日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しい BES-53248 クラスタスイッチを構成します

寄稿者 netapp-martyh netapp-yvonneo

この章で説明する手順を実行すると、新しい BES-53248 クラスタスイッチを構成できます。

ONTAP を実行しているシステムに BES-53248 クラスタスイッチを取り付けるには、まず IP アドレスと構成を設定して、スイッチが管理インターフェイスを介して通信できるようにします。次に、イーサネットファブリック OS ( EFOS )ソフトウェア、リファレンス構成ファイル( RCF )、およびその他のライセンスを必要に応じてインストールできます。この手順は、コントローラを追加する前に BES-53248 スイッチを準備するためのものです。さらに、 BES-53248 クラスタスイッチのクラスタスイッチヘルスモニタ( CSHM )をサポートするために必要な構成ファイルのインストールが必要になる場合があります。を参照してください "クラスタスイッチヘルスモニタ( CSHM )構成ファイルのインストール" 詳細:

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • ネットアップのスイッチ名は cs1 と cs2 です。

  • この手順で使用している例では、 2 番目のスイッチ _cs2 でアップグレードが開始されます。 _

  • クラスタ LIF の名前は、ノード 1 では node1_clus1 と node1_clus2 、ノード 2 では node2_clus1 と node2_clus2 です。

  • IPspace 名は Cluster です。

  • 「 cluster1 :: > 」プロンプトは、クラスタの名前を示します。

  • 各ノードのクラスタポートの名前は e0a および e0b です。

    プラットフォームでサポートされている実際のクラスタポートについては、 Hardware Universe を参照してください。

  • ネットアップのスイッチでサポートされているスイッチ間リンク( ISL )は、ポート 0/55 と 0/56 です。

  • ネットアップのスイッチでサポートされているノード接続は、デフォルトのライセンスを使用したポート 0/1~0/16 です。

  • この手順の例では 2 つのノードを使用していますが、 1 つのクラスタには最大 24 のノードを含めることができます。