日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

保護ポリシーを作成する

System Manager を使用して、非同期ミラーポリシー、バックアップポリシー、またはミラーとバックアップのポリシーを作成し、作成したポリシーをデータ保護関係に適用することができます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. 保護ポリシーを作成する Storage Virtual Machine ( SVM )を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [* Policies * (ポリシー * ) ] ペインで、 [* Protection Policies (保護ポリシー * ) ] をクリックします。

  4. [ 作成( Create ) ] をクリックします。

  5. [ ポリシーの作成 *] ダイアログボックスで、作成するポリシータイプを選択します。

  6. ポリシー名と転送の優先順位を指定します。

    転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。デフォルトでは、優先度は Normal に設定されます。

  7. 非同期ミラー・タイプのポリシーの場合は '[* すべてのソース Snapshot コピーを転送 *] チェック・ボックスを選択して 'all_source_snapshots' ルールをミラー・ポリシーに含めますこれにより ' ソース・ボリュームのすべての Snapshot コピーがバックアップされます

  8. [ ネットワーク圧縮を有効にする *] チェックボックスをオンにして、データ転送中に転送されるデータを圧縮します。

  9. [ コメントの追加 ] をクリックして、ポリシーのコメントを追加します。

  10. バックアップまたはミラーバックアップタイプのポリシーの場合は、 SnapMirror ラベルとデスティネーションの保持数を指定します。

  11. [ 作成( Create ) ] をクリックします。