日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco Nexus 3232C ストレージスイッチを交換する手順

障害が発生した Cisco Nexus 3232C ストレージスイッチは、特定の順序でタスクを実行することで、無停止で交換できます。

既存のネットワーク構成には、次のような特徴があります。

  • Cisco Ethernet Switches のページに、スイッチ上の最新の RCF および NX-OS バージョンが含まれています。

  • 両方のスイッチで管理接続が確立されている必要があります。

    注記

    スイッチの交換が必要かどうかを確認するために、すべてのトラブルシューティング手順が完了していることを確認します。

交換用 Cisco Nexus 3232C スイッチには、次の特性が必要です。

  • 管理ネットワーク接続が機能している必要があります。

  • 交換用スイッチへのコンソールアクセスが確立されている必要があります。

  • 適切な RCF および NX-OS オペレーティングシステムイメージをスイッチにロードする必要があります。

  • スイッチの初期カスタマイズが完了している必要があります。

  • 手順 の概要: *

  • * 交換するスイッチが S2 であることを確認します(手順 1.-5.*

  • * スイッチ S2 からケーブルを外します (手順 6 )*

  • * ケーブルをスイッチ NS2 に接続し直します(手順 7.*

  • * スイッチ NS2 のすべてのデバイス構成を確認します ( 手順 8.-10.*

  • この手順 は、 2 番目の Nexus 3232C ストレージスイッチ S2 を新しい 3232C スイッチ NS2 に置き換えます。

  • 2 つのノードは node1 と node2 になります。

手順
  1. [[1]] このクラスタで AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージ「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=xh` 」を呼び出して、ケースの自動作成を抑制します

    x は、メンテナンス時間の長さ(時間単位)です。

    注記

    AutoSupport メッセージはテクニカルサポートにこのメンテナンスタスクについて通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。

  2. ストレージノードポートのヘルスステータスをチェックして、ストレージスイッチ S1 に接続されていることを確認します。「 storage port show -port-type enet 」

    storage::*> storage port show -port-type ENET
                                          Speed                     VLAN
    Node               Port Type  Mode    (Gb/s) State    Status      ID
    ------------------ ---- ----- ------- ------ -------- --------- ----
    node1
                       e3a  ENET  storage    100 enabled  online      30
                       e3b  ENET  storage      0 enabled  offline     30
                       e7a  ENET  storage      0 enabled  offline     30
                       e7b  ENET  storage      0 enabled  offline     30
    node2
                       e3a  ENET  storage    100 enabled  online      30
                       e3b  ENET  storage      0 enabled  offline     30
                       e7a  ENET  storage      0 enabled  offline     30
                       e7b  ENET  storage      0 enabled  offline     30
  3. ストレージ・スイッチ S1 が使用可能であることを確認します: network device-discovery show

    storage::*> network device-discovery show
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------- ----------------
    node1/cdp
                e3a    S1                        Ethernet1/1       NX3232C
                e4a    node2                     e4a               AFF-A700
                e4e    node2                     e4e               AFF-A700
    node1/lldp
                e3a    S1                        Ethernet1/1       -
                e4a    node2                     e4a               -
                e4e    node2                     e4e               -
    node2/cdp
                e3a    S1                        Ethernet1/2       NX3232C
                e4a    node1                     e4a               AFF-A700
                e4e    node1                     e4e               AFF-A700
    node2/lldp
                e3a    S1                        Ethernet1/2       -
                e4a    node1                     e4a               -
                e4e    node1                     e4e               -
  4. 動作中のスイッチで「 show lldp neighbors 」コマンドを実行して、ノードとすべてのシェルフの両方が表示されることを確認します。「 show lldp neighbors

    S1# show lldp neighbors
    Capability codes:
      (R) Router, (B) Bridge, (T) Telephone, (C) DOCSIS Cable Device
      (W) WLAN Access Point, (P) Repeater, (S) Station, (O) Other
    Device ID               Local Intf      Hold-time  Capability  Port ID
    node1                   Eth1/1          121        S           e3a
    node2                   Eth1/2          121        S           e3a
    SHFGD2008000011         Eth1/5          121        S           e0a
    SHFGD2008000011         Eth1/6          120        S           e0a
    SHFGD2008000022         Eth1/7          120        S           e0a
    SHFGD2008000022         Eth1/8          120        S           e0a
  5. [f5] ストレージ・システムのシェルフ・ポートを確認します storage shelf port show -fields remote-device 、 remote-port

    storage::*> storage shelf port show -fields remote-device,remote-port
    
    shelf  id  remote-port  remote-device
    -----  --  -----------  -------------
    3.20   0   Ethernet1/5  S1
    3.20   1   -            -
    3.20   2   Ethernet1/6  S1
    3.20   3   -            -
    3.30   0   Ethernet1/7  S1
    3.20   1   -            -
    3.30   2   Ethernet1/8  S1
    3.20   3   -            -
  6. [[6] ] ストレージスイッチ S2 に接続されているすべてのケーブルを取り外します。

  7. [7] 交換用スイッチ NS2 にすべてのケーブルを再接続します。

  8. [8]] ストレージ・ノード・ポートの正常性状態を再確認します storage port show -port type enet

    storage::*> storage port show -port-type ENET
                                          Speed                       VLAN
    Node               Port Type  Mode    (Gb/s) State    Status        ID
    ------------------ ---- ----- ------- ------ -------- ------------ ---
    node1
                       e3a  ENET  storage    100 enabled  online        30
                       e3b  ENET  storage      0 enabled  offline       30
                       e7a  ENET  storage      0 enabled  offline       30
                       e7b  ENET  storage    100 enabled  online        30
    node2
                       e3a  ENET  storage    100 enabled  online        30
                       e3b  ENET  storage      0 enabled  offline       30
                       e7a  ENET  storage      0 enabled  offline       30
                       e7b  ENET  storage    100 enabled  online        30
  9. 両方のスイッチが使用可能であることを確認します。「 network device-discovery show 」を参照してください

    storage::*> network device-discovery show
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  --------
    node1/cdp
                e3a    S1                        Ethernet1/1       NX3232C
                e4a    node2                     e4a               AFF-A700
                e4e    node2                     e4e               AFF-A700
                e7b    NS2                       Ethernet1/1       NX3232C
    node1/lldp
                e3a    S1                        Ethernet1/1       -
                e4a    node2                     e4a               -
                e4e    node2                     e4e               -
                e7b    NS2                       Ethernet1/1       -
    node2/cdp
                e3a    S1                        Ethernet1/2       NX3232C
                e4a    node1                     e4a               AFF-A700
                e4e    node1                     e4e               AFF-A700
                e7b    NS2                       Ethernet1/2       NX3232C
    node2/lldp
                e3a    S1                        Ethernet1/2       -
                e4a    node1                     e4a               -
                e4e    node1                     e4e               -
                e7b    NS2                       Ethernet1/2       -
  10. [ten]] ストレージ・システムのシェルフ・ポートを確認します storage shelf port show -fields remote-device 、 remote-port

    storage::*> storage shelf port show -fields remote-device,remote-port
    shelf id remote-port remote-device
    ----- -- ----------- -------------
    3.20  0  Ethernet1/5 S1
    3.20  1  Ethernet1/5 NS2
    3.20  2  Ethernet1/6 S1
    3.20  3  Ethernet1/6 NS2
    3.30  0  Ethernet1/7 S1
    3.20  1  Ethernet1/7 NS2
    3.30  2  Ethernet1/8 S1
    3.20  3  Ethernet1/8 NS2
  11. ケースの自動作成を抑制した場合は、 AutoSupport メッセージ「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=end 」を呼び出して作成を再度有効にします