日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CN1610 クラスタスイッチを Cisco Nexus 3232C クラスタスイッチに移行する方法

クラスタ内の既存の CN1610 クラスタスイッチを Cisco Nexus 3232C クラスタスイッチに交換するには、特定の順序でタスクを実行する必要があります。

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • ノードが n1 、 n2 、 n3 、 n4 である。

  • コマンド出力は、 ONTAP ソフトウェアのリリースによって異なる場合があります。

  • 交換する CN1610 スイッチは CL1 と CL2 です。

  • CN1610 スイッチの代わりに使用する Nexus 3232C スイッチは C1 と C2 です。

  • n1_clus1 は、ノード n1 のクラスタスイッチ 1 ( CL1 または C1 )に接続された最初のクラスタ論理インターフェイス( LIF )です。

  • n1_clus2 は、ノード n1 のクラスタスイッチ 2 ( CL2 または c2 )に接続された最初のクラスタ LIF です。

  • n1_clus3 は、ノード n1 のクラスタスイッチ 2 ( CL2 または c2 )に接続されている 2 つ目の LIF です。

  • n1_clus4 は、ノード n1 のクラスタスイッチ 1 ( CL1 または C1 )に接続された 2 つ目の LIF です。

  • 10GbE ポートと 40 / 100GbE ポートの数は、で使用可能なリファレンス構成ファイル( RCF )に定義されています "Cisco ® Cluster Network Switch Reference Configuration File Download ( Cisco ® クラスタネットワークスイッチリファレンス構成ファイルのダウンロード" ページ

  • 手順 の概要 *

クラスタスイッチを変更するときに完了しておく必要がある各ステージは次のとおりです。

  • I.クラスタスイッチ CL2 を C2 に交換します(手順 1.-22)

  • IIクラスタスイッチ CL1 を C1 に交換します(手順 23-40)

この手順 の例では 4 つのノードを使用しています。 2 つのノードは、 e0a 、 e0b 、 e0c 、 e0d という 4 つの 10GbE クラスタインターコネクトポートを使用します。他の 2 つのノードでは、 4 つの 40GbE クラスタインターコネクトファイバケーブルを使用します: e4a と e4e 。。 "_ Hardware Universe _" プラットフォームのクラスタ光ファイバケーブルに関する情報が表示されます。

注記

手順 では、 ONTAP コマンドと Cisco Nexus 3000 シリーズスイッチコマンドの両方を使用する必要があります。特に明記されていないかぎり、 ONTAP コマンドを使用します。

手順
  1. [[ワン ]] このクラスタで AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。

    「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= xh 」というメッセージが表示されます

    x は、メンテナンス時間の長さ(時間単位)です。

    注記

    このメンテナンスタスクについてテクニカルサポートに通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。

  2. 構成内のデバイスに関する情報を表示します。「 network device-discovery show

    次の例は、各クラスタインターコネクトスイッチの各ノードに設定されているクラスタインターコネクトインターフェイスの数を示しています。

    cluster::> network device-discovery show
    
           Local  Discovered
    Node   Port   Device       Interface   Platform
    ------ ------ ------------ ----------- ----------
    n1     /cdp
            e0a   CL1          0/1         CN1610
            e0b   CL2          0/1         CN1610
            e0c   CL2          0/2         CN1610
            e0d   CL1          0/2         CN1610
    n2     /cdp
            e0a   CL1          0/3         CN1610
            e0b   CL2          0/3         CN1610
            e0c   CL2          0/4         CN1610
            e0d   CL1          0/4         CN1610
    
    8 entries were displayed.
  3. 各クラスタインターフェイスの管理ステータスまたは動作ステータスを確認します。

    1. クラスタネットワークポートの属性を表示します。「 network port show -role cluster 」のように表示されます

      cluster::*> network port show -role cluster
             (network port show)
      
      Node: n1
                      Broadcast              Speed (Mbps) Health Ignore
      Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status Health Status
      ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ ------ -------------
      e0a   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
      e0b   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
      e0c   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -        -
      e0d   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -        -
      Node: n2
                      Broadcast              Speed (Mbps) Health Ignore
      Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status Health Status
      ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ ------ -------------
      e0a   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
      e0b   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
      e0c   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
      e0d   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
      
      8 entries were displayed.
    2. 論理インターフェイスに関する情報を表示します。「 network interface show -role cluster 」

      cluster::*> network interface show -role cluster
      (network interface show)
               Logical    Status      Network        Current  Current  Is
      Vserver  Interface  Admin/Oper  Address/Mask   Node     Port     Home
      -------- ---------- ----------- -------------- -------- -------- -----
      Cluster
               n1_clus1   up/up       10.10.0.1/24   n1       e0a      true
               n1_clus2   up/up       10.10.0.2/24   n1       e0b      true
               n1_clus3   up/up       10.10.0.3/24   n1       e0c      true
               n1_clus4   up/up       10.10.0.4/24   n1       e0d      true
               n2_clus1   up/up       10.10.0.5/24   n2       e0a      true
               n2_clus2   up/up       10.10.0.6/24   n2       e0b      true
               n2_clus3   up/up       10.10.0.7/24   n2       e0c      true
               n2_clus4   up/up       10.10.0.8/24   n2       e0d      true
      
       8 entries were displayed.
    3. 検出されたクラスタスイッチに関する情報を表示します。「 system cluster-switch show

      次の例は、クラスタで認識されているクラスタスイッチとその管理 IP アドレスを表示します。

    cluster::> system cluster-switch show
    Switch                        Type             Address       Model
    ----------------------------- ---------------- ------------- --------
    CL1                           cluster-network  10.10.1.101   CN1610
         Serial Number: 01234567
          Is Monitored: true
                Reason:
      Software Version: 1.2.0.7
        Version Source: ISDP
    CL2                           cluster-network  10.10.1.102   CN1610
         Serial Number: 01234568
          Is Monitored: true
                Reason:
      Software Version: 1.2.0.7
        Version Source: ISDP
    
    2	entries displayed.
  4. 必要に応じて、新しい 3232C スイッチに適切な RCF とイメージがインストールされていることを確認し、必要なサイトのカスタマイズを行います。

    この時点で両方のスイッチを準備する必要があります。RCF およびイメージをアップグレードする必要がある場合は、次の手順 を実行する必要があります。

    1. を参照してください "Cisco イーサネットスイッチ" ネットアップサポートサイトのページを参照してください。

    2. 使用しているスイッチおよび必要なソフトウェアバージョンを、このページの表に記載します。

    3. 該当するバージョンの RCF をダウンロードします。

    4. 概要 * ページで * continue * をクリックし、ライセンス契約に同意して、 * Download * ページの手順に従ってをダウンロードします。

    5. 適切なバージョンのイメージソフトウェアをからダウンロードします "Cisco ® Cluster and Management Network Switch Reference Configuration File Download ( Cisco ® クラスタおよび管理ネットワークスイッチリファレンス構成ファイルのダウンロード"

  5. 交換する 2 つ目の CN1610 スイッチに関連付けられている LIF を移行します。「 network interface migrate-verser cluster-lif_lif-name _ -source-node-source_source-node-name_destination-node -destination -node -destination-port_destination-port-destination-port_name`

    次の例に示すように、各 LIF を個別に移行する必要があります。

    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n1_clus2 -source-node n1
    -destination-node  n1  -destination-port  e0a
    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n1_clus3 -source-node n1
    -destination-node  n1  -destination-port  e0d
    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n2_clus2 -source-node n2
    -destination-node  n2  -destination-port  e0a
    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n2_clus3 -source-node n2
    -destination-node  n2  -destination-port  e0d
  6. クラスタのヘルスを確認します。「 network interface show -role cluster 」

    cluster::*> network interface show -role cluster
    (network interface show)
             Logical    Status      Network         Current  Current  Is
    Vserver  Interface  Admin/Oper  Address/Mask    Node     Port     Home
    -------- ---------- ----------- --------------- -------- -------- -----
    Cluster
             n1_clus1   up/up       10.10.0.1/24    n1        e0a     true
             n1_clus2   up/up       10.10.0.2/24    n1        e0a     false
             n1_clus3   up/up       10.10.0.3/24    n1        e0d     false
             n1_clus4   up/up       10.10.0.4/24    n1        e0d     true
             n2_clus1   up/up       10.10.0.5/24    n2        e0a     true
             n2_clus2   up/up       10.10.0.6/24    n2        e0a     false
             n2_clus3   up/up       10.10.0.7/24    n2        e0d     false
             n2_clus4   up/up       10.10.0.8/24    n2        e0d     true
    
    8 entries were displayed.
  7. スイッチ CL2 に物理的に接続されているクラスタインターコネクトポートをシャットダウンします。

    'network port modify -node node_name --port_port-name_up-admin false

    次の例は、ノード n1 とノード n2 の 4 つのクラスタインターコネクトポートがシャットダウンされていることを示しています。

    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0b -up-admin false
    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0c -up-admin false
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0b -up-admin false
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0c -up-admin false
  8. リモートクラスタインターフェイスに ping を実行してから、リモート手順 コールサーバチェックを実行します。

    'cluster ping-cluster -node-node-name-'

    次の例は、ノード n1 への ping の実行後、 RPC のステータスがと表示されています。

    cluster::*> cluster ping-cluster -node n1
    Host is n1
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster n1_clus1 n1       e0a    10.10.0.1
    Cluster n1_clus2 n1       e0b    10.10.0.2
    Cluster n1_clus3 n1       e0c    10.10.0.3
    Cluster n1_clus4 n1       e0d    10.10.0.4
    Cluster n2_clus1 n2       e0a    10.10.0.5
    Cluster n2_clus2 n2       e0b    10.10.0.6
    Cluster n2_clus3 n2       e0c    10.10.0.7
    Cluster n2_clus4 n2       e0d    10.10.0.8
    Local = 10.10.0.1 10.10.0.2 10.10.0.3 10.10.0.4
    Remote = 10.10.0.5 10.10.0.6 10.10.0.7 10.10.0.8
    Cluster Vserver Id = 4294967293 Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 16 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 9000 byte MTU on 16 path(s):
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.8
    
    Larger than PMTU communication succeeds on 16 path(s)
    RPC status:
    4 paths up, 0 paths down (tcp check)
    4 paths up, 0 paths down (udp check)
  9. 適切なコマンドを使用して、アクティブな CN1610 スイッチ CL1 の ISL ポート 13~16 をシャットダウンします。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次の例は、 CN1610 スイッチ CL1 で ISL ポート 13~16 をシャットダウンします。

    (CL1)# configure
    (CL1)(Config)# interface 0/13-0/16
    (CL1)(Interface 0/13-0/16)# shutdown (CL1)(Interface 0/13-0/16)# exit
    (CL1)(Config)# exit
    (CL1)#
  10. CL1 と C2 の間に一時的な ISL を構築します。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次の例は、 Cisco`switchport mode trunk` コマンドを使用して CL1 (ポート 13~16 )と C2 (ポート e1/24/1/4 )の間に一時的な ISL を構築しています。

    C2# configure
    C2(config)# interface port-channel 2
    C2(config-if)# switchport mode trunk
    C2(config-if)# spanning-tree port type network
    C2(config-if)# mtu 9216
    C2(config-if)# interface breakout module 1 port 24 map 10g-4x
    C2(config)# interface e1/24/1-4
    C2(config-if-range)# switchport mode trunk
    C2(config-if-range)# mtu 9216
    C2(config-if-range)# channel-group 2 mode active
    C2(config-if-range)# exit
    C2(config-if)# exit
  11. すべてのノードで、 CN1610 スイッチ CL2 に接続されているケーブルを外します。

    サポートされているケーブル接続を使用して、すべてのノードの切断されたポートを Nexus 3232C スイッチ C2 に再接続する必要があります。

  12. CN1610 スイッチ CL1 のポート 13~16 から、 4 本の ISL ケーブルを取り外します。

    新しい Cisco 3232C スイッチ c2 のポート 1/24 を既存の CN1610 スイッチ CL1 のポート 13~16 に接続し、適切な Cisco QSFP28 を SFP+ ブレークアウトケーブルに接続する必要があります。

    注記

    新しい Cisco 3232C スイッチにケーブルを再接続する場合は、光ファイバケーブルまたは Cisco Twinax ケーブルを使用する必要があります。

  13. アクティブな CN1610 スイッチの ISL インターフェイス 3/1 を設定し、静的モードを無効にして、 ISL を動的にします。

    この設定は、手順 10 で両方のスイッチで ISL を起動したときに、 3232C スイッチ C2 の ISL 設定と一致します。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次の例は、 ISL インターフェイス 3/1 を、 ISL を動的にするように設定しています。

    (CL1)# configure
    (CL1)(Config)# interface 3/1
    (CL1)(Interface 3/1)# no port-channel static
    (CL1)(Interface 3/1)# exit
    (CL1)(Config)# exit
    (CL1)#
  14. アクティブな CN1610 スイッチ CL1 で ISL 13~16 を起動します。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次の例では、ポートチャネルインターフェイス 3/1 で ISL ポート 13~16 を起動します。

    (CL1)# configure
    (CL1)(Config)# interface 0/13-0/16,3/1
    (CL1)(Interface 0/13-0/16,3/1)# no shutdown
    (CL1)(Interface 0/13-0/16,3/1)# exit
    (CL1)(Config)# exit
    (CL1)#
  15. CN1610 スイッチ CL1 の ISL が「 up 」になっていることを確認します。

    「 Link State 」は「 Up 」に、「 Type 」は「 Dynamic 」にする必要があります。また、「 Port Active 」列はポート 0/13 ~ 0/16 の「 True 」にする必要があります。

    次の例は、 CN1610 スイッチ CL1 で「 up 」になっている ISL を示しています。

    (CL1)# show port-channel 3/1
    Local Interface................................ 3/1
    Channel Name................................... ISL-LAG
    Link State..................................... Up
    Admin Mode..................................... Enabled
    Type........................................... Dynamic
    Load Balance Option............................ 7
    (Enhanced hashing mode)
    
    Mbr    Device/       Port        Port
    Ports  Timeout       Speed       Active
    ------ ------------- ----------  -------
    0/13   actor/long    10 Gb Full  True
           partner/long
    0/14   actor/long    10 Gb Full  True
           partner/long
    0/15   actor/long    10 Gb Full  True
           partner/long
    0/16   actor/long    10 Gb Full  True        partner/long
  16. ISL が 3232C スイッチ C2 上で「 up 」になっていることを確認します。「 show port-channel summary

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    ポート Eth1/24/1 ~ Eth1/24/4 は '(P)' を示している必要がありますこれは '4 つの ISL ポートがすべてポートチャネルでアップしていることを意味しますEth1/31 および Eth1/32 は ' 接続されていないので '(D) を示している必要があります

    次の例は、 3232C スイッチ c2 で「 up 」で検証されている ISL を示しています。

    C2# show port-channel summary
    
    Flags:  D - Down        P - Up in port-channel (members)
            I - Individual  H - Hot-standby (LACP only)
            s - Suspended   r - Module-removed
            S - Switched    R - Routed
            U - Up (port-channel)
            M - Not in use. Min-links not met
    ------------------------------------------------------------------------------
    Group Port-       Type     Protocol  Member Ports
          Channel
    ------------------------------------------------------------------------------
    1	    Po1(SU)     Eth      LACP      Eth1/31(D)   Eth1/32(D)
    2	    Po2(SU)     Eth      LACP      Eth1/24/1(P) Eth1/24/2(P) Eth1/24/3(P)
                                         Eth1/24/4(P)
  17. すべてのノードの 3232C スイッチ C2 に接続されているすべてのクラスタインターコネクトポートを起動します。「 network port modify -node node_name -port_port_port_name-up-admin true

    次の例は、 3232C スイッチ C2 に接続されたクラスタインターコネクトポートを起動する方法を示しています。

    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0b -up-admin true
    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0c -up-admin true
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0b -up-admin true
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0c -up-admin true
  18. すべてのノードの C2 に接続されている、移行後のクラスタインターコネクト LIF をすべてリバートします。「 network interface revert -vserver cluster-lif_lif-name _

    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n1_clus2
    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n1_clus3
    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n2_clus2
    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n2_clus3
  19. すべてのクラスタインターコネクトポートがホームポートにリバートされていることを確認します。「 network interface show -role cluster 」のように表示されます

    次の例は、 clus2 の LIF をホームポートにリバートします。「 Current Port 」列のポートのステータスが「 Is Home 」列に「 true 」の場合、 LIF が正常にリバートされていることを示しています。「 Is Home 」の値が「 false 」の場合、 LIF はリバートされません。

    cluster::*> network interface show -role cluster
    (network interface show)
             Logical    Status      Network        Current  Current  Is
    Vserver  Interface  Admin/Oper  Address/Mask   Node     Port     Home
    -------- ---------- ----------- -------------- -------- -------- -----
    Cluster
             n1_clus1   up/up       10.10.0.1/24   n1       e0a      true
             n1_clus2   up/up       10.10.0.2/24   n1       e0b      true
             n1_clus3   up/up       10.10.0.3/24   n1       e0c      true
             n1_clus4   up/up       10.10.0.4/24   n1       e0d      true
             n2_clus1   up/up       10.10.0.5/24   n2       e0a      true
             n2_clus2   up/up       10.10.0.6/24   n2       e0b      true
             n2_clus3   up/up       10.10.0.7/24   n2       e0c      true
             n2_clus4   up/up       10.10.0.8/24   n2       e0d      true
    
    8 entries were displayed.
  20. すべてのクラスタポートが接続されていることを確認します。「 network port show -role cluster 」のようになります

    次に、すべてのクラスタ・インターコネクトが「 up 」になっていることを確認する出力例を示します。

    cluster::*> network port show -role cluster
           (network port show)
    
    Node: n1
                    Broadcast               Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain      Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ----------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e0a   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -
    e0b   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -
    e0c   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -        -
    e0d   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -        -
    Node: n2
    
                    Broadcast               Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain      Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ----------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e0a   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -
    e0b   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -
    e0c   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -
    e0d   cluster   cluster     up    9000  auto/10000     -
    
    8 entries were displayed.
  21. リモートクラスタインターフェイスに ping を実行してから、リモート手順 コールサーバチェックを実行します

    次の例は、ノード n1 への ping の実行後、 RPC のステータスがと表示されています。

    cluster::*> cluster ping-cluster -node n1
    Host is n1
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster n1_clus1 n1       e0a    10.10.0.1
    Cluster n1_clus2 n1       e0b    10.10.0.2
    Cluster n1_clus3 n1       e0c    10.10.0.3
    Cluster n1_clus4 n1       e0d    10.10.0.4
    Cluster n2_clus1 n2       e0a    10.10.0.5
    Cluster n2_clus2 n2       e0b    10.10.0.6
    Cluster n2_clus3 n2       e0c    10.10.0.7
    Cluster n2_clus4 n2       e0d    10.10.0.8
    Local = 10.10.0.1 10.10.0.2 10.10.0.3 10.10.0.4
    Remote = 10.10.0.5 10.10.0.6 10.10.0.7 10.10.0.8
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 16 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 1500 byte MTU on 16 path(s):
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.8
    
    Larger than PMTU communication succeeds on 16 path(s)
    RPC status:
    4 paths up, 0 paths down (tcp check)
    4 paths up, 0 paths down (udp check)
  22. [twentytwo ]] 最初の CN1610 スイッチ CL1 に関連付けられている LIF を移行します。「 network interface migrate -vserver cluster-lif_lif-name _ -source-node-name

    次の例に示すように、各クラスタ LIF を、クラスタスイッチ C2 でホストされている適切なクラスタポートに個別に移行する必要があります。

    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n1_clus1 -source-node n1
    -destination-node n1 -destination-port e0b
    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n1_clus4 -source-node n1
    -destination-node n1 -destination-port e0c
    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n2_clus1 -source-node n2
    -destination-node n2 -destination-port e0b
    cluster::*> network interface migrate -vserver cluster -lif n2_clus4 -source-node n2
    -destination-node n2 -destination-port e0c
  23. [twentyth3] クラスタのステータスを確認します。「 network interface show -role cluster 」

    次の例は、必要なクラスタ LIF が、クラスタスイッチ C2 でホストされている適切なクラスタポートに移行されたことを示しています。

    cluster::*> network interface show -role cluster
    (network interface show)
             Logical    Status      Network        Current  Current  Is
    Vserver  Interface  Admin/Oper  Address/Mask   Node     Port     Home
    -------- ---------- ----------- -------------- -------- -------- -----
    Cluster
             n1_clus1   up/up       10.10.0.1/24   n1       e0b      false
             n1_clus2   up/up       10.10.0.2/24   n1       e0b      true
             n1_clus3   up/up       10.10.0.3/24   n1       e0c      true
             n1_clus4   up/up       10.10.0.4/24   n1       e0c      false
             n2_clus1   up/up       10.10.0.5/24   n2       e0b      false
             n2_clus2   up/up       10.10.0.6/24   n2       e0b      true
             n2_clus3   up/up       10.10.0.7/24   n2       e0c      true
             n2_clus4   up/up       10.10.0.8/24   n2       e0c      false
    
    8 entries were displayed.
  24. すべてのノードで CL1 に接続されているノードポートをシャットダウンします。「 network port modify -node node-name _ port_name-up-admin false

    次の例は、ノード n1 および n2 で特定のポートがシャットダウンされていることを示しています。

    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0a -up-admin false
    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0d -up-admin false
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0a -up-admin false
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0d -up-admin false
  25. アクティブ 3232C スイッチ C2 の ISL ポート 24 、 31 、 32 をシャットダウンします。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次の例は、アクティブ 3232C スイッチ C2 で ISL 24 、 31 、および 32 をシャットダウンする方法を示しています。

    C2# configure
    C2(config)# interface ethernet 1/24/1-4
    C2(config-if-range)# shutdown
    C2(config-if-range)# exit
    C2(config)# interface ethernet 1/31-32
    C2(config-if-range)# shutdown
    C2(config-if-range)# exit
    C2(config)# exit
    C2#
  26. すべてのノードの CN1610 スイッチ CL1 に接続されているケーブルを取り外します。

    適切なケーブル接続を使用して、すべてのノードの切断されたポートを Nexus 3232C スイッチ C1 に再接続する必要があります。

  27. QSFP28 ケーブルを Nexus 3232C C2 ポート e1/24 から取り外します。

    サポートされている Cisco QSFP28 光ファイバケーブルまたは直接接続ケーブルを使用して、 C1 のポート e1/31 および e1/32 を c2 のポート e1/31 および e1/32 に接続する必要があります。

  28. ポート 24 の設定をリストアし、 C2 の一時ポートチャネル 2 を削除します。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次に 'running-configuration' ファイルを 'startup-configuration' ファイルにコピーする例を示します

    C2# configure
    C2(config)# no interface breakout module 1 port 24 map 10g-4x
    C2(config)# no interface port-channel 2
    C2(config-if)# interface e1/24
    C2(config-if)# description 100GbE/40GbE Node Port
    C2(config-if)# spanning-tree port type edge
    Edge port type (portfast) should only be enabled on ports connected to a single
    host. Connecting hubs, concentrators, switches, bridges, etc...  to this
    interface when edge port type (portfast) is enabled, can cause temporary bridging loops.
    Use with CAUTION
    
    Edge Port Type (Portfast) has been configured on Ethernet 1/24 but will only
    have effect when the interface is in a non-trunking mode.
    
    C2(config-if)# spanning-tree bpduguard enable
    C2(config-if)# mtu 9216
    C2(config-if-range)# exit
    C2(config)# exit
    C2# copy running-config startup-config
    [########################################] 100%
    Copy Complete.
  29. アクティブな 3232C スイッチの c2 の ISL ポート 31 と 32 を起動します。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次の例は、 3232C スイッチ c2 に ISL 31 と 32 を配置します。

    C2# configure
    C2(config)# interface ethernet 1/31-32
    C2(config-if-range)# no shutdown
    C2(config-if-range)# exit
    C2(config)# exit
    C2# copy running-config startup-config
    [########################################] 100%
    Copy Complete.
  30. 3232C スイッチ C2 の ISL 接続が「 up 」になっていることを確認します。

    Cisco コマンドの詳細については、に記載されているガイドを参照してください "Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS コマンドリファレンス"

    次の例は、検証する ISL 接続を示しています。ポート Eth1/31 および Eth1/32 は「( P )」を示します。これは、ポートチャネル内の ISL ポートが「 up 」であることを意味します。

    C1# show port-channel summary
    Flags:  D - Down        P - Up in port-channel (members)
            I - Individual  H - Hot-standby (LACP only)
            s - Suspended   r - Module-removed
            S - Switched    R - Routed
            U - Up (port-channel)
            M - Not in use. Min-links not met
    ------------------------------------------------------------------------------
    Group Port-       Type     Protocol  Member Ports
          Channel
    -----------------------------------------------------------------------------
    1     Po1(SU)     Eth      LACP      Eth1/31(P)   Eth1/32(P)
    
    C2# show port-channel summary
    Flags:  D - Down        P - Up in port-channel (members)
            I - Individual  H - Hot-standby (LACP only)
            s - Suspended   r - Module-removed
            S - Switched    R - Routed
            U - Up (port-channel)
            M - Not in use. Min-links not met
    ------------------------------------------------------------------------------
    Group Port-       Type     Protocol  Member Ports
          Channel
    ------------------------------------------------------------------------------
    1     Po1(SU)     Eth      LACP      Eth1/31(P)   Eth1/32(P)
  31. すべてのノードの新しい 3232C スイッチ C1 に接続されているすべてのクラスタインターコネクトポートを起動します。「 network port modify -node node_name -port_port_port_name-up-admin true

    次の例は、新しい 3232C スイッチ C1 に接続されているすべてのクラスタインターコネクトポートを起動します。

    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0a -up-admin true
    cluster::*> network port modify -node n1 -port e0d -up-admin true
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0a -up-admin true
    cluster::*> network port modify -node n2 -port e0d -up-admin true
  32. クラスタ・ノード・ポートのステータスを確認します「 network port show -role cluster

    次の例は、新しい 3232C スイッチ C1 のノード n1 とノード n2 のクラスタインターコネクトポートが「 up 」になっていることを確認する出力を示しています。

    cluster::*> network port show -role cluster
           (network port show)
    
    Node: n1
                    Broadcast              Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e0a   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0b   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0c   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -        -
    e0d   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -        -
    
    Node: n2
                    Broadcast              Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e0a   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0b   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0c   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0d   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    
    8 entries were displayed.
  33. すべてのノードの C1 に接続されていた、移行されたクラスタインターコネクト LIF をすべてリバートします。「 network interface revert -server cluster -lif lif -name_`

    次の例に示すように、各 LIF を個別に移行する必要があります。

    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n1_clus1
    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n1_clus4
    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n2_clus1
    cluster::*> network interface revert -vserver cluster -lif n2_clus4
  34. インターフェイスがホームになったことを確認します。「 network interface show -role cluster 」

    次の例は、ノード n1 および n2 のクラスタインターコネクトインターフェイスのステータスが「 up 」で、「 Is Home 」であることを示しています。

    cluster::*> network interface show -role cluster
    (network interface show)
             Logical    Status      Network        Current  Current  Is
    Vserver  Interface  Admin/Oper  Address/Mask   Node     Port     Home
    -------- ---------- ----------- -------------- -------- -------- -----
    Cluster
             n1_clus1   up/up       10.10.0.1/24   n1       e0a      true
             n1_clus2   up/up       10.10.0.2/24   n1       e0b      true
             n1_clus3   up/up       10.10.0.3/24   n1       e0c      true
             n1_clus4   up/up       10.10.0.4/24   n1       e0d      true
             n2_clus1   up/up       10.10.0.5/24   n2       e0a      true
             n2_clus2   up/up       10.10.0.6/24   n2       e0b      true
             n2_clus3   up/up       10.10.0.7/24   n2       e0c      true
             n2_clus4   up/up       10.10.0.8/24   n2       e0d      true
    
    8 entries were displayed.
  35. リモートクラスタインターフェイスに ping を実行してから、リモート手順 コールサーバチェックを実行します。「 cluster ping-cluster -node _host-name _

    次の例は、ノード n1 への ping の実行後、 RPC のステータスがと表示されています。

    cluster::*> cluster ping-cluster -node n1
    Host is n1
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster n1_clus1 n1       e0a    10.10.0.1
    Cluster n1_clus2 n1       e0b    10.10.0.2
    Cluster n1_clus3 n1       e0c    10.10.0.3
    Cluster n1_clus4 n1       e0d    10.10.0.4
    Cluster n2_clus1 n2       e0a    10.10.0.5
    Cluster n2_clus2 n2       e0b    10.10.0.6
    Cluster n2_clus3 n2       e0c    10.10.0.7
    Cluster n2_clus4 n2       e0d    10.10.0.8
    Local = 10.10.0.1 10.10.0.2 10.10.0.3 10.10.0.4
    Remote = 10.10.0.5 10.10.0.6 10.10.0.7 10.10.0.8
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 16 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 9000 byte MTU on 16 path(s):
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.1 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.2 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.3 to Remote 10.10.0.8
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.5
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.6
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.7
        Local 10.10.0.4 to Remote 10.10.0.8
    
    Larger than PMTU communication succeeds on 16 path(s)
    RPC status:
    4 paths up, 0 paths down (tcp check)
    3	paths up, 0 paths down (udp check)
  36. Nexus 3232C クラスタスイッチにノードを追加してクラスタを拡張します。

  37. 構成に含まれるデバイスに関する情報を表示します。

    • 「 network device-discovery show 」のように表示されます

    • 「 network port show -role cluster 」のように表示されます

    • 「 network interface show -role cluster 」のように表示されます

    • 「 system cluster-switch show 」 + 次の例は、 Nexus 3232C クラスタスイッチの両方で、 40 GbE クラスタポートがそれぞれポート e1/7 および e1/8 に接続されたノード n3 と n4 を示しています。両方のノードがクラスタに参加している。使用する 40GbE クラスタインターコネクトポートは、 e4A および e4e です。

    cluster::*> network device-discovery show
    
           Local  Discovered
    Node   Port   Device       Interface       Platform
    ------ ------ ------------ --------------- -------------
    n1     /cdp
            e0a   C1           Ethernet1/1/1   N3K-C3232C
            e0b   C2           Ethernet1/1/1   N3K-C3232C
            e0c   C2           Ethernet1/1/2   N3K-C3232C
            e0d   C1           Ethernet1/1/2   N3K-C3232C
    n2     /cdp
            e0a   C1           Ethernet1/1/3   N3K-C3232C
            e0b   C2           Ethernet1/1/3   N3K-C3232C
            e0c   C2           Ethernet1/1/4   N3K-C3232C
            e0d   C1           Ethernet1/1/4   N3K-C3232C
    
    n3     /cdp
            e4a   C1           Ethernet1/7     N3K-C3232C
            e4e   C2           Ethernet1/7     N3K-C3232C
    
    n4     /cdp
            e4a   C1           Ethernet1/8     N3K-C3232C
            e4e   C2           Ethernet1/8     N3K-C3232C
    
    12 entries were displayed.
    cluster::*> network port show -role cluster
    (network port show)
    
    Node: n1
                    Broadcast              Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e0a   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0b   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0c   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -        -
    e0d   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -        -
    
    Node: n2
                    Broadcast              Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e0a   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0b   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0c   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -
    e0d   cluster   cluster    up    9000  auto/10000     -        -
    
    Node: n3
                    Broadcast              Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e4a   cluster   cluster    up    9000  auto/40000     -
    e4e   cluster   cluster    up    9000  auto/40000     -        -
    
    Node: n4
                    Broadcast              Speed (Mbps) Health   Ignore
    Port  IPspace   Domain     Link  MTU   Admin/Open   Status   Health Status
    ----- --------- ---------- ----- ----- ------------ -------- -------------
    e4a   cluster   cluster    up    9000  auto/40000     -
    e4e   cluster   cluster    up    9000  auto/40000     -
    
    12 entries were displayed.
    
    cluster::*> network interface show -role cluster
    (network interface show)
             Logical    Status      Network        Current  Current  Is
    Vserver  Interface  Admin/Oper  Address/Mask   Node     Port     Home
    -------- ---------- ----------- -------------- -------- -------- -----
    Cluster
             n1_clus1   up/up       10.10.0.1/24   n1       e0a      true
             n1_clus2   up/up       10.10.0.2/24   n1       e0b      true
             n1_clus3   up/up       10.10.0.3/24   n1       e0c      true
             n1_clus4   up/up       10.10.0.4/24   n1       e0d      true
             n2_clus1   up/up       10.10.0.5/24   n2       e0a      true
             n2_clus2   up/up       10.10.0.6/24   n2       e0b      true
             n2_clus3   up/up       10.10.0.7/24   n2       e0c      true
             n2_clus4   up/up       10.10.0.8/24   n2       e0d      true
             n3_clus1   up/up       10.10.0.9/24   n3       e4a      true
             n3_clus2   up/up       10.10.0.10/24  n3       e4e      true
             n4_clus1   up/up       10.10.0.11/24  n4       e4a     true
             n4_clus2   up/up       10.10.0.12/24  n4       e4e     true
    
    12 entries were displayed.
    
    cluster::> system cluster-switch show
    
    Switch                      Type             Address       Model
    --------------------------- ---------------- ------------- ---------
    C1                          cluster-network  10.10.1.103   NX3232C
    
         Serial Number: FOX000001
          Is Monitored: true
                Reason:
      Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                        7.0(3)I6(1)
        Version Source: CDP
    
    C2                          cluster-network  10.10.1.104   NX3232C
    
         Serial Number: FOX000002
          Is Monitored: true
                Reason:
      Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                        7.0(3)I6(1)
        Version Source: CDP
    CL1                         cluster-network  10.10.1.101   CN1610
    
         Serial Number: 01234567
          Is Monitored: true
                Reason:
      Software Version: 1.2.0.7
        Version Source: ISDP
    CL2                         cluster-network  10.10.1.102    CN1610
    
         Serial Number: 01234568
          Is Monitored: true
                Reason:
      Software Version: 1.2.0.7
        Version Source: ISDP 4 entries were displayed.
  38. 交換した CN1610 スイッチが自動的に削除されていない場合は、「 system cluster-switch delete -device_switch-name_` 」を削除します

    次の例に示すように、両方のデバイスを個別に削除する必要があります。

    cluster::> system cluster-switch delete –device CL1
    cluster::> system cluster-switch delete –device CL2
  39. 適切なクラスタ・スイッチが監視されていることを確認します system cluster-switch show

    次の例は、クラスタスイッチ C1 と C2 を監視していることを示しています。

    cluster::> system cluster-switch show
    
    Switch                      Type               Address          Model
    --------------------------- ------------------ ---------------- ---------------
    C1                          cluster-network    10.10.1.103      NX3232C
    
         Serial Number: FOX000001
          Is Monitored: true
                Reason:
      Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                        7.0(3)I6(1)
        Version Source: CDP
    
    C2                          cluster-network    10.10.1.104      NX3232C
         Serial Number: FOX000002
          Is Monitored: true
              Reason:
      Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                        7.0(3)I6(1)
        Version Source: CDP
    
    2 entries were displayed.
  40. [40]] スイッチ関連のログファイルを収集するためのクラスタスイッチヘルスモニタログ収集機能を有効にします。「 system cluster-switch log setup-password 」

    'system cluster-switch log enable-colion

    cluster::*> system cluster-switch log setup-password
    Enter the switch name: <return>
    The switch name entered is not recognized.
    Choose from the following list:
    C1
    C2
    
    cluster::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: C1
    RSA key fingerprint is e5:8b:c6:dc:e2:18:18:09:36:63:d9:63:dd:03:d9:cc
    Do you want to continue? {y|n}::[n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: C2
    RSA key fingerprint is 57:49:86:a1:b9:80:6a:61:9a:86:8e:3c:e3:b7:1f:b1
    Do you want to continue? {y|n}:: [n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster::*> system cluster-switch log enable-collection
    
    Do you want to enable cluster log collection for all nodes in the cluster?
    {y|n}: [n] y
    
    Enabling cluster switch log collection.
    
    cluster::*>
    注記

    これらのコマンドのいずれかでエラーが返される場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。

  41. ケースの自動作成を抑制した場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出して再度有効にします。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=end

    • 関連情報 *