvme-list-ns` 」コマンドは、ホストに接続されているネームスペースを一覧表示する、指定された NVMe ターゲットのネームスペースを一覧表示します。

    PS C:\Program Files\Emulex\Util\OCManager> .\HbaCmd.exe nvme-list-ns 10:00:00:10:9b:1b:97:66 20:08:d0:39:ea:14:11:04 nq
    .1992-08.com.netapp:sn.a3b74c32db2911eab229d039ea141105:subsystem.win_nvme_interop-57-159 0
    
    
    Active Namespaces (attached to controller 0x0141):
    
                                           SCSI           SCSI           SCSI
       NSID           DeviceName        Bus Number    Target Number     OS LUN
    -----------  --------------------  ------------  ---------------   ---------
    0x00000001   \\.\PHYSICALDRIVE9         0               1              0
    0x00000002   \\.\PHYSICALDRIVE10        0               1              1
    0x00000003   \\.\PHYSICALDRIVE11        0               1              2
    0x00000004   \\.\PHYSICALDRIVE12        0               1              3
    0x00000005   \\.\PHYSICALDRIVE13        0               1              4
    0x00000006   \\.\PHYSICALDRIVE14        0               1              5
    0x00000007   \\.\PHYSICALDRIVE15        0               1              6
    0x00000008   \\.\PHYSICALDRIVE16        0               1              7