日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SSD を既存のストレージプールに追加する場合と新規作成する場合の考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad

SSD キャッシュのサイズは、既存の SSD ストレージプールに SSD を追加する方法と、新しい SSD ストレージプールを作成する方法の 2 つで拡張できます。最適な方法は、ストレージの構成と計画によって異なります。

ストレージプールを新規作成するか既存のストレージプールにストレージ容量を追加するかを選択するは、 RAID グループを新規作成するか既存にストレージを追加するかどうかを決定することに似ています。

  • 多数の SSD を追加する場合、ストレージプールを新規作成すると新しいストレージプールを既存とは別の方法で割り当てることができるため、柔軟性が増します。

  • 追加する SSD が少数であり、既存の Flash Pool キャッシュのサイズ増加が問題ではない場合は、 SSD を既存のストレージプールに追加することで、スペアとパリティのコストを抑制し、新しいストレージを自動的に割り当てます。

ストレージプールが、キャッシュの RAID タイプが異なる Flash Pool アグリゲートに割り当て単位を提供している場合に、ストレージプールのサイズを最大 RAID 4 RAID グループサイズを超えると、 RAID 4 割り当て単位で新たに追加されたパーティションは使用されません。