日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

追加情報の参照先

ディザスタリカバリの設定をテストする場合や災害の発生時にデスティネーションボリュームをアクティブ化する方法については、別のドキュメントで説明しています。災害発生後にソースボリュームを再アクティブ化する方法も、それらのドキュメントで確認できます。

  • ボリュームディザスタリカバリ

    ONTAP で災害の発生後にデスティネーションボリュームをアクティブ化し、リカバリ後にソースボリュームを再アクティブ化する簡単な方法について説明しています。

  • "データ保護"

    リモートシステムへの Snapshot コピーと SnapMirror レプリケーションを使用してデータ損失を防ぐ方法について説明します

  • "Active IQ Unified Manager 9.8 ワークフロー:クラスタ健全性管理"

    OnCommand (旧 Active IQ Unified Manager Unified Manager )の詳細な概念情報に加え、 Web UI を使用したタスクの実行方法とトラブルシューティングに関する情報が記載されています。

  • "ONTAP の概念"

    SnapMirror テクノロジを使用したディザスタリカバリの概念情報が記載されています。