日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Broadcom 対応 BES-53248 クラスタスイッチを使用して、ネットアップのスイッチクラスタ環境に移行します

既存の 2 ノードスイッチレスクラスタ環境を使用している場合は、 Broadcom 対応 BES-53248 クラスタスイッチを使用して 2 ノードスイッチクラスタ環境に移行し、 3 ノード以上にクラスタを拡張できます。

2 ノードスイッチレス構成:

  • 2 ノードスイッチレス構成が適切にセットアップされて機能している必要があります。

  • ノードで ONTAP 9.5P8 以降が実行されている必要があります。40/100GbE クラスタポートのサポートは、 EFOS ファームウェアバージョン 3.4.4.6 以降から開始されます。

  • すべてのクラスタポートが up 状態になっている必要があります。

  • すべてのクラスタ LIF (論理インターフェイス)が、 up 状態でホームポートにある必要があります。

Broadcom 対応 BES-53248 クラスタスイッチ構成:

  • BES-53248 クラスタスイッチが両方のスイッチで完全に機能できる状態になっている必要があります。

  • 両方のスイッチに管理ネットワーク接続が必要です。

  • クラスタスイッチへのコンソールアクセスが必要です。

  • BES-53248 ノード間スイッチおよびスイッチ間接続には、 Twinax ケーブルまたはファイバケーブルを使用する必要があります。

    ONTAP の互換性、サポートされている EFOS ファームウェア、 BES-53248 スイッチへのケーブル接続に関する情報については、 NetApp __ Hardware Universe を参照してください。

  • スイッチ間リンク( ISL )ケーブルが、両方の BES-53248 スイッチのポート 0/55 と 0/56 に接続されている必要があります。

  • 両方の BES-53248 スイッチの初期カスタマイズを完了しておく必要があります。次のようにします。

    • BES-53248 スイッチで最新バージョンのソフトウェアが実行されている

    • BES-53248 スイッチにはオプションのポートライセンスがインストールされています(購入済みの場合)

    • リファレンス構成ファイル( RCF )がスイッチに適用されている場合

      SMTP 、 SNMP 、 SSH などのサイトのカスタマイズは、新しいスイッチで設定する必要があります。

この手順の例では、クラスタスイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • BES-53248 スイッチの名前は「 cs1 」と「 cs2 」です。

  • クラスタ SVM の名前は 'node1' および 'node2' です

  • LIF の名前は、ノード 1 では「 node1_clus1' 」、ノード 2 では「 node2_clus1' 」、それぞれ「 node2_clus2 」です。

  • 「 cluster1 :: * > 」プロンプトは、クラスタの名前を示します。

  • この手順で使用されるクラスタ・ポートは 'e0a' と e0b です

    プラットフォームの実際のクラスタポートの最新情報については、 Hardware Universe を参照してください。

手順
  1. このクラスタで AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。

    「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= xh 」というメッセージが表示されます

    x は、メンテナンス時間の長さ(時間単位)です。

    注記 AutoSupport メッセージはテクニカルサポートにこのメンテナンスタスクについて通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。

    次のコマンドは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。

    cluster1::*> system node autosupport invoke -node \* -type all -message MAINT=2h
  2. 権限レベルを advanced に変更します。続行するかどうかを尋ねられたら、「 * y * 」と入力します。

    「 advanced 」の権限が必要です

    詳細プロンプト (`*>') が表示されます

  3. 新しいクラスタスイッチ cs1 * と * cs2 の両方で、アクティブになっているノード側ポート( ISL ポートではない)をすべて無効にします。

    注記 ISL ポートを無効にしないでください。

    次の例は、スイッチ cs1 でノードに接続されたポート 1~16 が無効になっていることを示しています。

    (cs1)# configure
    (cs1)(Config)# interface 0/1-0/16
    (cs1)(Interface 0/1-0/16)# shutdown
    (cs1)(Interface 0/1-0/16)# exit
    (cs1)(Config)# exit
  4. 2 つの BES-53248 スイッチ cs1 と cs2 間の ISL で ISL ポートと物理ポートが「 up 」になっていることを確認します。

    'how port-channel

    次の例は、スイッチ cs1 上の ISL ポートが up になっていることを示しています。

    (cs1)# show port-channel 1/1
    Local Interface................................ 1/1
    Channel Name................................... Cluster-ISL
    Link State..................................... Up
    Admin Mode..................................... Enabled
    Type........................................... Dynamic
    Port channel Min-links......................... 1
    Load Balance Option............................ 7
    (Enhanced hashing mode)
    
    Mbr    Device/       Port       Port
    Ports  Timeout       Speed      Active
    ------ ------------- ---------  -------
    0/55   actor/long    100G Full  True
           partner/long
    0/56   actor/long    100G Full  True
           partner/long
    (cs1) #

    次の例は、スイッチ cs2 上の ISL ポートが up になっていることを示しています。

    (cs2)# show port-channel 1/1
    Local Interface................................ 1/1
    Channel Name................................... Cluster-ISL
    Link State..................................... Up
    Admin Mode..................................... Enabled
    Type........................................... Dynamic
    Port channel Min-links......................... 1
    Load Balance Option............................ 7
    (Enhanced hashing mode)
    
    Mbr    Device/       Port       Port
    Ports  Timeout       Speed      Active
    ------ ------------- ---------  -------
    0/55   actor/long    100G Full  True
           partner/long
    0/56   actor/long    100G Full  True
           partner/long
    (cs2) #
  5. 隣接デバイスのリストを表示します。

    「 isdp 隣人」

    このコマンドは、システムに接続されているデバイスに関する情報を提供します。

    次の例は、スイッチ cs1 上の隣接デバイスを示しています。

    (cs1)# show isdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge,
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater
    Device ID      Intf     Holdtime  Capability   Platform    Port ID
    -------------- -------- --------- ------------ ----------- ---------
    cs2            0/55     176       R            BES-53248   0/55
    cs2            0/56     176       R            BES-53248   0/56

    次の例は、スイッチ cs2 上の隣接デバイスを表示します。

    (cs2)# show isdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge,
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater
    Device ID      Intf     Holdtime  Capability   Platform    Port ID
    -------------- -------- --------- ------------ ----------- ---------
    cs2            0/55     176       R            BES-53248   0/55
    cs2            0/56     176       R            BES-53248   0/56
  6. すべてのクラスタポートが「 up 」になっていることを確認します。

    「 network port show -ipspace cluster 」のように表示されます

    各ポートは 'Link' と 'HealthStatus' の場合に Healthy と表示されるはずです

    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    
    Node: node1
    
                                                      Speed(Mbps) Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    
    Node: node2
    
                                                      Speed(Mbps) Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    
    4 entries were displayed.
  7. すべてのクラスタ LIF が「 up 」で動作していることを確認します。「 network interface show -vserver Cluster

    各クラスタ LIF には「 Is Home 」の「 true 」が表示され、「 TStatus Admin/Oper 」には「 up/up 」が表示されます

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- -----
    Cluster
                node1_clus1  up/up    169.254.209.69/16  node1         e0a     true
                node1_clus2  up/up    169.254.49.125/16  node1         e0b     true
                node2_clus1  up/up    169.254.47.194/16  node2         e0a     true
                node2_clus2  up/up    169.254.19.183/16  node2         e0b     true
    4 entries were displayed.
  8. すべてのクラスタ LIF で「 auto-revert 」が有効になっていることを確認します。「 network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
              Logical
    Vserver   Interface     Auto-revert
    --------- ------------- ------------
    Cluster
              node1_clus1   true
              node1_clus2   true
              node2_clus1   true
              node2_clus2   true
    
    4 entries were displayed.
  9. ノード 1 のクラスタポート e0a からケーブルを外し、クラスタスイッチ cs1 のポート 1 に e0a を接続します。これには、 BES-53248 スイッチでサポートされている適切なケーブル接続を使用します。

    ケーブル接続の詳細については、 NetApp Hardware Universe _ を参照してください。

  10. ノード 2 のクラスタポート e0a からケーブルを外し、クラスタスイッチ cs1 のポート 2 に e0a を接続します。これには、 BES-53248 スイッチでサポートされている適切なケーブル接続を使用します。

  11. クラスタスイッチ cs1 のすべてのノード側ポートを有効にします。

    次の例は、スイッチ cs1 でポート 1~16 が有効になっていることを示しています。

    (cs1)# configure
    (cs1)(Config)# interface 0/1-0/16
    (cs1)(Interface 0/1-0/16)# no shutdown
    (cs1)(Interface 0/1-0/16)# exit
    (cs1)(Config)# exit
  12. すべてのクラスタ LIF が up であり、運用可能であり、 Is Home に「 true 」と表示されていることを確認します。

    「 network interface show -vserver Cluster 」のように表示されます

    次の例では、すべての LIF がノード 1 とノード 2 で up になっていて、 Is Home の結果が「 true 」であることを示します。

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
             Logical      Status     Network            Current     Current Is
    Vserver  Interface    Admin/Oper Address/Mask       Node        Port    Home
    -------- ------------ ---------- ------------------ ----------- ------- ----
    Cluster
             node1_clus1  up/up      169.254.209.69/16  node1       e0a     true
             node1_clus2  up/up      169.254.49.125/16  node1       e0b     true
             node2_clus1  up/up      169.254.47.194/16  node2       e0a     true
             node2_clus2  up/up      169.254.19.183/16  node2       e0b     true
    
    4 entries were displayed.
  13. クラスタ内のノードのステータスに関する情報を表示します。

    「 cluster show 」を参照してください

    次の例は、クラスタ内のノードの健全性と参加資格に関する情報を表示します。

    cluster1::*> cluster show
    
    Node                 Health  Eligibility   Epsilon
    -------------------- ------- ------------  ------------
    node1                true    true          false
    node2                true    true          false
    
    2 entries were displayed.
  14. ノード 1 のクラスタポート e0b からケーブルを外し、 BES-53248 スイッチでサポートされている適切なケーブル接続に従って、クラスタスイッチ cs2 のポート 1 に接続します。

  15. ノード 2 のクラスタポート e0b からケーブルを外し、 BES-53248 スイッチでサポートされている適切なケーブル接続に従って、クラスタスイッチ cs2 のポート 2 に接続します。

  16. クラスタスイッチ cs2 のすべてのノード側ポートを有効にします。

    次の例は、スイッチ cs2 でポート 1~16 が有効になっていることを示しています。

    (cs2)# configure
    (cs2)(Config)# interface 0/1-0/16
    (cs2)(Interface 0/1-0/16)# no shutdown
    (cs2)(Interface 0/1-0/16)# exit
    (cs2)(Config)# exit
  17. すべてのクラスタポートが「 up 」になっていることを確認します。

    「 network port show -ipspace cluster 」のように表示されます

    次の例は、ノード 1 とノード 2 のすべてのクラスタポートが up になっていることを示しています。

    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    
    Node: node1
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    Node: node2
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    4 entries were displayed.
  18. すべてのインターフェイスに Is Home の true が表示されていることを確認します。

    「 network interface show -vserver Cluster 」のように表示されます

    注記 この処理が完了するまでに数分かかることがあります。

    次の例では、すべての LIF がノード 1 とノード 2 で up になっていて、 Is Home の結果が「 true 」であることを示します。

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
              Logical      Status     Network            Current    Current Is
    Vserver   Interface    Admin/Oper Address/Mask       Node       Port    Home
    --------- ------------ ---------- ------------------ ---------- ------- ----
    Cluster
              node1_clus1  up/up      169.254.209.69/16  node1      e0a     true
              node1_clus2  up/up      169.254.49.125/16  node1      e0b     true
              node2_clus1  up/up      169.254.47.194/16  node2      e0a     true
              node2_clus2  up/up      169.254.19.183/16  node2      e0b     true
    
    4 entries were displayed.
  19. 両方のノードのそれぞれで、各スイッチに 1 つの接続があることを確認します。

    「 isdp 隣人」

    次の例は、両方のスイッチの該当する結果を示しています。

    (cs1)# show isdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge,
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater
    Device ID      Intf         Holdtime  Capability   Platform -- Port ID
    -------------- ------------ --------- ------------ ----------- ----------
    node1          0/1          175       H            FAS2750     e0a
    node2          0/2          157       H            FAS2750     e0a
    cs2            0/55         178       R            BES-53248   0/55
    cs2            0/56         178       R            BES-53248   0/56
    
    
    (cs2)# show isdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge,
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater
    Device ID      Intf         Holdtime  Capability   Platform    Port ID
    -------------- ------------ --------- ------------ ----------- ------------
    node1          0/1          137       H            FAS2750     e0b
    node2          0/2          179       H            FAS2750     e0b
    cs1            0/55         175       R            BES-53248   0/55
    cs1            0/56         175       R            BES-53248   0/56
  20. クラスタ内で検出されたネットワークデバイスに関する情報を表示します。

    「 network device-discovery show -protocol cdp 」と入力します

    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node2      /cdp
                e0a    cs1                       0/2               BES-53248
                e0b    cs2                       0/2               BES-53248
    node1      /cdp
                e0a    cs1                       0/1               BES-53248
                e0b    cs2                       0/1               BES-53248
    
    4 entries were displayed.
  21. 設定が無効になっていることを確認します。

    network options switchless-cluster show

    注記 コマンドが完了するまでに数分かかることがあります。3 分間の有効期間が終了することを通知するアナウンスが表示されるまで待ちます。

    次の例では 'false' の出力は ' 構成設定が無効になっていることを示しています

    cluster1::*> network options switchless-cluster show
    Enable Switchless Cluster: false
  22. クラスタ内のノードメンバーのステータスを確認します。

    「 cluster show 」を参照してください

    次の例は、クラスタ内のノードの健全性と参加資格に関する情報を表示します。

    cluster1::*> cluster show
    
    Node                 Health  Eligibility   Epsilon
    -------------------- ------- ------------  --------
    node1                true    true          false
    node2                true    true          false
  23. 次のコマンドを使用して、クラスタネットワークが完全に接続されていることを確認します。

    'cluster ping-cluster -node-node-name-'

    cluster1::*> cluster ping-cluster -node local
    
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 192.168.168.26 node1 e0a
    Cluster node1_clus2 192.168.168.27 node1 e0b
    Cluster node2_clus1 192.168.168.28 node2 e0a
    Cluster node2_clus2 192.168.168.29 node2 e0b
    Local = 192.168.168.28 192.168.168.29
    Remote = 192.168.168.26 192.168.168.27
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 1500 byte MTU on 4 path(s):
        Local 192.168.168.28 to Remote 192.168.168.26
        Local 192.168.168.28 to Remote 192.168.168.27
        Local 192.168.168.29 to Remote 192.168.168.26
        Local 192.168.168.29 to Remote 192.168.168.27
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  24. 権限レベルを admin に戻します。

    「特権管理者」

  25. ケースの自動作成を抑制した場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出して作成を再度有効にします。

    「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= end 」というメッセージが表示されます

    cluster1::*> system node autosupport invoke -node \* -type all -message MAINT=END

のクラスタスイッチログ収集機能の設定を参照してください "『 Switch Setup and Configuration Guide for Broadcom Supported BES-53248 switches 』を参照してください" スイッチ関連のログファイルの収集に使用されるクラスタ健常性スイッチのログ収集を有効にするために必要な手順については、を参照してください。

  • 関連情報 *