日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CN1610 クラスタスイッチを Cisco Nexus 3132Q-V クラスタスイッチに交換します

CN1610 クラスタスイッチを Cisco Nexus 3132Q-V クラスタスイッチに交換する場合は、特定の設定情報、ポート接続、およびケーブル接続要件に注意する必要があります。

  • 次のクラスタスイッチがサポートされます。

    • NetApp CN1610

    • Cisco Nexus 3132Q-V の 2 つのポートを設定します

  • クラスタスイッチは、次のノード接続をサポートします。

    • NetApp CN1610 :ポート 0/1~0/12 ( 10GbE )

    • Cisco Nexus 3132Q-V :ポート e1/1~30 ( 40/100GbE )

  • クラスタスイッチは、次のスイッチ間リンク( ISL )ポートを使用します。

    • NetApp CN1610 :ポート 0/13~0/16 ( 10GbE )

    • Cisco Nexus 3132Q-V :ポート e1/31~32 ( 40/100GbE )

  • "Hardware Universe" Nexus 3132Q-V スイッチでサポートされているケーブル接続に関する情報が含まれています。

    • 10GbE クラスタ接続のノードには、 QSFP-SFP+ 光ファイバブレークアウトケーブルまたは QSFP+ 銅線ブレークアウトケーブルが必要です

    • 40 / 100GbE クラスタ接続に対応した QSFP / QSFP28 光モジュールには、光ファイバケーブルまたは QSFP / QSFP28 銅線直接接続ケーブルが必要です

  • 適切な ISL ケーブル接続は次のとおりです。

    • 初期: CN1610 から CN1610 ( SFP+ から SFP+ )の場合は、 SFP+ 光ファイバケーブルまたは銅線直接接続ケーブル 4 本

    • 中間: CN1610 から Nexus 3132Q-V ( QSFP から 4 SFP+ ブレークアウト)の場合は、 QSFP から SFP+ 光ファイバまたは銅線ブレークアウトケーブル × 1

    • 最終: Nexus 3132Q-V から Nexus 3132Q-V ( QSFP28 から QSFP28 )の場合は、 QSFP28 光ファイバケーブルまたは銅線直接接続ケーブル 2 本

  • NetApp Twinax ケーブルは、 Cisco Nexus 3132Q-V スイッチには対応していません。

    現在の CN1610 構成で、クラスタノード間の接続または ISL 接続に NetApp Twinax ケーブルを使用しており、ご使用の環境で Twinax を引き続き使用する場合は、 Cisco Twinax ケーブルを使用する必要があります。または、 ISL 接続とクラスタノード / スイッチ間の接続に光ファイバケーブルを使用することもできます。

  • Nexus 3132Q-V スイッチでは、 QSFP/QSFP28 ポートを 40/100Gb イーサネットモードまたは 10Gb イーサネットモード × 4 として使用できます。

    デフォルトでは、 40/100Gb イーサネットモードには 32 個のポートがあります。これらの 40 Gb イーサネットポートには、 2 タプルの命名規則で番号が付けられます。たとえば、 2 番目の 40 Gb イーサネットポートには、 1/2 という番号が付けられます。構成を 40 Gb イーサネットから 10 Gb イーサネットに変更するプロセスは _ ブレークアウト _ と呼ばれ、構成を 10 Gb イーサネットから 40 Gb イーサネットに変更するプロセスは _ ブレークイン _ と呼ばれます。40/100Gb イーサネットポートを 10Gb イーサネットポートに分割すると、結果として生成されるポートには 3 組の命名規則に従って番号が付けられます。たとえば、 2 番目の 40 Gb イーサネットポートのブレークアウトポートには、 1/2/1 、 1/2/2 、 1/2/3 、および 1/2/4 の番号が付けられます。

  • Nexus 3132Q-V スイッチの左側には、 4 つの SFP+ ポートが 1 つ目の QSFP ポートに多重化されています。

    デフォルトでは、 Reference Configuration File ( RCF ;リファレンス構成ファイル)は最初の QSFP ポートを使用するように構成されています。

    「 hardware profile front portmode sf-plus 」コマンドを使用すると、 Nexus 3132Q-V スイッチの QSFP ポートの代わりに 4 つの SFP+ ポートをアクティブにできます。同様に、「 hardware profile front portmode QSFP 」コマンドを使用すると、 Nexus 3132Q-V スイッチをリセットして、 4 つの SFP+ ポートではなく QSFP ポートを使用できます。

    注記 最初の 4 つの SFP+ ポートを使用すると、最初の 40GbE QSFP ポートは無効になります。
  • 10GbE または 40/100GbE で実行するために、 Nexus 3132Q-V スイッチの一部のポートを設定しておく必要があります。

    最初の 6 つのポートを 4 つの 10 GbE モードに分割するには、「 interface breakout module 1 port 1-6 map 10g-4x 」コマンドを使用します。同様に 'no interface breakout module 1 port 1-6 map 10g-4x コマンドを使用して '_breakout 構成の最初の 6 つの QSFP+ ポートをグループ化し直すことができます

  • ノードから Nexus 3132Q-V クラスタスイッチへの 10GbE および 40/100GbE 接続に関する必要なドキュメントを計画、移行しておく必要があります。

  • この手順 でサポートされている ONTAP と NX-OS のバージョンをに示します "Cisco イーサネットスイッチ" ページ

  • この手順 でサポートされている ONTAP および FastPath のバージョンをに示します "NetApp CN1601 / CN1610 スイッチ" ページ