日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco Nexus 3132Q-V クラスタスイッチに NX-OS ソフトウェアと RCF をインストールします

Cisco NX-OS ソフトウェアおよびリファレンス構成ファイル( RCF )を Cisco Nexus 3132Q-V クラスタスイッチにインストールする必要があります。

クラスタスイッチに NX-OS ソフトウェアおよび RCF をインストールする前に、次の条件が満たされている必要があります。

  • クラスタが完全に機能している必要があります(ログにエラーがあるなどの問題が発生していない)。

  • NX-OS だけをインストールして現在の RCF バージョンをそのまま使用する場合は、目的のブートイメージを反映するように、 RCF で必要なブート設定を確認または設定しておく必要があります。

  • 現在のブートイメージを反映するようにブート設定を変更する必要がある場合は、あとでリブートしたときに正しいバージョンがインスタンス化されるように、 RCF を再適用する前に変更する必要があります。

  • RCF のインストール時に必要なスイッチへのコンソール接続が必要です。

  • のスイッチ互換性の表を参照してください "Cisco イーサネットスイッチ" サポートされている ONTAP 、 NX-OS 、および RCF のバージョンに対応したページです。

  • RCF のコマンド構文と、 NX-OS のバージョンにあるコマンド構文との間には、コマンドの依存関係が存在する場合があります。

  • の Cisco スイッチのアップグレードおよびダウングレード手順の詳細については、 Cisco の Web サイトで入手可能な、適切なソフトウェアおよびアップグレードガイドを参照しておく必要があります "Cisco Nexus 3000 シリーズスイッチ"

  • 最新の RCF が必要です。

この手順の例では、 2 つのノードを使用します。これらのノードは 'e0a' と 'e0b' の 2 つの 10GbE クラスタ・インターコネクト・ポートを使用します

を参照してください "Hardware Universe" をクリックして、プラットフォームのクラスタポートが正しいことを確認します。

注記 コマンド出力は、 ONTAP のリリースによって異なる場合があります。

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • 2 つの Cisco スイッチの名前は 'CS1' および CS2' です

  • ノード名は「 cluster1-01 」と「 cluster1-02 」です。

  • クラスタ LIF の名前は、 cluster1-01 には「 cluster1-01 」、 cluster1-02 には「 cluster1-02 」、 cluster1-02 には「 cluster1-02 」、 cluster1-02 には「 cluster1-02 」をそれぞれ指定します。

  • 「 cluster1 :: * > 」プロンプトは、クラスタの名前を示します。

注記 手順 では、 ONTAP コマンドと Cisco Nexus 3000 シリーズスイッチコマンドの両方を使用する必要があります。特に明記されていないかぎり、 ONTAP コマンドを使用します。
手順
  1. このクラスタで AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。

    「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= x h 」というメッセージが表示されます

    ここで、 _ x _ はメンテナンス時間の長さ(時間)です。

    注記 AutoSupport メッセージはテクニカルサポートにこのメンテナンスタスクについて通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。
  2. 権限レベルを advanced に変更します。続行するかどうかを尋ねられたら、「 * y * 」と入力します。

    「 advanced 」の権限が必要です

    詳細プロンプト (`*>') が表示されます

  3. クラスタインターコネクトスイッチごとに、各ノードに設定されているクラスタインターコネクトインターフェイスの数を表示します。

    「 network device-discovery show -protocol cdp 」と入力します

    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------- --------
    cluster1-02/cdp
                e0a    cs1                       Eth1/2            N3K-C3132Q-V
                e0b    cs2                       Eth1/2            N3K-C3132Q-V
    cluster1-01/cdp
                e0a    cs1                       Eth1/1            N3K-C3132Q-V
                e0b    cs2                       Eth1/1            N3K-C3132Q-V
    
    4 entries were displayed.
  4. 各クラスタインターフェイスの管理ステータスまたは動作ステータスを確認します。

    1. ネットワークポートの属性を表示します。

      network port show – ipspace Cluster

      cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
      
      Node: cluster1-02
                                                        Speed(Mbps) Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
      
      Node: cluster1-01
                                                        Speed(Mbps) Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
      
      4 entries were displayed.
    2. LIF に関する情報を表示します。

      「 network interface show -vserver Cluster 」のように表示されます

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
                Logical            Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface          Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ------------------ ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    Cluster
                cluster1-01_clus1  up/up      169.254.209.69/16  cluster1-01   e0a     true
                cluster1-01_clus2  up/up      169.254.49.125/16  cluster1-01   e0b     true
                cluster1-02_clus1  up/up      169.254.47.194/16  cluster1-02   e0a     true
                cluster1-02_clus2  up/up      169.254.19.183/16  cluster1-02   e0b     true
    
    4 entries were displayed.
  5. リモートクラスタ LIF に ping を実行します。

    'cluster ping-cluster -node-node-name-'

    cluster1::*> cluster ping-cluster -node cluster1-02
    Host is cluster1-02
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster cluster1-01_clus1 169.254.209.69 cluster1-01     e0a
    Cluster cluster1-01_clus2 169.254.49.125 cluster1-01     e0b
    Cluster cluster1-02_clus1 169.254.47.194 cluster1-02     e0a
    Cluster cluster1-02_clus2 169.254.19.183 cluster1-02     e0b
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  6. すべてのクラスタ LIF で「 auto-revert 」コマンドが有効になっていることを確認します。

    network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert を実行します

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
              Logical
    Vserver   Interface           Auto-revert
    --------- ––––––-------------- ------------
    Cluster
              cluster1-01_clus1   true
              cluster1-01_clus2   true
              cluster1-02_clus1   true
              cluster1-02_clus2   true
    4 entries were displayed.
  7. ONTAP 9.8 以降では、次のコマンドを使用して、イーサネットスイッチヘルスモニタのログ収集機能を有効にし、スイッチ関連のログファイルを収集します。

    「システムスイッチイーサネットログセットアップ - パスワード」

    「システムスイッチのイーサネットログの有効化」

    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    Enter the switch name: <return>
    The switch name entered is not recognized.
    Choose from the following list:
    cs1
    cs2
    
    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    
    Enter the switch name: cs1
    RSA key fingerprint is e5:8b:c6:dc:e2:18:18:09:36:63:d9:63:dd:03:d9:cc
    Do you want to continue? {y|n}::[n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    
    Enter the switch name: cs2
    RSA key fingerprint is 57:49:86:a1:b9:80:6a:61:9a:86:8e:3c:e3:b7:1f:b1
    Do you want to continue? {y|n}:: [n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system  switch ethernet log enable-collection
    
    Do you want to enable cluster log collection for all nodes in the cluster?
    {y|n}: [n] y
    
    Enabling cluster switch log collection.
    
    cluster1::*>
    注記 これらのコマンドのいずれかでエラーが返される場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。
  8. ONTAP リリース 9.5P16 、 9.6P12 、および 9.7P10 以降のパッチリリースでは、次のコマンドを使用して、イーサネットスイッチヘルスモニタのログ収集機能を有効にし、スイッチ関連のログファイルを収集します。

    「 system cluster-switch log setup -password 」と入力します

    'system cluster-switch log enable-colion

    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    Enter the switch name: <return>
    The switch name entered is not recognized.
    Choose from the following list:
    cs1
    cs2
    
    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: cs1
    RSA key fingerprint is e5:8b:c6:dc:e2:18:18:09:36:63:d9:63:dd:03:d9:cc
    Do you want to continue? {y|n}::[n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: cs2
    RSA key fingerprint is 57:49:86:a1:b9:80:6a:61:9a:86:8e:3c:e3:b7:1f:b1
    Do you want to continue? {y|n}:: [n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system cluster-switch log enable-collection
    
    Do you want to enable cluster log collection for all nodes in the cluster?
    {y|n}: [n] y
    
    Enabling cluster switch log collection.
    
    cluster1::*>
    注記 これらのコマンドのいずれかでエラーが返される場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。