日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 SVM に iSCSI プロトコルを設定します

System Managerクラシック(ONTAP 9.7以前で使用可能)を使用して、Storage Virtual Machine(SVM)でiSCSIプロトコルを設定してブロックレベルのデータアクセスを提供できます。iSCSI LIF とポートセットを作成し、 LIF をポートセットに追加できます。最適なアダプタで LIF が作成され、データパスの冗長性を確保するためにポートセットに割り当てられます。

作業を開始する前に
  • クラスタで iSCSI ライセンスが有効になっている必要があります。

    SVM で iSCSI プロトコルが有効になっていない場合は、 Storage Virtual Machine の編集ウィンドウを使用して SVM のプロトコルを有効にできます。

  • クラスタのすべてのノードが正常である必要があります。

  • 各ノードには少なくとも 2 つのデータポートが必要であり、ポートの状態は「 up 」でなければなりません。

このタスクについて
  • iSCSI プロトコルは、 SVM の作成時に設定することも、あとで設定することもできます。

  • SnapLock アグリゲートは、ボリュームの自動作成の対象としては考慮されません。

手順
  1. SVM の作成時に iSCSI プロトコルを設定していない場合は、 * Storage * > * SVMs * をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. 「 * ネットワーク・アクセス * 」セクションで、 iSCSI ターゲットのエイリアスを指定します。

    エイリアス名の最大文字数は 128 文字です。ターゲットのエイリアスを指定しない場合は、 SVM 名がエイリアスとして使用されます。

  5. 単一のノードに割り当てることができる iSCSI LIF の数を指定します。

    ノードあたりの LIF の最小数は 1 です。最大数は、ノード全体の「 up 」状態のすべてのポートの最小数です。最大値が奇数の場合は、 1 つ前の偶数が最大値とみなされます。最小値と最大値の範囲に任意の偶数を選択できます。

    4 ノードクラスタでは 'node1' node2 ' および node3 にはそれぞれ 'up' 状態の 6 つのポートがあり 'node4 には 'up' 状態の 7 つのポートがありますこの場合、クラスタに実際に設定可能な最大値は 6 です。

    ノードに LIF を 3 個以上割り当てる場合、各 LIF に少なくともポートセットを 1 つ割り当てる必要があります。

  6. サブネットの詳細も含めて、 iSCSI LIF を作成するためのネットワークの詳細を指定します。

    状況 作業

    サブネットを使用して IP アドレスを指定します

    1. サブネットを使用する * を選択します。

    2. Add Details ダイアログボックスで、 IP アドレスを割り当てるサブネットを選択します。

      クラスタ間 LIF の場合、選択した IPspace に関連付けられているサブネットだけが表示されます。

    3. インターフェイスに特定の IP アドレスを割り当てる場合は、 * 特定の IP アドレスを使用する * を選択して、 IP アドレスを入力します。

      指定した IP アドレスがサブネット内にない場合、追加されます。

    4. [OK] をクリックします。

    サブネットを使用せずに手動で IP アドレスを指定します

    1. サブネットなし * を選択します。

    2. [ 詳細の追加 ] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

      1. IP アドレスとネットワークマスクまたはプレフィックスを指定します。

      2. オプション:ゲートウェイを指定します。

      3. Destination フィールドにデフォルト値を使用しない場合は、新しい宛先値を指定します。

        送信先の値を指定しない場合は、 IP アドレスのファミリーに基づいて、 Destination フィールドにデフォルト値が設定されます。

      ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーションに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。

    3. [OK] をクリックします。

  7. ブロードキャストドメインを選択してください。

  8. アダプタタイプを選択します。

    クラスタに NIC カードが設定されている場合は、 * nic * を選択してください。

    クラスタに CNS カードが設定されている場合は、 [CNA] を選択する必要があります。

    クラスタに ifgrp が設定されている場合は、「 * インターフェイスグループ * 」を選択する必要があります。

    注記

    ifgrp ポートはブロードキャストドメインに追加する必要があります。

  9. iSCSI プロトコルを設定する際に、 LUN サイズ、 LUN の OS タイプ、およびホストイニシエータの詳細を指定して iSCSI ストレージ用の LUN をプロビジョニングします。

  10. 自動生成された iSCSI LIF の設定を確認または変更する場合は、「 * LIF 設定の確認または変更(詳細設定) * 」を選択します。

    変更できるのは、 LIF 名とホームポートだけです。ポートセットは、デフォルトでは最小値に設定されます。一意のエントリを指定する必要があります。重複した LIF 名を指定すると、 System Manager によって末尾に番号が付加されます。

    選択したポートセットに基づいて、 LIF がラウンドロビン方式でポートセットに割り当てられます。これにより、ノードまたはポートで障害が発生した場合の冗長性が確保されます。

  11. [Submit & Continue] をクリックします。

指定した設定で iSCSI LIF とポートセットが作成され、選択したポートセットに基づいて、 LIF がポートセットに割り当てられます。すべての LIF が正常に作成されると、 iSCSI サービスが開始されます。

LIF の作成に失敗した場合は、ネットワークインターフェイスウィンドウを使用して LIF を作成し、 LUN ウィンドウでポートセットに割り当ててから、 iSCSI ウィンドウを使用して iSCSI サービスを開始できます。