日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

追加情報の参照先

クラスタを拡張したら、新しいノードに新しいボリュームを作成するか、既存のデータを新しいノードに移動することで、新しいノードにデータを格納することができます。

クラスタで SnapMirror 関係または SnapVault 関係を使用してデータを保護する場合は、を参照してください "クラスタと SVM のピア関係設定" ガイドを参照して、新しいノードに適したクラスタ間 LIF をセットアップします。

新しく追加したノードにデータを移動する場合は、次の情報を使用できます。

  • "SAN 管理"

    LUN 、 igroup 、ターゲットの設定など、クラスタ SAN 環境の iSCSI 、 FCoE 、および FC プロトコルを設定および管理する方法について説明します。

  • "論理ストレージ管理"

    FlexVol 、 FlexClone ボリューム、ファイルと LUN 、 FlexCache ボリュームなど、クラスタ内の論理ストレージリソースを管理する方法について説明します。 重複排除、圧縮、 qtree 、およびクォータを使用する。

  • "ONTAP の概念"

    クラスタの論理ストレージリソースの概念について説明します。 FlexVol ボリューム、 FlexClone ボリューム、ファイルと LUN 、 FlexCache ボリュームなどが含まれます。 重複排除、圧縮、 qtree 、およびクォータを使用する。