日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco Nexus 3232C クラスタスイッチとパススルーパネルをネットアップキャビネットに設置します

Cisco Nexus 3232C スイッチとパススルーパネルは、スイッチに付属の標準ブラケットを使用してネットアップキャビネットに設置できます。

の初期準備要件、キットの内容、および安全上の注意事項を確認しておく必要があります "『 Cisco Nexus 3000 Series Hardware Installation Guide 』を参照してください"

このタスクについて
  • 各スイッチについて、 8 本の 10-32 ネジまたは 12-24 ネジとクリップナットを用意して、ブラケットとスライダレールを前面および背面のキャビネットポストに取り付ける必要があります。

  • スイッチをネットアップキャビネットに設置するには、 Cisco 標準レールキットを使用する必要があります。

注記

ジャンパコードはパススルーキットには含まれていないため、スイッチに付属しています。スイッチが付属していない場合は、ネットアップから発注できます(部品番号 X1558A-R6 )。

手順
  1. ネットアップキャビネットにパススルーブランクパネルを取り付けます。

    パススルーパネルキットはネットアップが提供しています(パーツ番号 X8784-R6 )。

    ネットアップのパススルーパネルキットには、次のハードウェアが含まれています。

    • 1 つのパススルーブランクパネル

    • 10-32 x .75 ネジ × 4

    • 10-32 クリップナット × 4

      1. スイッチとキャビネット内のブランクパネルの垂直な位置を確認します。

        この手順では、ブランクパネルが U40 に取り付けられます。

      2. 前面キャビネットレール用の適切な角穴に、両側にクリップナットを 2 個取り付けます。

      3. 隣接するラックスペースに侵入しないようにパネルを垂直にセンタリングし、ネジを締めます。

      4. パネル背面からブラシアセンブリを通して、両方の 48 インチジャンパコードのメス型コネクタを差し込みます。

        Cisco 9148 ジャンパコード
        1. ジャンパコードのメスコネクタ。

  2. Nexus 3232C スイッチシャーシにラックマウントブラケットを設置します。

    1. 前面ラックマウントブラケットをスイッチシャーシの片側に配置し、取り付け耳がシャーシ前面プレート( PSU またはファン側)と揃っていることを確認してから、 4 本の M4 ネジを使用してブラケットをシャーシに取り付けます。

      フロントブラケット
    2. スイッチの反対側にあるもう一方の前面ラックマウントブラケットで手順 2a を繰り返します。

    3. スイッチシャーシに背面ラックマウントブラケットを取り付けます。

    4. スイッチの反対側にある他の背面ラックマウントブラケットと手順 2c を繰り返します。

  3. 4 つの IEA ポストすべての角穴にクリップナットを取り付けます。

    3 、 242 V の RU 所在地

    2 つの 3232C スイッチは、常にキャビネット RU41 と 42 の上部 2U にマウントされます。

  4. キャビネットにスライダレールを取り付けます。

    1. 最初のスライダレールを左背面ポストの裏面にある RU42 マークに合わせ、ネジをネジの種類に合わせて挿入してから、ネジを指で締めます。

      [313V V スライダレール ]
      1. スライダレールをゆっくりとスライドさせながら、ラックのネジ穴に合わせます。

      2. スライダレールのネジをキャビネットポストに締めます。

    2. 右側リヤポストについて手順 4a を繰り返す。

    3. キャビネットの RU41 の場所で手順 4a と 4b を繰り返します。

  5. スイッチをキャビネットに設置します。

    注記

    この手順を行うには、スイッチを前面から支える作業者と、スイッチを背面のスライダレールに導く作業者の 2 人が必要です。

    1. スイッチの背面を RU41 に合わせます。

      3232CIP での配置
      1. シャーシを背面ポストの方向に押すと、 2 つの背面ラックマウントガイドをスライダレールに合わせます。

      2. 前面のラックマウントブラケットが前面の支柱と揃うまで、スイッチをゆっくりとスライドさせます。

    2. スイッチをキャビネットに接続します。

      接続先
      1. 一人の作業員がシャーシの前面を持ち、もう一人の作業者がキャビネットポストに背面の 4 本のネジを完全に締めます。

    3. 支援なしでシャーシを支えた状態で、前面のネジを支柱に完全に締めます。

    4. RU42 の 2 番目のスイッチについて、手順 5a ~ 5c を繰り返します。

      注記

      完全に取り付けられたスイッチをサポートとして使用することにより、設置プロセス中に 2 番目のスイッチの前面を保持する必要はありません。

  6. スイッチを取り付けるときは、ジャンパコードをスイッチの電源インレットに接続します。

  7. 両方のジャンパコードのオスプラグを、最も近くにある PDU コンセントに接続します。

    注記

    冗長性を確保するには、 2 本のコードを別々の PDU に接続する必要があります。

  8. 各 3232C スイッチの管理ポートを管理スイッチ(発注した場合)のいずれかに接続するか、または管理ネットワークに直接接続します。

    管理ポートは、スイッチの PSU 側にある右上のポートです。スイッチを設置して管理スイッチまたは管理ネットワークに接続した後、各スイッチの CAT6 ケーブルをパススルーパネル経由で配線する必要があります。