日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージシステムインターフェイスでの iSCSI サービスの有効化と無効化

寄稿者 netapp-ivanad

System Manager を使用してネットワークインターフェイスを有効または無効にすることで、 iSCSI 通信に使用するネットワークインターフェイスを制御できます。iSCSI サービスが有効な場合、 iSCSI の接続と要求は、 iSCSI に対して有効になっているネットワークインターフェイス上で許可されますが、無効になっているインターフェイス上では許可されません。

インターフェイスを現在使用している iSCSI 接続および iSCSI セッションをすべて終了しておく必要があります。デフォルトでは、 iSCSI ライセンスを有効にすると、すべてのイーサネットインターフェイスで iSCSI サービスが有効になります。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. iSCSI Interfaces * 領域で、 iSCSI サービスを有効または無効にするインターフェイスを選択します。

  5. 必要に応じて、 Enable または Disable をクリックします。

    • 関連情報 *