日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

2 ノードスイッチレスクラスタから Cisco Nexus 3232C クラスタスイッチを使用したクラスタへの移行

2 ノードスイッチレスクラスタを Cisco Nexus 3232C クラスタスイッチでクラスタに移行する場合は、特定の設定情報、ポート接続、およびケーブル接続要件に注意する必要があります。

"Cisco Ethernet Switches のページ" に、この手順 でサポートされている ONTAP と NX-OS のバージョンに関する情報を示します。

移行プロセスを開始する前に、次の情報を確認しておく必要があります。

  • ノード接続に使用可能なポート

    クラスタスイッチは、 Inter-Switch Link ( ISL ;スイッチ間リンク)ポート e1/31~32 を使用します。-

  • クラスタ接続用の適切なケーブル:

    • 10GbE クラスタ接続のノードには、ブレークアウト光ケーブルまたは QSFP / SFP+ 銅線ブレークアウトケーブルを備えた QSFP 光モジュールが必要です。

    • 40/100GbE クラスタ接続が確立されたノードでは、サポート対象の QSFP/QSFP28 光モジュール(ファイバケーブルまたは QSFP/QSFP28 銅線直接接続ケーブルを使用)が必要です。

    • クラスタスイッチには、適切な ISL ケーブル接続が必要です。 QSFP28 ファイバケーブルまたは銅線直接接続ケーブルが 2 本必要です。

    注記

    を参照してください "_ Hardware Universe _" Nexus 3232C スイッチを使用したシステムのケーブル接続の詳細については、を参照してください。